数の子は冷凍していい?方法や解凍の仕方、賞味期限のまとめ!

 
年末が近づいてくると、塩漬け数の子をたくさん貰うことってありますよね。

ありがたいけれどお正月までまだ半月以上あるという場合、少し食べて残りは冷凍してお正月に使えたら……と考える方は多いはず。

私も年末が近づいた頃に塩漬け数の子をたくさん貰ったことがあり、お正月までどう保存しておくか迷ったことがあります。

なぜってそもそも「数の子を冷凍してもいいのかどうか」がわからなかったので(>_<)

今回は同じ疑問を抱いている方のために、数の子は冷凍できるのかについて調べてみました。

数の子の保存についてお悩みの方は、ぜひチェックしてくださいね。


スポンサーリンク

数の子は冷凍できる?


まず数の子は冷凍できるのかについてですが、答えは「できる」です。


 
ただ塩漬け数の子を冷凍すると、包んでいた膜が破れることでプチプチとした独特の歯ごたえが損なわれる可能性が高いです。

数の子の魅力と言えば、あのプチプチですよね。私もあの食感が好きだから数の子を食べるので、それが失われてしまうと数の子の魅力は大幅にダウンしてしまうと言えます(>_<)

塩漬け数の子の冷凍はこういった味や食感の劣化だけでなく、さらに数の子がバラバラになってしまい見た目も悪くなる可能性があります。

せっかく立派だった数の子が崩れてバラバラになってしまったら、おせちに入れても見栄えが悪いですよね。

こういったことから、塩漬け数の子の冷凍は可能なもののおすすめはしない、というのが結論になります。

 

塩抜き前の数の子と後についての保存方法の違い


上で塩漬け数の子の冷凍は可能なもののおすすめはしない、とご紹介しましたが、そもそも塩漬け数の子は長い期間保存するために塩に漬けられているものです。

そのため、冷蔵保存で約1年ほどもつと言われています。

ということは、お正月にはまだ早いという時期に塩漬け数の子をたくさん貰ったとしても、冷蔵保存で十分なので、わざわざ冷凍する必要はないということになります。

もちろん商品によって違いがあるので、賞味期限は必ずチェックしてくださいね。

もし先に少し食べるなら食べるぶんだけ塩抜きして、あとは塩漬けのまま冷蔵保存しておけば長期間保存できます。

この冷蔵保存で長期間もつのは塩漬け数の子で、塩抜きしたものはあまり長くもちません。

塩抜きした数の子は味付けをして食べるのが一般的ですが、それを冷蔵保存するとあまりもたないので、塩抜きした数の子をお正月まで保存しておきたいという場合は、味付けして冷凍しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

味付け数の子の冷凍方法

 
味付けした数の子は、だし汁ごと冷凍すると味が落ちにくくなります。

冷凍するなら味付けした数の子をだし汁ごと冷凍専用の保存袋か、タッパーに入れて冷凍庫で保存しましょう。


 

味付け数の子を冷凍するときの注意点


冷凍専用の保存袋でも、タッパーでも、数の子は必ず全体がだし汁に漬かるようにしましょう。


 
そうしないとだし汁に漬かっていない部分は乾燥してしまい、粒が白くなってしまいます。

これは実際私が失敗したのですが、一部が白くなるとかなり見た目が悪く、味も落ちます。なのでそうならないように、必ず数の子全体がだし汁に漬かるようにしましょう。

 

味付け数の子の解凍方法は?


冷凍した味付け数の子は、冷蔵庫で解凍する方法がおすすめです。

12~24時間で解凍されるので、食べる前日に冷蔵庫に移して解凍するといいでしょう。

ちなみにてっとり早く解凍するとすれば思いつくのは電子レンジですが、数の子の解凍に電子レンジを使うのはNGです。

理由は破裂する恐れがあることと、数の子がやわらかくなってしまいせっかくの歯ごたえが味わえなくなってしまうからです。

冷凍した味付け数の子の解凍は電子レンジではなく、必ず冷蔵庫で行うようにしましょう。

 

冷凍した数の子の賞味期限と解凍後の日持ちは?


味付け数の子を冷凍した場合、賞味期限は約3週間です。

解凍後はできるだけ早く、少なくとも3~4日以内には食べきるようにしましょう。

解凍後はもちろんですが、冷凍期間もあまり長くなると味や食感が劣化する恐れがあるので、できるだけ早めに食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

余った数の子のアレンジ方法


数の子をそのまま食べるのはもう飽きた……ということってありますよね。

そんなときはアレンジして、別のものにリメイクしちゃいましょう!

たとえば

  • サラダ
  • マヨネーズ和え
  • クリームチーズ和え
  • パスタ
  • フライ

など、色々リメイクできます。

ちなみに私のおすすめは、数の子のフライです。

数の子だけをフライにしてもえぐみなどが消えて美味しいのですが、数の子に豚ロースを巻いて揚げたフライはびっくりするほど美味しいのでおすすめですよ!

数の子のフライのレシピはこちら

 

最後に


いかがでしたか?
今回は数の子の冷凍について、ご紹介しました。

数の子で冷凍しても美味しく食べられるのは、味付け数の子です。塩漬け数の子や塩抜きした数の子の冷凍は、味や食感の劣化がひどいのでおすすめしません。

味付け数の子ならだし汁と一緒に冷凍すれば味が落ちにくいので、年末年始の忙しくなる時期の前に作っておいて冷凍しておくというのも便利かもしれません。

私は1度失敗してしまったので、また挑戦して今度は成功させたいと思います!

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ