これでスッキリ☆キレイ 靴下の収納方法とたたみ方 全11選!

 
靴下って短いものもあれば、長いものもあって、厚みも形も色々で収納に困りますよね。

引き出しを開けたらぐちゃぐちゃ、履こうと思ったら片足がない、なんてことも起こりがち。

我が家では、洗濯物した息子(小学生)の靴下をを畳んで確かにきちんと並べてしまっているはずなのに、次の日また洗濯したものをしまおうと引き出しを開けると、ぐちゃー!となっていて・・・←息子が朝、靴下を履くときに散らしている

毎度毎度、「ぬおー!散らさずに一足取れんのかいっ」と思っていましたが、ふと、収納を変えたらいいんじゃあ??と思い立ち、靴下の収納を変えたら、息子靴下散乱事件はほぼ起きなくなりました。

我が家のように靴下の収納にストレスを感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は靴下をスッキリ、キレイに収納する方法と、靴下のたたみ方についてご紹介します!


SPONSORED LINK

おススメの靴下収納法


スッキリ、キレイに靴下を収納するなら、収納アイテムを使うのが簡単でおススメです。こちらでいくつかご紹介します♪

 

収納アイテムを使う


収納アイテムと言っても、なにも高いものを購入する必要はありません。100円ショップでも便利なアイテムが手に入りますよヽ(◎´∀`)ノ

■仕切り板を使って

仕切り板は、板を十字に組んで立てることで空間を仕切ることができるグッズです。


自分の好きなように組み合わせができ、パキパキ折って長さを簡単に調節できるので、自由度高く使えます。100円ショップでも売られているので、気軽に試せるのもいいところ。

私も自宅で仕切り板を愛用中(*’ω’*)引き出しを仕切って、靴下、ストッキング、下着、ハンカチ、マスクを入れていますよ(^^)b

私の使っている引き出しは深さがあるため、100円ショップのものでは高さが足りず、無印良品の“ポリスチレン仕切板・大”を使っています。大・中・小と三種類の高さが選べ、厚みがあってしっかりしていますよ。(ポリスチレン仕切板・大)

ただ、仕切り板は、縦・横の板を十字にかみ合わせて自立させなくてはいけないので、引き出し内の一部分だけでの使用だと位置がズレやすいのが難点。仕切り板は、その引き出し内全体を仕切ってしまう場合に使うのがおススメです。


この仕切り板は、板を十字に組んで立たせるのではなく、土台に板を差し込んで立てるもの。板を一枚だけで立たせることができます。これって何気に便利! より使いやすいのでおすすめです。

SPONSORED LINK


■収納BOXを使って

こちらはおなじみのアイテムですね。サイズの微調整は出来ないので、使いたい空間の長さをきちんと測って購入する必要があります。

冒頭でご紹介した“息子の靴下散り散り事件”は、収納ボックスを使って解決しました。

中を幾つかに仕切ることができる縦長のケース(引き出しに入る長さのもの)を100円ショップで買い、一軍の靴下はその仕切った1つのスペースに一足ずつ畳んで入れるようにしたんです。

散り散りになっていた原因が、一つの大きいケースの中に畳んだ靴下を並べていたことで、少し奥の一足を取ると重なってる手前がぐちゃーとなっていたのですが、一足ずつ別のスペースになったことで、それがなくなりました。

しまう時も、空いてるスペースにポイポイ入れるだけできれいに収まるのでらくちん♪

 


 
■ウォールポケットを使って

こちらは収納スペースにお困りの方にもおススメの方法です。

内側にさげて引き戸を閉めておけば外側からは見えませんし、もちろん壁にぶらさげるのも取り出しやすくていいですね(*^。^*)

引用元:http://emichan.up.seesaa.net/image/room004.jpg


 
■ハンガーにつるしたまま

洗濯した靴下を干して乾いたら、そのまま収納という、とっても楽チンな方法です。


引用元:http://g02.a.alicdn.com/kf/HTB1KKMBHVXXXXcdXFXXq6xXFXXXj/Hangerworld-Multi-functional-Plastic-font-b-Socks-b-font-font-b-Hangers-b-font-vest-Hooks.jpg


たたんだり、丸めたりする必要もないですし、はく時に1番取りやすい方法かもしれませんね。


SPONSORED LINK

お金をかけなくてもOK!


靴下がたくさんある場合、収納アイテムもたくさん必要になりますよね。そうなると100円均一で購入しても結構な金額になってしまうものです。

でも大丈夫。家にあるものでも、工夫すればちゃんとキレイに収納できるんです!

 
■トイレットペーパーの芯を使って

普通は捨ててしまうだけのトイレットペーパーの芯に、くるくるっと巻いた靴下を入れて収納する方法です。かなりキレイに収納できますが、分厚い靴下は難しいかと思います。


引用元:https://rank.cd-cdn.com/image/upload/w_620,h_620,c_limit,q_100/rankingshare-965725308be611e4a09706cfc7d1632b4de5f4f444233dcbe5.jpg

 
■ティッシュの箱を使って

使い終わったティッシュの箱の上の部分を切り取って使う、これも簡単で便利な収納方法です。

靴下以外に下着などの収納にも使えますし、引き出しの中で色々組み合わせができますねヾ(*・ω・)ノ ルンルン♪


引用元:http://39.benesse.ne.jp/blog/0668/img/393/jEOJuoFpklqCooFq_Oo.jpg

 
■牛乳パックを使って

こちらもとてもキレイに収納することが可能ですが、手間はかかるかと思います。形はともかく、牛乳のにおいだけは残らないようにしたいですね(・´з`・)


引用元:http://4.bp.blogspot.com/-H7pJEOklfGg/VA5OpQPmHhI/AAAAAAAABqs/rgo-h0gVVfc/s1600/IMGP7258.JPG

 

靴下のたたみ方


靴下って、小さいくせにきれいに畳みにくい形だと思いませんか?また、二枚で一組だということが、靴下が散らかりやすい原因の1つだと思います。

そんな靴下を、バラバラにならないようにスッキリと畳むことができたら、収納も一段としやすくなりますね。そこでここからは、靴下の畳み方をご紹介します。

引用元:https://youtu.be/o813nsyQHGY

 

基本のたたみ方



引用元:http://yorifurniture.jp/column/20141026_32.jpg

靴下を重ねて、つま先をゴム口の方へ3分の2くらい折ります。あとは下の部分をゴム口に差し込めば完成です。

 

おにぎり型



引用元:http://img04.ti-da.net/usr/goodhousekeeping/socks_05.jpg

まず重ねた靴下を、右につま先、左にゴム口を向けて置きます。次にゴム口の左下の角を持ち、三角形になるように斜めに折ります。

あとは靴下の長さによって変わりますが、三角形になっている部分をそのまま、三角形になるように折り進めていきます。

最後は靴下のつま先が少し余るので、断面に残ったつま先を入れると完成です。

 

こんまり流



引用元:http://i0.wp.com/kinisuru.com/wp-content/uploads/2014/11/CIMG2528.jpg?resize=706%2C406

まず靴下の足裏全体が平面になるようにして、靴下を重ねます。次につま先側をゴム口側に、三つ折りにするようにたたみます。

三つ折りに折り曲げた箇所を半分にたたんで、その部分にゴム口側をかぶせれば完成です。

 

たたみづらい靴下のたたみ方は?


ストッキングのたたみ方


引用元:http://shuno-su.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/12/27/2.jpg

まず半分に折って、次に履き口の手前5~6cmの位置につま先を合わせて折ります。

折ったつま先の位置に合わせてもう1度折り、口を開けた履き口に残りの部分を半分に折って差し込みます。

かさばらず、取り出す時に引っかかりもないので、便利で長持ちしますよ。

 
カバーソックスのたたみ方


引用元:http://i1.wp.com/kinisuru.com/wp-content/uploads/2014/11/00fc2cc0001375d2f63bb14224bad48d.jpg?resize=712%2C812

まず履き口が上になるように平面にして重ねて置き、かかと部分が三つ折りになるように折ります。あとはつま先側を折り返せばOKです。

 

最後に


以上、これでスッキリ☆キレイ 靴下の収納方法とたたみ方 全11選!でした!

靴下のたたみ方については、収納方法によって変わると思います。

アイテムを使うなら、靴下をくるくるっと巻いただけでも十分キレイに収納できますし、毎回たたむ手間もいりません。とはいえ、キレイにたためる人はちょっと憧れてしまいますよね。

自分に合った方法を、是非見つけてみてくださいヽ(^o^)丿

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ