天皇誕生日はどうなる?2019年12月23日や新しい祝日の今後とは!

 
来年に天皇陛下や元号が変わる、という話を同僚や友人としたことがある方は多いでしょう。私もそのうちの1人です。

その話題の中で多くの方が気になることといえば、天皇誕生日についてではないでしょうか?

私も「天皇陛下が変わるってことは、天皇誕生日も変わるの?それとも増えるの?」と気になりました。

要するに休みの日が変わるのか、それとも増えるのかということですから、かなり重要なことですよね。

そこで今回は来年に天皇陛下や元号が変わると、天皇誕生日はいったいどうなるのかについてまとめてみました。

同じ疑問を抱いている方は、ぜひチェックしてくださいね(*^-^*)


スポンサーリンク

天皇陛下が変わったら、天皇誕生日は変わる?増える?


天皇陛下が変わると、天皇誕生日も変わります


 
これは天皇誕生日の趣旨が、在位中の天皇「今上天皇(きんじょうてんのう)」の誕生日を祝う日であるためです。

つまり天皇陛下が変わると、天皇誕生日は現在の天皇陛下のお誕生日である12月23日から、次の天皇陛下である皇太子さまのお誕生日に変わる、ということになります。

また在位中の天皇のお誕生日を「天皇誕生日」と呼ぶので、現在の天皇陛下が退位されたら12月23日は天皇誕生日ではなくなります。

つまり天皇誕生日が増えることはない、ということですね。

 

次の天皇誕生日はいつ?


現在の皇太子さまのお誕生日は、2月23日です。

ということは皇太子さまが新天皇に即位されれば、2月23日が天皇誕生日になるということになります。ところがこの2月23日が天皇誕生日として祝日になるのは、2020年以降の見通しとなっています。

つまり2019年は、天皇誕生日が祝日ではないということです。これは国立天文台によると、なんと祝日法が施行した1948年以来初めてのことなんだそうです。

ではなぜそんなことになるかというと、現在の天皇陛下が退位するのは2019年4月30日で、皇太子さまが新天皇に即位するのは翌日の5月1日だからです。

つまり即位する時点で、お誕生日である2月23日は過ぎてしまっている訳ですね。

このため、2019年は天皇誕生日が祝日ではないという変わった年になることが決まりました。

スポンサーリンク


今後、12月23日はどうなる?


これまで祝日だった、現在の天皇陛下が退位したあとは12月23日はどうなるのでしょうか?

今のところ政府は、「退位後の12月23日は当面の間は平日にする検討に入った」と発表しています。つまりまだ確定ではないものの、12月23日は祝日ではなく、しばらくは平日になる可能性が高いということですね。

これはどのような日を祝日にするかは様々な論点があるため、国民各層の幅広い議論が必要と判断したから、ということのようです。

今まで祝日だった日が突然平日になると、なんだか変な感じがしますよね。今まで通りお休みがよかったという方もいれば、平日になるほうがいいという方もいるでしょう。ちなみに私はお休みのほうが嬉しいのですが(^_^;)

今後どうなるかはまだわからないため、今後の情報にも注目したいところです。

新元号の決め方についてもまとめています!
 

最後に


いかがでしたか?

今回は来年に天皇陛下や元号が変わると、天皇誕生日はいったいどうなるのかについてご紹介しました。

天皇誕生日の趣旨は「在位中の天皇のお誕生日を祝う日」なので、天皇が変われば天皇誕生日も変わります。そして天皇誕生日が増えることはありません。

2019年は天皇誕生日が祝日ではないという異例の年になるようですが、2020年以降は新天皇となられる皇太子さまのお誕生日の2月23日が天皇誕生日となります。

もし誰かがこのことについて疑問に思っていたら、教えてあげてくださいね(*^▽^*)

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ