お茶の適量とは?飲み過ぎ注意!適量をおいしく飲んで健康的に

 
 
お茶ダイエット
風邪の予防効果があるなど、

 

健康にいい飲み物として
知られていることもあり、

 

毎日たくさん飲むという方もいますよね。

 

ただどんなものでも摂りすぎると

 

身体になんらかの
影響を与える可能性があります。

 

こちらではお茶の1日の適正量や、
お茶の飲み過ぎなにが危険なのか

 
それから

 

たくさん飲みたい方
おすすめのお茶などについてもご紹介します(^○^)


スポンサーリンク

お茶を飲み過ぎるとどうなる?


緑茶の飲み過ぎで緊急搬送されたケースがある?


実はアメリカでは、56歳の男性

 

お茶の飲み過ぎ
緊急搬送されたケースがあります。

 

なんでもその男性

 

自宅16杯ものお茶を飲んで
病院に運ばれたとのことで、

 

検査をしたところ
腎不全危険な状態だったそうです。

 

これは特殊なケースと言えますが、
お茶の飲み過ぎ実際に起こった事件です。

 

お茶の飲み過ぎはなにが危険?

 


★カフェイン★

お茶に含まれるカフェインは、
摂りすぎる胃を荒らすことがあります。

またカフェイン500mg以上摂取すると、
急性中毒症といって、

神経過敏興奮睡眠障害顔面硬直
嘔吐胃腸症状などを起こす危険性があります。

 


★タンニン★

お茶に含まれるタンニンは、
鉄の吸収を妨げる作用を持っているため、

貧血の方が飲み過ぎる
症状が悪化する可能性があります。、

 


★シュウ酸★

お茶に含まれるシュウ酸は、
摂りすぎる激痛を伴う病気である

「尿路結石」原因になります。

 

 

お茶は1日何杯まで飲んでいいの?

 

引用元:https://youtu.be/_TTi3z8bEvE

 

10杯以上飲んでも特に問題なし!

 

WHO(世界保健機関)は、

 

1日カフェインの量
300mgまでと定めています。

 

緑茶(煎茶)のカフェインの量
100gあたり20㎎程度とされているので、

 

この基準でいくと

 

1日10杯以上飲んでも問題はない
と言えます。

 

またお茶にはテアニンという
リラックス成分が含まれていて、

 

これがカフェイン興奮作用
抑制するということもあり、

 

コーヒーなどと比べる
カフェインの影響少ないようです。


スポンサーリンク


個人差があるので注意!

 

お茶は基本的には

 

1日10杯以上飲んでも問題はない
と言えます。

 

ただこれはお茶種類濃さ
それから

 

体格体質体調にも左右されるので
一概には言えません。

 

お茶は体にいいと言われていますが、
やはり摂りすぎると

 

胃痛腹痛下痢など、

 

身体
何らかの影響が出る可能性はあります。

 

そのためお茶1日の量については、
常識の範囲内で、

 

自分の身体と相談しながら
飲むことをおすすめします。

 

たくさん飲みたい人におすすめのお茶は?

 

お茶大好き
毎日たくさん飲みたい、という方は

 

ノンカフェインのお茶がおすすめです。

 

特にお茶以外にも、カフェインを含む
コーヒーコーラなどを飲むという方は、

 

カフェイン
過剰摂取になる可能性があるので

 

注意が必要です。

 

こちらでは

 

ノンカフェインのお茶
いくつかご紹介します。

 

★黒豆茶★

黒豆茶は、

大豆イソフラボンアントシアニン
サポニンレシチンビタミンEなど

豊富な栄養素を含んでいるノンカフェインお茶です。

血中コレステロール酸化を防ぐことで、
血液をサラサラにする効果や、

体脂肪蓄積を抑制し、
脂肪の代謝を促進する効果があります。

 


★ゴーヤ茶★

ゴーヤ茶

ゴーヤ原材料として作られた
ノンカフェインのお茶で、

ビタミンCカロテンカリウム
たんぱく質などの栄養素を含んでいます。

疲労回復をはじめ、便秘の解消
胃腸の働きを活発にする効果があり、

更に血糖値を下げて安定させる作用や、
肝機能を高める効果なども期待できます。

 


★そば茶★

そば茶は特に

「ダッタンそば(韃靼蕎麦)」
原材料につくられたダッタンそば茶人気で、

これにはルチン豊富に含まれていることから、

毛細血管を強化して、
動脈硬化を予防する効果や、

高血圧の予防・改善
更に糖尿病の予防といった効果が期待できるそうです。

 


★タンポポ茶★

タンポポ茶は、利尿作用があることから
むくみの改善に効果があり、

他にも冷え性便秘改善
胃や肝臓の働きを助けるといった効果

更に母乳の出をよくする効果も持っています。

なおタンポポ茶
風味コーヒーに似ていることから、

「タンポポコーヒー」とも呼ばれますが、
カフェイン含まれていません。

 


★杜仲茶★

杜仲茶は非常に生命力の強い植物で、

古くから中国において
不老長寿の生薬として利用されている

「杜仲」を使ったノンカフェインのお茶です。

杜仲茶には、血圧を下げる効果
動脈硬化を改善する効果があります。

 


★ルイボスティー★

ルイボスティー南アフリカ原産の、
ルイボスという植物原材料につくられた

ノンカフェインのお茶です。

ルイボスティーには
ミネラル類バランス良く含まれているほか、

強力抗酸化作用を持った
SOD様物質含まれているため、

特にアトピー性皮膚炎花粉症など、

アレルギー性疾患の症状の緩和
効果が高いと言われています。


 

最後に


いかがでしたか?

 

お茶の適量とは?飲み過ぎ注意!適量をおいしく飲んで健康的にでした♪

 

お茶は基本的には

 

1日10杯以上飲んでも
問題はないようです。


 

ただやはり個人差がありますし、

 

お茶に限らずどんなものであっても
摂りすぎは禁物です。

 

特にお茶利尿作用があるので、
しょっちゅうトイレに行くことになったり、

 

胃痛腹痛下痢
などの症状が出る可能性もあります。

 

くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう(>_<)

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ