だし巻き卵は冷凍できる!美味しく冷凍する方法や解凍のコツをご紹介

 
おせちに入れただし巻き卵がけっこう残ってしまった場合、捨てるのはもったいないですよね。

普段の食事のおかずにもなるし、お弁当にも入れられるので、だし巻き卵を冷凍しておけないかな?と考える方は多いはず。

実は私はだし巻き卵が大好きでよく作るのですが、たくさん食べたいと欲張って多く作りすぎてしまったことがあり、食べきれなくて仕方なく冷凍したことがあります(>_<)

今回はそのときの経験も含めて、だし巻き卵の冷凍についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

だし巻き卵は冷凍できる?


結論から言うと、だし巻き卵は冷凍できます。ただしあまりおすすめはしません。というのも、味や食感が冷凍していないものと比べてかなり落ちるからです。

私はだし汁をたっぷり入れてふんわりと焼き上げただし巻き卵が好きなのですが、冷凍したものはもはや別物?というくらい味と食感が変わっていました(T□T)

これは解凍したときにだし巻き卵の中の水分が抜けてしまい、生地にスポンジ状の穴ができてしまうことが理由です

そうなると食感がボソボソしてしまい、だし巻き卵を食べたとき口の中でだしがジュワッと出てくるあの感じを味わえないんです。

ただだし巻き卵の作り方を工夫すれば、冷凍しても美味しく食べられるものを作ることは可能です。

だし巻き卵を冷凍するなら、冷凍することを前提に作ることをおすすめします。
 

だし巻き卵の冷凍方法は?


だし巻き卵の冷凍方法は
  1. だし巻き卵をしっかり冷ます
  2. 食べやすいサイズにカットする
  3. 1回分ずつラップで包む
  4. 冷凍用の保存袋に入れる
  5. 冷凍室に入れる

以上です。とても簡単ですね(*^-^*)

スポンサーリンク

冷凍するときの注意点は?


だし巻き卵の冷凍方法はとても簡単ですが、注意したいことが2つあります。
 
1.しっかり冷ましてから冷凍する

だし巻き卵を冷凍するときは、焼いたあとしっかり冷ますことが大切です。

まだ温かいまま冷凍してしまうと水分が残ってしまいやすいですし、菌が繁殖してカビや食中毒のリスクも高まります。

そういったことを避けるために、冷凍する場合はしっかり冷ましてからにしましょう。
 
2.一本丸ごと冷凍しない

だし巻き卵を焼いてそのまま一本丸ごと冷凍すると簡単ではありますが、解凍したとき水分が多く抜けて味や食感が落ちたり、形が崩れるなどデメリットが多くなります。

 

多少手間はかかりますが、食べやすいサイズにカットして、1回に使う分ごとにラップで包んでおくと、解凍するときに楽ですし、味や食感、見た目などに違いが出ます。

なので冷凍するときは必ず、1本丸ごとではなくカットして1回分ごとにラップで包むようにしましょう。

 

冷凍しても美味しく食べられるだし巻き卵の作り方


だし巻き卵を冷凍すると味や食感が損なわれてしまうのは、主に水分が抜けてしまうことが原因です。

つまり私の好きなたっぷりとだし汁を入れてふんわりと焼き上げただし巻き卵は、冷凍するとまずくなりやすいということになります。

逆にだし汁を使わない、つまり水分の少ないだし巻き卵にすれば冷凍しても美味しく食べられるはずです。

ということで、こちらでは冷凍しても美味しく食べられるだし巻き卵の作り方のコツをご紹介します。

 

1.だし汁ではなく顆粒タイプのだしを使う


煮出して使うタイプのだしは水分が多く、冷凍するとその水分が抜けて味や食感が落ちてしまいます。

なのでだし汁ではなく、顆粒タイプのだしを使うといいでしょう。

我が家ではこんぶだしを使うことが多いですが、顆粒タイプのかつおだしや白だしなど、好みに合わせて選びましょう。


 

2. マヨネーズを混ぜる


お皿に割入れた卵を混ぜるときに、だしと一緒にマヨネーズを混ぜると、だし巻き卵がやわらかく焼き上がります。
 
これは卵が加熱されタンパク質が固まるときも、マヨネーズの乳化された油は固まらないからです。

このふんわりした状態は解凍しても保つことができますし、味も濃厚で子どもも喜ぶ味に仕上がるでしょう。

 

3. 片栗粉を入れて型くずれを防ぐ


お皿に割入れた卵を混ぜるときに片栗粉を入れると、中の水分が外に出るのを防いでくれます。

すると解凍したときに水分が抜けにくくなるので、味や食感が落ちることを防ぐことができます。

だし巻き卵をくるりと巻くときも型くずれしにくくなるので、簡単にキレイなだし巻き卵を作ることができますよ。

 

4.しっかりと中まで火を通す


中が半熟のだし巻き卵が好き、という方は少なくないでしょう。私もそのほうが好きなので、自分で作るときは半熟にします。

ただ冷凍する場合は半熟にすると水分が多くなってしまい、解凍したときに味や食感が落ちます。

さらに細菌が繁殖することで食中毒のリスクも上がるので、冷凍する場合は必ず半熟ではなく中までしっかり火を通すようにしましょう。

スポンサーリンク

だし巻き卵の解凍方法は?


冷凍しただし巻き卵を美味しく食べるためには、解凍方法にも注意が必要です。

電子レンジの解凍メニューは1番早く解凍できますが、味や食感がかなり落ちます。

また室温におくと1時間程度で食べられるようになりますが、これも味や食感の点からあまりおすすめしません。

冷凍しただし巻き卵を美味しく食べるなら、前日の夜に冷蔵庫に移して解凍する方法がおすすめです。こうすると味や食感を損なうことなく、美味しく食べることができます。

どうしても時間がないときは仕方がないですが、美味しく食べるためにできるだけ冷蔵庫で解凍するようにしましょう。

 

冷凍しただし巻き卵の賞味期限と解凍後の日持ちは?


だし巻き卵を冷凍すると、気になるのが賞味期限ですよね。

だし巻き卵は冷凍庫で約2週間保存できます

ただあまり長く冷凍してしまうと味や食感、色が変わる「冷凍やけ」が起こる可能性があるので、できるだけ早く食べることをおすすめします。

解凍後はその日のうちに食べるようにしましょう。次の日になると味や食感が劣化するだけでなく、食中毒も心配なので、早めに食べきったほうが安心ですよ。

 

余っただし巻き卵のアレンジ方法


多く作りすぎてしまっただし巻き卵をそのまま食べるのはもう飽きた……ということってありますよね。

そんなときはアレンジして、別のものにリメイクしちゃいましょう!

たとえば

  • だし巻き卵の天ぷら
  • だし巻き卵のあんかけ
  • 細かく切ってチャーハンの卵にする
  • 冷やし中華にのせる

など、色々リメイクできます。

ちなみに私のおすすめは、だし巻き卵の天ぷらです。揚げたてが最高に美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

だし巻き卵の天ぷらのレシピはこちら

 

最後に


いかがでしたか?

今回はだし巻き卵の冷凍について、方法や賞味期限などをご紹介しました。

だし巻き卵はおせちだけでなく、普段の食事のおかずにもお弁当にも使えるので、冷凍しておくと便利です。

ただだし汁たっぷりのだし巻き卵は冷凍には向きません。冷凍する場合は今回ご紹介した顆粒タイプのだしを使うなど、冷凍すること前提でだし巻き卵を作ることをおすすめします。

私も今回調べたことを活かして、冷凍用のだし巻き卵を作ってみようと思います(*^▽^*)

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ