生ごみの臭い対策におすすめの消臭法はこれ!臭いを防ぐ捨て方も

 
夏が近づくと、キッチンに漂う生ごみの臭いが気になりますよね。

ゴミ箱をあけるたびにウッ!と気分が悪くなる生ごみ臭……なんとかしたい!とお悩みの方も多いでしょう。

我が家はキッチンに小さなゴミ箱を置いていて、それがある程度いっぱいになるとベランダに置いてある大きなゴミ箱に捨てるのですが、暑くなってくるとどちらも悪臭がして困っていました。

臭いに吸い寄せられるのか、コバエが飛んでいることもあって(>_<)

今回は、そんな厄介な生ごみの臭いについて調べてみました。生ごみの悪臭の原因や臭いの改善方法、さらに臭いを発生させにくくする対策などをご紹介します。我が家で実際にやっていて、効果を感じている方法や消臭グッズの使い方などもお伝えしますよ(^^)v

生ごみの臭いにうんざりしているという方は、ぜひチェックしてくださいね。


スポンサーリンク

生ごみの臭い対策はできる?原因は?


生ごみは特に対策をしていない場合、どうしても臭います。それはなぜでしょうか?

まずは生ごみが悪臭を発する原因について、知っておきましょう。

 

悪臭が発生する条件は、生ゴミ、水分、酸素、温度


生ごみからイヤな臭いが発生する原因は、生ごみの栄養と水分、酸素や温度などによって増殖する菌やカビです。

まず生ごみは菌が発生するために欠かせない水分を多く含んでいます。そして生ごみ特有のあの臭いの原因となるのが、酸素が少ない場所を好む「嫌気性菌(けんきせいきん)」です。

生ごみはビニール袋に入れてフタのついたゴミ箱に捨てる、という方法をとっているご家庭が多いと思います。実はこの方法、生ごみに触れる酸素が減ってしまうので嫌気性菌が増殖しやすくなってしまうのです。

また菌は、温度が高いほど繁殖しやすくなります。火を扱うキッチンは温度が高くなりやすいため、菌が増殖しやすい場所です。

以上のことから、水分酸素生ゴミ温度の条件がそろうと、菌やカビが増殖し悪臭を放つということがわかります。


 
特に夏は気温が高くなるので、キッチンにゴミ箱を置いていると悪臭がひどくなるようですね。
 

生ごみの臭いを改善する方法は?

 
それではいよいよ、今まさに悪臭を放っている生ごみの臭いを改善する方法についてご紹介します。

こちらでご紹介するのは
  1. 固定タイプの消臭剤
  2. 2wayタイプの消臭剤
  3. スプレータイプの消臭剤
  4. 重曹スプレー
  5. クエン酸スプレー
  6. お酢のスプレー
  7. ミョウバンスプレー

以上を使った、7つの方法です。

市販のものと手作りできるものとがあります。それぞれ、使い方のポイントや使った感想などについてご紹介していきますので、ゴミ箱の状態や、悩みに合ったものを選んでみてください(^_^)

スポンサーリンク


1.固定タイプの消臭剤


我が家はベランダに生ごみ用の大きなごみ箱を置いているのですが、実はその場所がちょうど私の部屋の窓の前なのです。そのせいか、自分の部屋の窓を開けると強烈な生ごみ臭がする時があって……。

特に暑い時期、朝目が覚めて窓を開けた瞬間に生ごみの悪臭がムワッと漂ってくると、最悪な気分になります(^_^;)

そんな時、生ごみの悪臭をすぐに消してくれたのが、こちらでご紹介する固定タイプの消臭剤です。我が家はごみ箱のフタの裏に貼るタイプの消臭剤を利用していますが、これが本当によく効きます。

さっきまで鼻をつまんで息を止めていないと耐えられないほどだった悪臭が、この固定タイプの消臭剤を貼るとすぐに解決しました。

もちろん効果の感じ方には個人差があると思いますが、ぜひ1度試して頂きたい方法です。

・小林製薬 生ゴミ用ゴミサワデー


 

2.2wayタイプの消臭剤


次にご紹介するのは、2wayタイプの消臭剤。

これはごみ箱のフタの裏に貼り付けるだけでなく、サイドに吊り下げて使うこともできるという優れものです。これだとどんなタイプのごみ箱にも使うことができるという点が便利ですよね。

また生ごみは悪臭だけでなく、ブンブン飛び回るコバエも気になるところ。

この2wayタイプの消臭剤は、コバエよけの効果をプラスしている商品もあるので、臭いだけでなくコバエもなんとかしたい!という方にピッタリかと思います。

・エステー ゴミ箱の消臭力


 

3.スプレータイプの消臭剤


その場ですぐ手軽に消臭したい、という時に便利なのがスプレータイプの消臭剤です。

私はベランダに置いてある大きなごみ箱を開ける時に、このスプレータイプの消臭剤を使います。

片手に生ごみ、もう一方の手にスプレーを持ち、ごみ箱を開けた瞬間にスプレーをシュシュッ!と吹きかけ、素早く生ごみを投げ込みフタを閉める、これがいつもの生ごみの捨て方です(^_^;)

ごみ箱のフタを開けた時に悪臭が鼻を直撃するのがイヤなので……スプレータイプの消臭剤はこういう時にすごく便利です。

もちろんキッチンに置いてある生ごみが臭うという時も、シュッ!とやるだけで悪臭が消えるのですごく便利ですよ。コスパも良くて持続力もあるので、おすすめの方法です。

・エステー 消臭力 生ゴミ用スプレー


 

4.重曹スプレー


生ごみの悪臭を消すために消臭剤を買うという方法は便利ですが、消耗品なのでお金がかかりますよね。でも自分で作れば、商品を買うよりは安く済む場合もあります。

そこでまずおすすめしたいのが、重曹スプレーです。重曹はドラッグストアでも200円以下で大量に入ったものが手に入ります。

しかも重曹は消臭剤としてだけではなく、掃除にも大活躍してくれるので常備しておくととても便利です。

重曹スプレーの作り方は簡単で、100mlの水に小さじ1杯の重曹を混ぜるだけ。これを生ごみにスプレーすれば、驚くほど臭いをとってくれます。

ちなみに重曹はスプレーにせず、粉のまま振りかけても消臭効果があります。粉のまま使用すると水分も吸い取ってくれるので、菌の繁殖を抑え臭いの軽減に役立ちます。

また酸性である生ごみの臭いに、アルカリ性である重曹を使用すると、中和によって臭いを軽減する効果も得られます。

安いうえに幅広い効果を持つ重曹は、ぜひ生ごみの臭いの改善に役立てて頂きたいアイテムです。

スポンサーリンク


5.クエン酸スプレー


重曹と同じく常備しておくと便利なのが、クエン酸です。こちらも200円以下でたくさん入ったものが手に入りますし、コップの茶渋をとるなど掃除にも役立ってくれます。

クエン酸スプレーの作り方は、250mlの水に小さじ1~2杯のクエン酸を混ぜるだけ。水に溶けにくいのでしっかり混ぜて、そのあとは生ごみにスプレーすればOK.

クエン酸は菌の働きを抑える「静菌作用」を持っているので、生ごみの悪臭予防にも役立ちます。重曹と同じく、粉のまま生ごみに振りかけても効果が得られますよ。

 

6.お酢のスプレー


どのご家庭にも大体置いてあると思われるお酢も、生ごみの消臭に役立ちます。


 
お酢は酸性なので、生ごみでも特に魚の生臭い臭いを消す効果が期待できます。

お酢のスプレーの作り方は、150mlの水に50mlのお酢を混ぜるだけ。お酢のニオイが苦手な方には向かない方法ですが、菌の繁殖を抑える効果もあるのでおすすめです。

私はあまりお酢のニオイが好きではないので、消臭剤や重曹などの買い置きがないという時だけ使っている方法です。

 

7.ミョウバンスプレー


ミョウバンは、カリウムなどの金属イオンが硫酸塩として結晶化したものです。ナスビの漬物を漬ける時に使ったり、ワキガや頭皮のニオイ軽減に役立つなど、幅広く使われています。

ミョウバンはお酢と同じく菌の繁殖を抑える効果を持っているので、生ごみの悪臭予防にも役立ちます。

ミョウバンスプレーは、まずミョウバン5gを150㏄の水道水に溶かして原液を作り(※ミョウバンは溶けにくいので一晩位置いて、しっかり溶けるのを確認してください)、それを10倍以上に薄めたものをスプレー容器などに移して使います。

酸性のミョウバンはアルカリ性の消臭に効果が高いので、魚の生臭い臭いが気になる場合に便利ですよ。

 

臭いを発生させにくくするための対策は?


生ごみは臭いがした時だけでなく、普段から臭いを発生させにくくするための対策をとっておくことも大切です。

こちらでご紹介する対策は
  1. 生ごみの水分を少なくする
  2. 生ごみを冷凍する
  3. 生ごみの袋を小分けにして密閉する
  4. 防臭力をもった袋に入れる
  5. バイオの力を利用した消臭剤を使用する
  6. ダストマン生ゴミ用消臭シートを貼る
  7. ゴミ箱底脱臭シートを使用する
  8. コーヒーや緑茶の出がらしを使用する
  9. 除菌スプレーを使用する
  10. ごみ箱を洗う
  11. ごみ箱を買い替える

以上の11個です。それでは、ひとつずつ見てみてましょう。

ちなみに我が家は3を実行して、すぐに効果を感じましたよ♪おすすめです。

 

1.生ごみの水分を少なくする



悪臭の元である菌の発生には水分が欠かせません。生ごみの水分が多いと菌が繁殖しやすくなるので、臭いを抑えるには生ごみの水分を少なくすることがポイントになります。

まず生ごみはごみ箱に捨てる前に、しっかり水を切るようにしましょう。

料理中はついシンクや三角コーナーに卵のカラや野菜の皮などを放置しがちですが、そのままにすると水を流すたびにそれらの水分が増えることになるので、できるだけ早くごみ箱に捨てる必要があります。

水分の多いものはキッチンペーパーや新聞紙に包んで、水分を吸わせた状態で捨てるなどの工夫もしましょう。

 

2.生ごみを冷凍する


特に魚をさばいたり、鳥の肝を処理した際などに出るものはそのままごみ箱に捨てるとイヤな臭いを放ちやすいので、ごみ収集日まで冷凍しておくというのも方法のひとつです。

ちなみに我が家もこういったものは、ビニール袋に入れて冷凍庫で保管しています。

生ごみを冷凍すれば水分が増えることも温度が上がることもないので、菌の繁殖を防ぎ悪臭の発生を防いでくれます。

ただ全ての生ごみを冷凍庫で保存する、というのはなかなか難しいと思うので、特に臭いがひどくなりやすいものを冷凍するのがいいでしょう。

スポンサーリンク


3.生ごみの袋を小分けにして密閉する


生ごみをごみ箱に捨てるとき、袋に入れずにそのまま捨てていませんか?

我が家では大きめのスーパーの袋をキッチンのフタのないごみ箱にかぶせて、その袋に生ごみをそのまま入れて、袋がいっぱいになったらベランダの大きなごみ箱に捨てる、という方法をとっています。

でもこれだとスーパーの袋がいっぱいになるまで、生ごみは見える状態ですし、臭いも広がり放題ということになります(>_<)

今までは気にしたことなかったのですが、悪臭を発生しにくくするためには生ごみの袋を小分けにして密閉することも大切だったんです。生ごみを小さな袋に入れて、しっかりと空気を抜き密閉して、あとはそれを開けなければ悪臭が発生することを抑えられます。


 
小分けにすると袋がたくさん必要でもったいない、と思ってしまいますが(^_^;)

悪臭を抑えるためには、生ごみは大きめの袋ではなく小さな袋に入れて密閉し、それから大きなごみ袋に捨てるようにしましょう。

 

4.防臭力をもった袋に入れる


生ごみの量が多い、オムツや汚物など臭いが強いごみがあるなどの場合、工夫してもなかなか悪臭が抑えられないということもあるでしょう。そういった場合は、生ごみの臭いを抑える効果を持った袋を使う、というのも方法のひとつです。

生ごみの悪臭対策に時間をかけられないなど、忙しい方もこの方法なら簡単に臭いを抑えることができるのでおすすめですよ。

・生ゴミが臭わない袋


 

5.バイオの力を利用した消臭剤を使用する


即効性はあまり期待できないものの、悪臭の原因を根本から断ってくれる優れものがあります。それがこちらでご紹介する、バイオの力を利用した消臭剤です。

これが悪臭の発生を防いでくれるのは、バイオテクノロジーにより作られた特殊活性酸素が、酸化分解して無機物に変えるという性質によるもの。

使い方もごみ箱のフタの裏に貼り付けるだけと簡単。しかも有効期間は3か月なので、しょっちゅう取り換えるという手間もいらず便利ですよ。

・コジット バイオ ゴミ箱の臭いに


 

6.ダストマン生ゴミ用消臭シートを貼る


こちらはごみ箱のフタに貼り付けて使用する、シートタイプの消臭剤です。

活性炭と活性炭素繊維が生ごみの悪臭をスピーディーに吸収。人工酵素が化学分解することで消臭、その効果が約2か月続くという優れものです。

無香料なので香りでごまかすようなタイプが苦手という方にピッタリかと思います。

・ダストマン生ゴミ用消臭シート


 

7.ゴミ箱底脱臭シートを使用する

 

こちらはゴミ箱の底に敷くタイプの脱臭剤です。

生ごみは気をつけていても、ごみ箱の底に液だれが溜まりますよね。これも悪臭の大きな原因です。そんな液だれをシリカゲルでしっかり吸収し、活性炭と植物性消臭剤の働きによって脱臭。

生ごみの臭い対策はもちろん、ごみ箱に悪臭が染みつくことを防げる点も便利ですよ。

・ゴミ箱底脱臭シート


 

8.コーヒーや緑茶の出がらしを使用する


生ごみの臭い対策は、消耗品を購入すること以外でも行えます。特に便利な方法が、消臭効果を持つコーヒーや緑茶の出がらしを使用することです。

方法も簡単で、生ごみや三角コーナーなど臭いが気になるところに、乾燥させたコーヒーや緑茶の出がらしを振りかけるだけ。

注意点は出がらしの水分をしっかり切ること。どちらの出がらしもキッチンペーパーの上に広げて乾かすなど、しっかり乾燥させてから使うと、生ごみの悪臭対策に役立ってくれます。

コーヒーや緑茶をよく飲むという方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


9.除菌スプレーを使用する


生ごみの悪臭対策には、臭いの元となる菌の増殖を抑えることも大切です。そこでおすすめなのが、生ごみを捨てるたびに除菌スプレーを使用することです。

除菌スプレーは市販のものを買ってもいいですし、エタノールで作るという方法もあります。

作り方は10mlのエタノールに、100mlの水を混ぜるだけ。そこに自分の好きなアロマオイルをプラスしてみるのもいいですね。

また「生ごみの臭いを改善する方法は?」でご紹介した、重曹やクエン酸、お酢やミョウバンなどのスプレーを、生ごみを捨てるたびに使っても臭い対策になりますよ。

 

10.ごみ箱を洗う


生ごみの悪臭がひどく対策をしても変わらないという場合、もしかするとごみ箱自体が臭っているのかもしれません。

これ、意外と盲点だったりします(‘Д’)

もし生ごみを捨てて空っぽの状態になったごみ箱が臭うなら、1度ごみ箱を洗ってみるというのも対策のひとつです。

まずはごみ箱をキッチン用洗剤で洗い、そのあとハイターなどの塩素系漂白剤でつけ置きしましょう。こうすれば菌の繁殖を抑えることもできるので、有効な悪臭対策になります。

普段からごみ箱を清潔に保つことも大切です。たとえばごみ収集日に生ごみを捨てて、ごみ箱が空っぽになったら全体を拭くようにしておけば、臭いが染みつくことも防げるでしょう。

あとは忙しくても半年に1回くらいはごみ箱を洗うようにすると、ひどい悪臭が発生することも防げるはずです。

 

11.ごみ箱を買い替える


ごみ箱を洗っても悪臭がとれないという場合、いっそごみ箱を買い替えてみるというのも方法のひとつです。

長年使ったごみ箱や、買ってから洗っていないごみ箱には悪臭が染みついているでしょうから、その臭いをとるのは簡単なことではないでしょう。

費用はかかってしまいますが、ごみ箱を買い替えることで悪臭から解放される可能性は高いです。

もちろん買い替えたあとはごみ箱を清潔に保つようにして、定期的に洗うなどの対策はとるようにしましょう。

 

最後に


いかがでしたか?

今回はイヤな生ごみの臭いについて、原因や改善方法、悪臭を発生しにくくする対策などをご紹介しました。

  • 水分をしっかり切ってから捨てる、小分けにして密封して捨てるなど、生ごみそのものへの対策をする

  • 使い勝手に合った消臭グッズを使う

この2つを併せて行えば、イヤな生ごみ臭はかなり改善されます。

特に生ごみの悪臭は、気温が上がってくるほどひどくなりますよね。ごみ箱を開けるたびにウッ!とならずに済むように、早めの対策がおすすめです。

我が家も生ごみを大きめのスーパーの袋に入れてしまうなど、間違った方法をとっていたので今回反省しました(^_^;)

早速生ごみを小分けにして密閉したところ、以前と比べて格段に臭いが軽減されましたよ。本当にちょっとしたことでこんなに変わるものなんだ!と驚きました。

生ごみのイヤな臭いでお困りの方は、ぜひ今回ご紹介した方法を試して悪臭とサヨナラしてくださいね(*^-^*)

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ