アルミホイルに裏表はある?くっつく面はどっち?正しい使い方とは

 
あなたは普段、アルミホイルの裏表を意識して使っていますか?

アルミホイルには、ピカピカに光っている面と、つや消しの面がありますよね。

こんなに見た目が違うのだから表と裏で、それぞれ特徴や、正しい使い分け方があるのかなと思います。

どっちを上にして使うべき?くっつきやすいのはどっち?など、

普段何気なく使っているアルミホイルの表裏の違いや使い方につていて解説します(^_^)/


スポンサーリンク

アルミホイルに裏表はある?


実は、アルミホイルにどちらが表裏という違いはありません。

私は、何となくピカピカの面が表なのかなと思っていました。

でもどちらが表でどちらが裏だという違いはなく、あの光沢とつや消しの見た目の差は、ただ、アルミホイルの製造の過程でつく見た目の違いというだけなのです。


 
アルミをローラーで薄く伸ばす工程で、二枚重ねにしたアルミを薄くしたものを、その次に引き剥がして別々に巻き取ります。

その際、ローラーに接していた面はツルツルに光り、アルミ同士が接していて引き剥がされた面には凹凸がついてつやが出ないため、このような見た目の差が生まれるのだそう。

 

アルミホイル、裏表はないが、正しい使い方はある?


光沢があるなしの見た目の違いはあれど、どちらも同じアルミが引き延ばされてできているため、機能的な違いはほとんどないといわれます。

ですが、それぞれの面にすこしづつ特徴があります。

  • 光沢面
  • ・・・わずかに熱伝導がよく、食材に火が通りやすくなる
    ・・・見栄えがよい
  • つや消し面
  • ・・・光沢面に比べ、少しくっつきやすい
    ・・・光沢面に比べ、極わずかに、熱でアルミが溶けだしやすい

つや消し面の方が僅かにくっつきやすいのですね!

そういえば、確かに鉄板焼き屋さんなんかでも、必ずつや消しではなく光沢面に食材が載って調理されていますね。この特徴ゆえの使い方なのかも。

このように、特に正しい使い方という決まりはありませんが、光沢・つや消しの特徴に合わせた使い方をするのがおすすめです。

スポンサーリンク


用途別・アルミホイルおすすめの使い分け


それでは、その特徴をふまえた使い方をアルミホイルの用途別にご紹介します。

基本的なポイントは、光沢面に食材を触れさせる ということ。

それではみていきましょう♪

 

オーブン・オーブントースター


オーブンやオーブントースターで使うときは、アルミホイルの光沢面を上にして、食材を載せて加熱します。


 
若干ですが、つや消し面よりくっつきにくく、アルミの溶けだしの心配も少なくなります。

 

フライパン


フライパンの上に敷いて使うときも、オーブンと同じく、光沢面に食材を載せて加熱してください。

 

ホイル焼きや焼き芋など、包む料理


何かを包んで調理するときは、中の食材に熱が通りやすくなるので、光沢面に食材を載せて包みます。(包みの外側につや消し面が出る)


 
そして、包みを開いたときに光沢面が見えた方が美味しそうに見えるのも、ちょっとしたポイントです^^ 先日、近くの老舗お好み焼き屋さんでテイクアウトしたお好み焼きも、同じ包み方がしてありました!

 

お餅


光沢面にお餅を載せて加熱してください。

 

おにぎりを包む


おにぎりを包む場合は、熱を通すわけではないので、光沢・つや消しのどちらを使っても特に違いはありません。

ですが、光沢面が包みの外側に見えている方が、つややかで美味しそうに見えるので、おにぎりは光沢面を見せて包むのがおすすめです。

 

落し蓋


落し蓋として使う際は、光沢面を下向きにして、食材に接するように使います。

若干ですが熱が伝わりやすくなりますし、くっつき防止や、アルミの溶けだしの心配も減ります。

※注意※
アルミホイルの種類によっては、落し蓋として使用できないものがあります。落し蓋として使う際は、パッケージをよくご確認のうえ使用してください。

 

アルミホイルがくっつかない使い方は?


アルミホイルを使う時の悩みといえば、“食材がくっつく” ことですが、つや消し面より光沢面が若干くっつきにくいとはいえ、どちらを使ってもやはりくっつき問題は起こってしまうようです。

そこで、最後に、アルミホイルと食材がくっつかない為の使い方の簡単なコツを3つご紹介します。

  1. アルミホイルをくしゃくしゃにして広げた上に食材を載せる
  2. 食材を載せる前に、アルミホイルの表面に油やバターを塗っておく
  3. くっつかないホイルを使う

私は最近、初めてこの“くっつかないホイル”を使ったのですが、感動でした!

いつもなら皮がくっついて、取り出す時に身が崩れちゃう魚の切り身もスルンスルン(∩´∀`)∩フライパンの上に敷いたホイルの上を滑っている~

本当にくっつかない!(そりゃそうだよ・笑)

それ以来、私は加熱にはくっつかないホイル、それ以外の用途には普通のアルミホイルと、使い分けるようになりました。この使い分け、ノンストレスでとってもおすすめですよ。

最後に


いかがでしたか。

アルミホイルに裏表はない。

ただ、光沢面とつや消し面では、

光沢面の方が、くっつきにくくて熱の伝わりが良く、アルミの溶け出しも少ないという若干の違いがあるため、

  • 加熱の際は、光沢面に食材を触れさせる

ようにする使い方がおすすめ。

ということでした。

とはいえ光沢・つや消しでの違いはごく僅かなものなので、細かく気にする必要はないかと思います。ですが、どっちが裏でどっちが表??と迷っていた方は、こちらの特徴を参考にしてアルミホイルを使ってみてください。

それでは
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ