ぬいぐるみを洗濯しよう!フワフワを保つ方法や乾かし方のコツ

 
UFОキャッチャー、動物園や水族館のお土産、子供のお気に入りなど、部屋を見渡せば大小様々のぬいぐるみだらけ!というご家庭も多いのでは?

私も子どもの頃からぬいぐるみが好きで、今でも部屋の中にはぬいぐるみがたくさんあります。さすがに抱っこしたりはしませんが、飾っているだけでもホコリが溜まって汚くなるんですよね…汗

そこで気になるのが洗濯の仕方はないでしょうか。


SPONSORED LINK

洗濯機に入れちゃっていいのかな・・型くずれとかする??汚いけど、洗うのはめんどくさそう……と私も思っていたんですが、実は

ぬいぐるみはわりと簡単に洗えるんです!

という訳で、今回はぬいぐるみの洗い方について、水洗いの方法はもちろん、水を使わない洗い方などについてもご紹介します。

ぬいぐるみってどうやって洗ったらいいの?とお困りの方は、是非チェックして下さいね(*’▽’)
 

ぬいぐるみは家庭で洗える?


ぬいぐるみは家庭で洗えるものと、洗えないものがあります。どちらなのか判断するためにまずは、洗濯絵表示を確認しましょう。

洗濯絵表示が、
  • 洗濯機マーク、手洗いマーク
    →家庭で洗えます。
  • 水洗い不可マーク、ドライマーク
    →基本的に水洗いがNGなので家庭で洗うのは難しいでしょう。

 

家庭で洗えないぬいぐるみは?


  • 動くタイプなど機械が入ったぬいぐるみ
  • 人工皮革のぬいぐるみ
  • 中綿素材がポリエステル・ビーズ・パイプ以外のぬいぐるみ
  • 水で色落ちするタイプのぬいぐるみ
  • 頭や腕が接着剤でくっつけられているぬいぐるみ
 

水で色落ちするか確かめる方法は?


ぬいぐるみが水で色落ちするかどうかは、見ただけではわかりませんよね。それを確かめる方法は簡単です。

白いタオルを水に濡らし、ぬいぐるみの表面を軽く叩くだけ。

ただ体の部分だけでなく、目や鼻、口など色落ちが疑われる部分は全て、ポンポンと濡らしたタオルで叩いてみましょう。

もしタオルに色がついた場合は、色落ちするので水洗いはできません。初めて洗うぬいぐるみは、一応確認した方が安心ですよ。

SPONSORED LINK


ぬいぐるみの洗い方と洗う際の注意点

 
ぬいぐるみをキレイにする方法は、大きくわけて4種類あります。
こちらでは
  1. 手で洗う方法
  2. 洗濯機で洗う方法
  3. ぬいぐるみを拭いてキレイにする方法
  4. 水を使わずにぬいぐるみをキレイにする方法
 
この4種類について、それぞれご紹介します。

 

1.手で洗う方法


※ぬいぐるみは型くずれしやすいので、基本は手洗いしましょう。
 

 
■ぬいぐるみを手で洗う手順

  1. ぬいぐるみについている付属品(チェーンなど取り外しできるもの)を外す
  2. エチケットブラシなどで表面のホコリを落とす
  3. 洗面器やバケツに水を入れ、中性洗剤を入れる(水4Lに対して洗剤10ml)
  4. ぬいぐるみを2.の中に浸して、軽く押し洗いする
  5. 洗剤入りの水を捨ててキレイな水と入れ替え、押し洗いするようにすすぐ
  6. 泡が出てこなくなるまで、2~3回すすぐ
  7. 洗面器やバケツに柔軟剤と水(またはぬるま湯)を入れ、ぬいぐるみを20~30分つける
  8. ぬいぐるみを手で軽く絞る
  9. バスタオルでぬいぐるみを包み、水分をしっかり吸わせる
  10. 新品の歯ブラシなどを使い、ブラッシングしながらドライヤーをかける
 

 
■洗剤について
 
室内にかざっているぬいぐるみの汚れは、ほとんどがホコリによるものです。そのため中性洗剤で落とすことができます。

ただ抱いて眠ったり、よく触れるぬいぐるみには皮脂や汗がついているので、皮脂汚れがよく落ちる固形石鹸や粉洗剤を使うようにしましょう。

汚れがひどい部分は洗剤の原液をつけて、シミのある部分にはシミ専用の洗剤か、液体酸素系漂白剤をつけて洗うのがおすすめです。

 
■脱水を洗濯機で行う場合は?

ぬいぐるみの数が多い場合、時間がない場合は、洗濯機で脱水を行うという方法もあります。

方法は簡単で、手洗いして軽く絞ったぬいぐるみをタオルに包んで洗濯ネットに入れ、10秒ほど洗濯機で脱水するだけです。脱水時間が長くなるとぬいぐるみが傷むので、できるだけ短い時間で終わらせるようにしましょう。

ただ洗濯機を使うとぬいぐるみが型くずれする可能性があるので、できるだけ使わないことをおすすめします。

SPONSORED LINK


2. 洗濯機で洗う方法


繰り返しになりますが、洗濯機で洗うとぬいぐるみが型くずれする、あるいは傷む可能性があります。そのため基本は、手洗いをおすすめします。ただそれが難しい場合、あるいは洗濯機OKのぬいぐるみの場合は、下の方法で洗濯しましょう。


 
■ぬいぐるみを洗濯機で洗う手順

  1. 汚れがひどい部分に中性洗剤を原液のままつける
  2. タオルでぬいぐるみを包み、洗濯ネットに入れる
  3. 手洗い(ウール)・ドライマーク専用コースか、弱水流で2~3分回す

 

ぬいぐるみのふわふわ感を保つコツは?


ぬいぐるみの魅力はふわふわ感ですよね。種類にもよりますが、手触りや顔を埋めた時のもふっ、ふわっとした感触に癒される!という方が多いのではないでしょうか?

このふわふわ感がぬいぐるみを水洗いしたことでなくなってしまうと、悲しいですよね。そうならないために、ぬいぐるみのふわふわ感を保つコツを知っておきましょう。
 
■水洗いをする前にブラッシングする
 
ぬいぐるみの毛が絡まっていると、そこにホコリや汚れなどが溜まり、なかなか落ちてくれません。同じ理由で洗剤や水分も落ちにくくなるため、すすぐ時も乾かす時も時間がかかります。

そうすると型くずれや傷みが起こりやすくなるので、水洗いをする前にエチケットブラシなどでブラッシングをしてある程度のホコリや汚れを落とし、毛の絡まりがない状態にしておきましょう。
 

■柔軟剤を使用する
 
タオルや衣類と同じように、ぬいぐるみも柔軟剤を使うとふんわり仕上げることができます。

手洗いの場合は柔軟剤に20~30分つけること、洗濯機で洗う場合は二層式洗濯機であれば、すすぎの段階で柔軟剤を入れるようにしましょう。

 
■水分はしっかり取る
 
ぬいぐるみに水分が残っているとカビが生えたり、型くずれする恐れがあります。更にふわふわ感がなくなり、硬くなってしまうこともあるので、水洗いした後はしっかり乾かして水分が残らないようにしましょう。

乾かす時は濡れたまま放置するのではなく、外に干すか、ドライヤーを使うことをおすすめします。

というのも私は1度白いぬいぐるみの頭のてっぺんが黒くなったことが気になって、ハンドソープで簡単に洗ったことがあるのですが、その後机に置いておけばそのうち乾くだろうと放置したんです。

しばらくして洗った部分を触ってみると、ゴワゴワになったうえに、変な癖がついて戻らなくなってしまいました(T_T)

このように勝手に乾くだろうと濡れたままぬいぐるみを放置すると、ふわふわ感がなくなる可能性があるので、放置はしないことをおすすめします。

SPONSORED LINK


3.ぬいぐるみを拭いてキレイにする方法

 
ぬいぐるみは水洗いすると、乾くまで時間がかかります。濡れたまま放置しているとカビが生える恐れもあるため、洗った後はできるだけ早く乾かす必要がありますが、天気の関係もあるのでなかなか大変ですよね。

そこでおすすめなのが、ぬいぐるみを拭いてキレイにする方法です。まずはその手順をみてみましょう。
 
■ぬいぐるみを拭いてキレイにする手順

  1. 内側のホコリを叩き出すために、ぬいぐるみを手か布団たたきなどで叩く
  2. エチケットブラシなどで表面のホコリを取り除く
  3. 標準使用量の半量の中性洗剤を水に溶かし、タオルに含ませて固く絞る
  4. 3.でぬいぐるみ全体を丁寧に拭き取る
  5. キレイな水に浸し固く絞ったタオルで、ぬいぐるみを拭く
  6. 5.を2~3回繰り返し、ぬいぐるみについた洗剤をキレイに拭き取る
  7. 乾いたタオルで、ぬいぐるみの水気をしっかり拭き取る

この方法なら水洗いのように洗った後で長い時間をかけてぬいぐるみを乾かす必要がないので、忙しい方にピッタリかと思います。ただぬいぐるみの水気をしっかり拭き取った後、1日くらいは外に干して乾かすことをおすすめします。

 

水洗い不要!ぬいぐるみ専用の洗浄商品

 
水洗いせずに除菌・消臭を含めて、ぬいぐるみをキレイにしたい!という方は、ぬいぐるみ専用の洗浄商品がおすすめです。中性洗剤を混ぜたりする手間もかからないので、便利ですよ。

 
・ぬいぐるみのクリーニング屋さん
洗浄・除菌・消臭ができる、スプレータイプの洗浄剤です。スプレーして拭き取るだけなので、簡単にぬいぐるみをキレイにできます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぬいぐるみのクリーニング屋さん
価格:1058円(税込、送料別) (2017/12/31時点)


・ぬいぐるみシャンプーA (エアゾールタイプ)
液だれしない、便利なフォームタイプの洗浄剤です。除菌・消臭もできて、風合いを損なわずにぬいぐるみをキレイにできます。

※ちなみに

私は部屋にあるぬいぐるみを洗ったことはほぼありませんが、ホコリが溜まるのは気になるので、たまにフローリング用のドライシートで拭いています。ドライシートは元々ホコリや髪をキャッチしてくれるものなので、ぬいぐるみについたホコリもよくとれるんです。

目や鼻など細かい部分は、綿棒を使ってキレイにします。

あとはパソコンの掃除に使っているブロアーでホコリを飛ばしたり……これでもけっこうキレイになりますよ。この方法はものすごく汚れたぬいぐるみをキレイにできる訳ではありませんが、ちょっとしたお手入れには使えるので試して頂けたらと思います(*^^*)

 

4. 水を使わずにぬいぐるみをキレイにする方法


水洗いができないぬいぐるみや、型くずれが気になる場合、短時間で済ませたい場合などは、水を使わずにぬいぐるみをキレイにする方法がおすすめです。こちらで2つの方法をみてみましょう。
 
■除菌スプレーやハウスダスト除去スプレーを使う方法

こちらは1番手軽な方法です。ただ汚れを落とすことはできないので、簡単なお手入れに利用することをおすすめします。


 
■手順
  1. ぬいぐるみを軽く叩いて、ホコリを叩き出す
  2. 30cm以上離して、除菌スプレーかハウスダスト除去スプレーをする
  3. 外に干して乾かす
  4. 取り込んだぬいぐるみに掃除機をかけてホコリを吸い取る
 

■重曹を使った方法

重曹は弱アルカリ性の粉末で、酸性の油汚れや皮脂汚れを中和させて落とす力があります。またしつこい汚れを優しく落とすクレンザーとしての効果や、消臭効果もあるので、水を使わずにぬいぐるみをキレイにすることができます。

■手順
  1. ポリ袋にぬいぐるみを入れ、重曹をふりかける
  2. 全体に行き渡るように、細かい部分は揉み込む
  3. 空気が入って膨らんだ状態のポリ袋の口をしっかり縛る
  4. ぬいぐるみ全体に重曹を馴染ませるように、ポリ袋を上下左右に振る
  5. 30分ほど放置する
  6. ポリ袋からぬいぐるみを取り出し、軽く叩くようにして重曹を落とす
  7. 最後に掃除機で細かい部分の重曹を吸い取る

※注意

ポリ袋からぬいぐるみを取り出すと、周囲に重曹が飛び散る恐れがあります。あらかじめ新聞紙を敷いておくか、玄関やベランダなど飛び散った重曹を後で簡単に掃除できる場所で取り出すようにしましょう。
 

洗ったぬいぐるみの乾かし方は?

 
ぬいぐるみは濡れたままだとカビが生えたり、ふわふわ感がなくなったりする恐れがあります。そのためぬいぐるみを水洗いした後は、しっかり乾かすことが大切です。

こちらでは洗ったぬいぐるみを乾かす時のコツについて、ご紹介します。

 

ぬいぐるみを洗った後はブラッシングしながらドライヤーをかける

 

ぬいぐるみを内部までしっかり乾かすには、2~3日、あるいはそれ以上かかる場合があります。乾くまで時間がかかってしまうと、カビが生える可能性もありますから、できるだけ短い時間で乾かすことが重要です

乾くまでにかかる時間を少しでも短縮するためには、ぬいぐるみを洗った後、タオルで包んで水分をしっかり吸わせましょう。


 
その後に新品の歯ブラシなどを使ってブラッシングし、形を整えながらドライヤーをかけます。小さなぬいぐるみなら、これでほとんど乾くはずです。あとは風通しの良い日陰に吊るすか、置き干ししましょう。

 

干す向きを何度か変える

 

吊るす場合も、置き干しする場合も、干している途中で何度か向きを変えると乾くまでの時間を短縮できます。最初上向きに干したなら、次は下向きに干す、といった感じです。

触った時に乾きが遅い部分がわかった場合は、その部分が下になるように干しましょう。

※注意

直射日光にはあてない
ぬいぐるみを直射日光が当たる場所に干すと、変色する可能性があります。そうならないように、ぬいぐるみは直射日光が当たらない場所に干すようにしましょう。
 

洗濯機に入りきらない大物を洗う方法は?


バケツや洗濯機に入らないほど大きなぬいぐるみは、どうやって洗ったらいいの?と悩んでしまいますよね。そういった大きなぬいぐるみをキレイにする方法は、2つあります。

浴槽で手洗いする


まず1つ目は、浴槽で手洗いするという方法です。いくら大きなぬいぐるみでも、浴槽になら入るものがほとんどなのでしょうか。

お風呂の浴槽で洗うなら、水、またはぬるま湯でぬいぐるみを全体的に濡らして、固形石鹸などで洗いしっかりすすぐ、という方法がおすすめです。残り湯は雑菌の繁殖つながるので使用しな方がいいですよ。

ただ、浴槽に入るからといっても、あまりに大きいぬいぐるみは、洗うだけなら何とか頑張れても、水を含んでものすごく重くなった状態を自力で脱水するのはかなり大変!

そして、それが中までしっかり乾くまで数日間干しておく場所も必要…と、ぬいぐるみの大きさによっては現実的でない場合もありますね。

そんな場合は、次にご紹介する方法でお手入れすることになります。

 

専門店にお願いする


大きなぬいぐるみは実際、洗うのも、乾かすのも時間がかかって大変です。短時間で乾かすのが難しいため雑菌の繁殖やカビの発生の危険がありますし、型くずれや傷む可能性もあるので、専門店にお願いすることをおすすめします。

ぬいぐるみの洗浄だけでなく、修理や点検を行ってくれるお店もあるので、ネットで検索してみましょう。

・ぬいぐるみクリーニングのデア

専門店なので、大切なぬいぐるみも安心して任せられます。洗浄以外にぬいぐるみの修理なども行って貰えますよ。
(HPはこちら
 

最後に


いかがでしたか?今回はぬいぐるみの洗い方について、ご紹介しました。
ぬいぐるみをキレイにする方法は

  1. 手で洗う方法
  2. 洗濯機で洗う方法
  3. ぬいぐるみを拭いてキレイにする方法
  4. 水を使わずにぬいぐるみをキレイにする方法

以上の、4つあります。

ぬいぐるみは型くずれなどの可能性があるので、手洗いが基本です。汚れがひどい状態だと洗ってもなかなか落ちないので、普段からホコリを払ったり、軽く拭くなどお手入れをしておくといいですよ。

洗った後は乾くまで時間がかかるので、なるべく天気がいい日を選んで洗濯するようにしましょう。私もほぼ洗ったことがない部屋のぬいぐるみを、この機会にしっかり洗濯したいと思います(*^-^*)

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ