栗きんとんは冷凍できる!おせちにも役立つ冷凍のコツや解凍方法とは

 
おせちに入れるために栗きんとんを作ったけれどちょっと多く作りすぎてしまった、という場合、多くの方が「一部を冷凍しておけないかな?」と考えますよね。

私も栗きんとんを作ったとき、分量がよくわからず多く作ったぶんをどうするか悩んだことがあります。

そもそも栗きんとんは冷凍しても大丈夫なのか、そこがわからなかったので(>_<)

そこで今回は同じ悩みを抱えている方のために、栗きんとんは冷凍できるのかについて調べてみました。

冷凍方法や気になる賞味期限についてもご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。


スポンサーリンク

栗きんとんは冷凍できる?


まず「栗きんとんは冷凍できるのか?」についてですが、答えは「できる」です。

解凍方法によっては味が落ちる場合もありますが、基本的に冷凍したからといって食べられないような状態になることはありません。

実際に私も栗きんとんを冷凍したことがありますが、冷凍せずに食べたものと特に変わった点はありませんでした

年末年始はなにかと忙しい時期ですから、おせちに入れるなら少し早めに作って冷凍しておくと便利ですね。

 

栗きんとんの冷凍方法は?


栗きんとんを冷凍する方法は3つあります。では早速、その3つの冷凍方法を見ていきましょう。

 

1.タッパーを使って冷凍する


手軽に冷凍するなら、タッパーが便利です。

方法は
  1. タッパーに栗きんとんを隙間なく敷き詰める
  2. 上からラップをしっかりかぶせる
  3. タッパーのフタをして冷凍庫に入れる


注意点は、栗きんとんが空気に触れないようにすることです。

空気に触れると酸化して風味が損なわれてしまったり、細菌の増殖などが起こりやすくなる場合があります。

そういったことを避けるために、しっかりラップをかぶせるなど、空気に触れない対策をとりましょう。

 

2.専用の保存袋で冷凍する


ジップロックなど、冷凍保存専用の保存袋を使って冷凍するのもおすすめです。この場合もしっかり空気抜きをしてから冷凍しましょう。

平らな状態で保存すれば、解凍するときに板チョコのように折って取り出すと、食べるぶんだけ解凍できます。

 

3.ラップで小分けにしてから冷凍する


最初から小分けにしておくなら、少量ずつラップで包み、そのあと冷凍保存専用の保存袋に入れて冷凍する方法がおすすめです。

ラップだけだと冷凍中に剥がれたり、破れて空気に触れてしまう危険があります。

ちなみに主に中部地方の和菓子の「栗きんとん」のように茶巾にして保存する場合は、ラップで茶巾の形にして輪ゴムで留めてから冷凍保存専用の保存袋に入れて冷凍するといいでしょう。
 
※冷凍してもおいしく食べるための栗きんとんの作り方のコツは?

もし最初から冷凍するために栗きんとんを作るなら、栗きんとんを練るときに水分をしっかり飛ばすようにしましょう。

水分が多いと解凍したときにベチャベチャになりやすく、味が落ちてしまいます。そうならないように、固めに作るようにしましょう。

スポンサーリンク

栗きんとんの解凍方法は?


冷凍した栗きんとんの解凍方法は3つあります。それでは早速、その3つの解凍方法を見ていきましょう。

 

1.冷蔵庫で解凍する


解凍方法で1番おすすめなのは、冷蔵庫で解凍する方法です。冷凍した栗きんとんを美味しく食べるためのコツはこの「冷蔵庫で解凍すること」と言えます。

時間の目安は大体12~15時間ほどなので、栗きんとんを食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくと翌日にはちょうどよくなっているでしょう。

この冷蔵庫以外の解凍方法だと、見た目や味を損なう可能性が高いので、解凍はできるだけ冷蔵庫で行うことをおすすめします

 

2.室温で解凍する


解凍にあまり時間がかけられないという場合は、冷凍庫から室温に置くことで解凍することもできます。

大きさや室温にもよりますが、大体1時間ほどあれば食べられる状態になります。

 

3.レンジで解凍する


どうしても時間がないという場合は、レンジの解凍メニューを使いましょう。

ただ割れてしまって見た目が悪くなったり、味が落ちる可能性が高いのであまりおすすめはしません。

 

冷凍した栗きんとんの賞味期限と解凍後の日持ちは?


栗きんとんを冷凍した場合、賞味期限は約3週間です。

 
ただあまり長く冷凍してしまうと味や食感、色が変わる「冷凍やけ」が起こる可能性があります。私は冷凍やけしたものを食べたことがありますが、口の中に入れた瞬間「うぇっ」となってとてもそれ以上食べられませんでした。

そんな冷凍やけを避けるために、冷凍期間は2週間程度にしておくことをおすすめします。

冷凍した栗きんとんを解凍したあとは、冷蔵保存で約3日ほどもちます。

ただできれば当日か、せめて翌日には食べきるようにしたほうが安心です。冷凍するときに小分けにしておき、食べるぶんだけ解凍するといいですね。

スポンサーリンク

余った栗きんとんのアレンジ方法


栗きんとんを多く作りすぎて冷凍したものの、そのまま食べるのはもう飽きた……ということってありますよね。

そんなときはアレンジして、別のものにリメイクしちゃいましょう!栗きんとんは甘いので、スイーツにリメイクするのがおすすめです。

たとえば

  • ホットケーキ
  • パイ
  • モンブラン
  • スイートポテト
  • きんつば
  • パンナコッタ

など、色々リメイクできます。

ちなみに私のおすすめは、パイです。冷凍パイシートを使えば、簡単に栗きんとんパイができます。パイ好きな方はハマる美味しさですよ(*^▽^*)

★栗きんとんのパイのレシピはこちら

 

最後に


いかがでしたか?

今回は栗きんとんの冷凍について、方法や賞味期限などをご紹介しました。

栗きんとんは冷凍すると約3週間は保存できるので、作りすぎてしまったときはもちろん、年末年始の忙しくなる時期の前に作っておくこともできて便利です。

おせちの定番とも言える栗きんとんには、勝負運や金運という2つの意味がこめられているので、ぜひお正月に口にしたいですね。

私も早めに作って冷凍しておいて、お正月に食べようと思います!

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ