【初心者でも分かる】お守りの処分の仕方のベストな方法

 
お守りって、毎年初詣で購入しているだけでも増えていくものですよね。その中にはきっと、何年も持っているものもあるでしょう。

因みに私は、中学校や高校(何年前かすぐ言えないくらい前…)の修学旅行先で買ったものや、お土産でもらったものなど、地元ではない神社やお寺で買ったり人から貰ったお守りはなかなか処分できず、何年も何年も持ち続けていましたよ。

流石にもういいかなぁと思ったときに、はて、お守りってどうやって処分したらいいの?と困ってしまいました。

まさかお守りをゴミに出したりはできませんし、私のように、処分に困っている方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回はそんな、古いお守りの処分の仕方について、ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

お守りのパワーはなくなる?いつまでも持っててOK?


ところで、そもそもお守りってずっと持っていていいものなのでしょうか?お守りのパワーがなくなってしまうのかなど、気になりますよね。

そこでまずは、お守りの効果に期限はあるのか?処分するべきタイミングはいつなのかについて確認してみたいと思います(^O^)

 

お守りの期限


お守りの効果がある期限は、1年ほどだと言われています。お守りも外界の気にさらされ続けると汚れ、効力が薄まってしまうからです。


 
あくまで目安ではありますが、お守りは1年くらいで処分するのがいいでしょう.

※ちなみにこの処分という言葉は相応しくなく、返納お返しするといった言葉が使われます。

スポンサーリンク

もし古いお守りを持っていると


お守りは初詣で毎年購入したり、人から貰ったりするので、いつの間にか古いものや、複数の神社やお寺のものを溜めこんでしまっているものですよね。

実はこういった状態で新しいお守りを購入しても、効果を得ることはできないんです。それどころか逆に陰の気を発してしまうと言われています(+o+)

つまり最大の効果を得る為には、古いお守りを返納してから新しいお守りを購入する必要があるんです!

 

お守りの返納方法は?


一年の間持っている人を守り、パワーを送ってくださったお守りは、そのことに感謝して返納することが大切なのですね。

では次に、その返納の仕方について確認していきましょう。

 

基本の返納方法


  • お守りを頂いた神社、お寺に返納する

これが基本のお守りの返納方法です。


 
神社やお寺には、お守りを返納する為の専用の箱が設置されていることが多く、定期的にお焚き上げを行っています。お焚き上げとは、敷地内でかがり火を焚き、お守りを燃やしてくれる作法のことです。

ちなみに神社やお寺で燃やすなら、自分で燃やしてもいいかな?と思う方もいるかもしれませんが、一般的にこれは厳禁とされています。火事の可能性もあるので、やめておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

もしも遠方のものなら


お守りは頂いた神社、お寺に返納するのが基本ですが、旅先でお土産に購入したものや、貰ったものの場合その神社やお寺には遠くて行けないという場合もありますよね。

そんな時は近所の神社、お寺に返納しても問題ありません。

※ほとんどの場合、返納専用の箱の隣にお賽銭入れが設置されています。お賽銭はお守りを購入した同等額を入れるのが基本だと言われますが、そこは個人の判断でお守りの返納を受け付けてくれる感謝料としてお納めするといいでしょう。

 

どんど焼き


引用元:https://youtu.be/pLR9mdns85M

全国で行われている小正月(こしょうがつ・1月15日もしくは14~16日の三日間をいいます)の行事で、門松、しめ縄などを神社で燃やします。この時、お守りや古いお札を一緒に火にくべて焼きます。

ほとんどが1月15日に行われていますが、14日や16日に行う地域もあるようです。

門松、しめ縄などを神社の境内に組んだ櫓や小屋の上に掛け積み、火を燃やすのですが、この時立ちのぼる煙に乗って、歳神様が天に戻っていくと言われています。

神社だけでなく、町内会、子供会が主催で田や畑に同じように櫓を組んで、どんど焼きを行う地方もあるようです。

ただ神社によってはお正月の飾り以外は持ち込み禁止になっているところもあるようですので、確認するようにしてくださいね。

 

おススメの方法は?


初詣の時に古いお守りを返納して、新しいお守りを購入し、1年の目標を祈願する

のがおススメです。


 
これなら毎年忘れずに、古いお守りを返納できるかと思います。他に人から貰ったお守りがある場合も、一緒に持って行くといいでしょう。

私は、地元の神社が大晦日の数日前から、お焚き上げをするお札や破魔矢、お守りを境内で回収してくれているので、お守りはきちんと返納するものと知ってからは、毎年大晦日にお参りに行きがてらそこにお返ししています。

合格祈願や安産祈願などの場合は?

受験、出産が終わったタイミングで、返納するといいでしょう。

その時は必ず感謝の気持ちをもって、お返ししましょうね(*^。^*)

スポンサーリンク

神社とお寺は違いますよ!


  • 神社・・・神様を祀っているところ
  • お寺・・・仏様を祀っているところ

この違いがあるので、神社のお守りをお寺に返納したり、お寺のお守りを神社に返納するというのは失礼にあたります。

ただ見た目だけではどちらのお守りか、判断が難しいですよね。そんな時は、お守りそのものや、ついている飾りに神社やお寺の名前が書いてあるはずなのでそれを確認してみてください(^O^)

  • 神社の場合→『○○神社』 『○○大社』 『○○神宮』
  • お寺の場合→『○○寺』 『○○寺院』
といった感じです。

また、お寺は宗派が違うと失礼にあたる場合があるので、調べてから返納するようにしましょう。

 

どうしても頂いた神社やお寺に返納したいなら


郵送でお守りを返納することが可能です。

この時返納金を同封するのが一般的ですが、その場合は、現金を普通郵便などで送ると法律違反になります。必ず現金書留か定額小為替を利用しましょう。

お守りと返納金、挨拶も添えて、それから宛名のところに『お焚き上げ希望』と書きましょう。

宛名については『○○神社 社務所御中』『○○寺 寺事務所御中』など、もし担当、個人名がわかる場合は『○○様』と書きます。

ただ郵送に対応していないところもあるので、事前に必ず確認をとってくださいね。

 

お守りの起源


お守りの起源はとても古く、卑弥呼のいた邪馬台国の時代にあった勾玉もお守りの一種だと言われています。


 
現代のお守りの起源はというと平安時代で、陰陽師が魔除けの護符を袋に入れて首から下げたことが始まりだそうです。

それが一般的になったのは江戸時代で、販売する為に取り扱う神社が増え、ご利益を求めてお守りを購入する風習が広がったと言われています。

 

最後に


いかがでしたか?
【初心者でも分かる】お守りの処分の仕方のベストな方法 でした!

お守りの返納は、神社とお寺の違いさえわかれば、さほど難しくありません。

ご縁があって自分の元へきて、ご利益を授けてくれたお守りですから、きちんと返納したいですね。返納の際は感謝の気持ちを忘れずに!

これが1番大切なことですねヽ(^o^)丿

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました。

201712追記


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ