雷は家の中なら安全?感電の可能性も・・危険な行動に注意!

 
家の中にいる時に雷が鳴ったら、外出中じゃなくてよかったと思いますよね。外ならともかく、家の中なら安全だと思っている方も多いはずです。

私も家の中にいる時に雷が鳴ったら、窓から外を見て「あ、今光った!」とかちょっと楽しんだりするくらいで(^_^;)怖いという感覚は昔からなくて、逆にわくわくしちゃうくらいでした。

でも最近雷で家電が被害を受けた、という話を聞いて急に不安になりました。

雷が鳴っているときも普段と同じようにパソコンで仕事したり、スマホを触ったり、家電を使ったりしているのですが、これって大丈夫なの?と気になったのです。

そこで今回は、雷が鳴っているときに家の中は危険なのかについて、家電が受ける被害などを含めて調べてみました。

今まで雷が鳴っていても家の中は安全!と思っていた方は、要チェックですよ!


スポンサーリンク

雷が鳴っているとき、家の中は安全?


まず雷が鳴っているとき、家の中は危険なのかについての答えですが、基本的には安全と言えます。


 
なぜならもし外出中に雷が鳴った場合は、家の中など建物内に避難するのが最も安全とされているからです。

ただし家の中にいるからといって絶対に安全かというと、そうではありません。

理由はたとえ家の中にいても、電話線やアンテナ線、それから水道管や排水管などの金属管から電流が侵入する危険があるからです。つまり家の中にいても、雷による被害を受ける可能性は十分あるということです。

私のように家の中なら安全だ!と安心しきっていた方は、これから雷が鳴ったときはたとえ家の中にいても用心するようにしましょう。

 

家の中以外に安全とされる場所は?


雷は外出中でも容赦なく鳴ります。そんな時に慌てないように、家の中以外に基本的に安全とされる場所についても知っておきましょう。

家の中以外で安全とされる場所には

  • 鉄筋コンクリート製の建物の中
  • 避雷針設備のある建物の中
  • 車の中

などがあげられます。

もし外出中に雷が鳴った場合は、すぐに上記の場所に避難するようにしましょう。

外にいて雷に遭った場合の注意点はこちらの記事で詳しくご紹介しています↓↓

※注意※
車の中が安全と言われているのは、電流が外側を通過し内部には流れないことが理由とされています。ただ車体の金属部分に触れていたり、窓が開いていると安全とは言えません。

そのため雷が鳴ったら車の窓を閉める、車体に触れない、この2つは守るようにしましょう。

また運転中に落雷した場合、誤作動などで事故を起こす可能性があるので、雷がおさまるまで安全な場所でエンジンを切って停車しておくことが勧められています。

スポンサーリンク


雷が鳴っている時、家の中に危険はある?


すでにご紹介しましたが、雷が鳴っているときは家の中も絶対に安全とは言えません。理由は電話線やアンテナ線、水道管や排水管などの金属管から電流が侵入することで、被害を受ける可能性があるからです。

こういった電流が侵入することで起こる危険を避けるためには

  • 電気製品
  • 天井
  • 水道
などから1m以上離れることと、できるだけ低い姿勢でいることが重要です。

他にも
  1. パソコンやスマホ作業
  2. 家事
  3. お風呂

なども、雷が鳴っているときは危険です。

ではどのような危険があるのか、またそれを避けるにはどうすればいいかを知っておきましょう。

 

1.パソコンやスマホ作業


精密機器であるパソコンやスマホは、電流の侵入によって被害を受ける可能性があります。

具体的には大事なデータが消えてしまったり、壊れてしまったりする恐れがあるということです。考えただけでゾッとしますよね。

パソコンやスマホは高価なものですし、データが消えてしまうことは今までの苦労が水の泡となってしまうでしょう。

場合によっては火災や感電などの可能性もあるようですから、雷が鳴っているときにパソコンやスマホ作業は控えるようにしましょう。

 

2.家事


洗い物をしたり、料理をしたり、掃除をしたりといった家事は、電化製品や水に触れることになります。これらは電流が侵入することで、被害を受ける可能性があるので危険です。


 
雷が鳴っているときに水に触れることは感電の恐れがありますし、電化製品も故障や火災などの恐れがあるので、安全を考えるならやめるべきです。

雷は1日中鳴り続けたり、何週間もずっと続いたりということはないはずです。事故が起こってから後悔するより、一時的なものと考えて雷が鳴っているときは家事をしないことをおすすめします。

 

3.お風呂


お風呂で感電死、というのは聞いたことがある方も多いでしょう。実際の事件を知らなくても、ドラマや漫画、小説などでよくある話ですよね。

これは雷が鳴っているときに、水道管から電流が侵入することでも起こる可能性があります。そのため、雷が鳴っているときに入浴するのは危険とされています。

ですからもし入浴中に雷が鳴った場合は、安全のためにすぐにお風呂から出るようにしましょう。

スポンサーリンク


家電を守るためにやるべきことは?


雷で家電が被害を受けることは、実は珍しくありません。

中には買ったばかりの高価な家電が、雷のせいでパーになったという方もいるようです。そんな悲しいことにはなりたくないですよね(^_^;)

そういった家電が被害を受けることを避けるために、1番簡単な方法はコンセントを抜くことです。

雷が鳴ったときにコンセントを抜いておけば、電源から家電に電流が流れることを防ぐ効果が期待できます。これはお金もかかりませんし、誰でも今すぐできる方法なので覚えておきましょう。


ただしこれで絶対に家電を守れるという訳ではないので、その点はご注意ください。

雷から家電を守るには、雷が鳴ってから行動を起こすのではなく、普段から対策をとっておくことが重要です。

具体的には

  • 電話線やコンセントなどに雷ガードのタップを採用する
  • エアコンなどの家電にはアースをつける

などがあげられます。

雷ガードのタップは通販で安く手に入りますし、高価な家電が被害を受けてから後悔しても遅いので、できるだけ早く対策をとることをおすすめします。



 

最後に


いかがでしたか?今回は雷が鳴っているときに家の中にどんな危険があるのか、またその避け方についてご紹介しました。

ちなみにウソみたいな話なのですが、この記事に取り掛かっている時、すごい雷が鳴りました。その雷は夕方から夜中まで続き、ものすごい音でなかなか眠れないほどで(>_<)

これほどの雷は久しぶりだったこともあり、つい窓から覗いて「おおっ!すごい光った!」と興奮してしまい、その後に調べたことが台無しだと反省しました(^_^;)

雷が鳴っているとき、窓から覗くのは危険です!外が気になっても窓や壁などから1m以上離れましょう。私も次回から気をつけたいと思います!

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ