ノロウイルスの消毒法を知って感染予防!状況別の正しい方法とは?

 
下痢・嘔吐が主な症状の感染性胃腸炎、その原因となるノロウイルスへの感染はなんとか防ぎたいですよね。

何度か感染性胃腸炎にかかったことがある私も、どうにかして防げないものかと思うのですが、よく聞く感染源の牡蠣は大好物なんです…だから全く食べないというのは拷問のようなもので(;´Д`)

それにノロウイルスは、牡蠣だけが感染源ではありません。感染を防ぐためには、状況に合ったノロウイルスの消毒を行うことが大切なんです。

でもどうやって消毒すればいいのか正しい方法をご存知の方は少ないのではないでしょうか?


SPONSORED LINK

そこで今回は、ノロウイルスの感染を防ぐための消毒方法について調べてみました。

もう二度とノロにはかかりたくない!という人や、周囲でもうノロウイルスが流行していて、なんとか感染を防ぎたい!と思っている人にもきっと役立つと思いますので、是非チェックして下さいね(*^-^*)

 

ノロウイルスに効果のある消毒方法


ノロウイルスはアルコール消毒しても意味がない!というのが、2015年頃までの常識でした。しかし2015年6月頃から、厚生労働省はアルコール消毒も一定の効果を認める、と変更しています。

ただノロウイルスのアルコール消毒剤に対する抵抗力が高いのは、確かなようです。

ウイルスはその構造から、脂肪・タンパク質・糖タンパク質からできている膜「エンベロープ」があるものと、ないものに分けられます。

この「エンベロープ」は脂質に作用するもので壊れやすく、「エンベロープ」のあるウイルスはアルコール消毒剤からダメージを受けやすいとされています。

逆に「エンベロープ」がないものは、アルコールの消毒剤が効きにくい傾向があります。この「エンベロープ」がないウイルスを「ノンエンベロープウイルス」と呼び、この中のひとつがノロウイルスです。

この構造上、ノロウイルスはアルコール消毒に強いとされているんですね。

ノロウイルスにも効果を発揮するアルコール製剤

ノロウイルスに対する効果が認められている、アルコール製剤もあります。次亜塩素酸ナトリウムが使えないものに対しては、こちらが便利です。

ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー
ノロウイルス、インフルエンザ、食中毒にも高い除菌効果を発揮する除菌スプレーです。食品添加物で組成されているため、キッチン道具などにも安心して使えます。

アルタンノロエース
エタノールと柿渋エキスの力でノロウイルスの除菌を実証したという、広島大学との共同研究で開発されたアルコール製剤です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルタン ノロエース 500ml 10120009
価格:1036円(税込、送料別) (2017/8/31時点)


 

ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウム!


アルコール消毒に強いノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒が効果的です。次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用塩素系漂白剤に含まれています。

ただ次亜塩素酸ナトリウムは
  • 金属を腐食させる
  • 漂白作用により衣類が色落ちする
  • 刺激が強く、手や指の消毒には使えない

などのデメリットがあります。
ノロウイルスに絶大な効果を発揮する次亜塩素酸ナトリウムですが、上の3点には注意しましょう。

SPONSORED LINK


次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒液の作り方


次亜塩素酸ナトリウムは市販のハイターやブリーチなど、家庭用塩素系漂白剤に含まれています。こちらでは濃度約5%のハイターやブリーチなどの家庭用塩素系漂白剤を使った、消毒液の作り方をみてみましょう。

 

濃度によって用途が変わるため、2つの濃度の消毒液の作り方をご紹介します。

  • 濃度200ppm(0.02%)の消毒液

これはドアノブ、手すりなど感染者が直接触れた場所や、調理器具などの消毒に使用する消毒液です。

■作り方
  • 家庭用塩素系漂白剤:10ml(500mlのペットボトルのキャップ2杯分)
  • 水:2.5 ℓ(500mlのペットボトル5本分)
以上を混ぜ合わせます。

 
  • 濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液

これは嘔吐したものや便などが直接付着した場所などを消毒する時に使用する消毒液です。

■作り方
  • 家庭用塩素系漂白剤:10ml(500mlのペットボトルのキャップ2杯分)
  • 水:0.5 ℓ(500mlのペットボトル1本分)
以上を混ぜ合わせます。

作った消毒液は、100円ショップなどで購入できるスプレー容器に入れて使うと便利です。

※消毒液を作る時・使用する時の注意点

  • 塩素ガスが発生する場合があるので、窓を開けるなど換気をしっかり行う
  • 刺激が強いので、手や指の消毒には使用しない
  • 消毒液を作る、使用する時は、マスクとビニール手袋をする
  • 漂白作用があるので、色落ちが気になる衣類などには使用しない
  • 金属を腐食させる作用があるので、金属には使用しない、あるいは使用後しっかり水拭きする
  • 塩素は日光で分解するので、直射日光があたる場所や高温の場所には保管しない
  • 消毒液の効果は時間の経過と共に落ちるため、基本的に使い切るようにする

SPONSORED LINK


状況別・ノロウイルスの消毒方法

 
ノロウイルスの消毒方法は、状況によって変わります。
こちらでご紹介するのは


以上、7つです。

実際、全て書かれた通りに実行するのは難しい場合も多いとは思いますが、それぞれのポイントを知っておくことは大変おすすめです。

それでは早速、状況別のノロウイルスの消毒方法についてみていきましょう。上の一覧のリンクから各項目に直接飛べますよ(*^^*)

 

7.嘔吐があったときには?その処理と消毒方法


ノロウイルスは、感染者の便や嘔吐物に最も多く存在するといわれています。まずは、二次感染の可能性が一番高いと思われる、嘔吐物の処理をするときの消毒についてみていきましょう。

ノロウイルスに感染した人が突然嘔吐した場合、感染を拡大させないためにも嘔吐物はできるだけ早く片付ける必要がありますが、だからといって素手で片付けるのはNGですし、ただ拭き取るだけでは感染予防になりません。

私が初めてノロウイルスにかかった時は、何の知識もなくほぼ無防備で処理したために、即・感染してダウンしました( ;∀;)そして消毒も不十分だっために家族全員、すぐにもれなく感染…あの時は本当に大変でした~・涙

 

ではノロウイルスに感染した人が嘔吐した場合の、嘔吐物の処理と消毒方法についてご紹介します。

準備するもの

  • 使い捨て手袋(2枚)
  • マスク
  • エプロン
  • シューズカバー
  • ゴミ袋2枚
  • ペーパータオル

片付ける人の準備

嘔吐物を片付ける人は1人にしぼり、それ以外の人は立ち入り禁止にしましょう。片付ける人は手袋を2枚重ねでつけて、マスク、エプロンも着用します。足元から感染する場合もあるので、使い捨てのシューズカバーも装着しましょう。

私はシューズカバーなるものを知らなかったのですが、↓のような品物だそうですね。衛生管理以外にも色々使い道があるようで便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Clean Bell’s 不織布シューズカバー 100枚入 #7050 ブルー …
価格:1279円(税込、送料別) (2017/9/1時点)


嘔吐物の処理と消毒の手順

  1. 嘔吐物を片付ける場所は窓を開けるなど、換気する←忘れがちですが、とても大切なので必ず行ってください!
  2. 嘔吐物を外側からペーパータオルで覆う
  3. 嘔吐物と同じ量の濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液を静かに注ぐ
  4. ペーパータオルで嘔吐物を外から内に向けて静かに取り除き、ゴミ袋の中に入れる
  5. 濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液に浸したペーパータオルで、シューズカバーの表面・底面の汚れを拭き取る
  6. シューズカバーの汚れを拭き取ったペーパータオルをゴミ袋に入れる
  7. 濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液をゴミ袋の内容物がまんべんなく濡れるくらいに入れる
  8. ゴミ袋の口をしっかりしばり、もう1枚のゴミ袋に入れる
  9. 嘔吐物を取り除いた床をペーパータオルで覆い、上から濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液をそそぐ
  10. 壁には濃度1,000ppm(0.1%)の消毒液に浸したペーパータオルを貼り付ける
  11. 10分程度おいた後に新しいペーパータオルで拭き、その後に水拭きする
  12. 使ったペーパータオルはゴミ袋に入れ、口をしっかりしばりゴミとして処分する
  13. 処理後は手洗いを丁寧に2回行い、うがいも行う
 
※注意点
嘔吐物はおよそ半径2m、高さ1.6mくらいの広範囲に飛び散ると言われています。そのため嘔吐物が広がっている場所のみを消毒するのではなく、広範囲を消毒する必要があります。消毒する時は床の場合は外から内に、壁の場合は上から下に向かって行いましょう。

また、消毒しきれずに残ったウイルスは、乾燥すると空気中に舞い感染を拡大する恐れがあるので、処理中のみならず処理後も換気を徹底してください。

 
便利グッズはこちら…

●スマートハイジーン 汚物の処理セット
嘔吐物や排泄物を処理する時に必要となる、便利なグッズのセットです。

●スマートハイジーン 嘔吐物固め隊
嘔吐物、排泄物に直接ふりかけると固まり、感染拡大を防ぐ効果が期待できる商品です。

 

1.外から持ち込まれるウイルスの消毒方法


外出先から帰って来た時や来客時などは、外からウイルスが持ち込まれないように手洗い・うがいでしっかり消毒しましょう。

正しい手の洗い方

  1. 手首や指につけているアクセサリーなどは全てはずす
  2. 流水で手を洗う
  3. 石鹸かハンドソープを手に取り、しっかり泡立てる
  4. 手の平と手の甲をよくこする
  5. 手を組むようにして、指の間をこするようにしっかり洗う
  6. 手の平の上で指先と爪の間を、1本1本丁寧に洗う
  7. 逆の手を使い、手首をくるくる回すように洗う
  8. 石鹸や汚れを流水でしっかりと洗い流す
  9. 清潔なタオルを使い、水分を残さず拭き取る

※軽く手を洗うだけでは消毒になりません。指先や爪の間、手首など洗い残しがないようにしっかり洗いましょう。流す時も丁寧に。拭き取りも適当に済ませて水分が残ってしまうと、菌が繁殖しやすい状態になるので、水分も残さず丁寧に拭き取るようにしましょう。
 
 
正しいうがいの仕方

  1. 水、またはうがい薬を薄めたものを口に含む
  2. 口の中をゆすいで吐き出す
  3. もう1度水か、うがい薬を口に含む
  4. 上を向き、15秒くらいガラガラとうがいをして吐き出す
  5. 3~4をもう2~3回繰り返す

※最初から上を向いてガラガラとうがいをすると、口の中のウイルスがのどの奥に流れ込んでしまいます。それを防ぐために、まずは口の中をゆすぎ、その後でうがいをするようにしましょう。
 
 
すぐに手を洗えない時は
 
外出先などですぐに手を洗えない時は、消毒用エタノールで手や指を消毒しましょう。流水と石鹸による手洗いと同じ効果が得られる訳ではありませんが、少しでも感染のリスクを減らすために行うことが勧められています。
 
●手ピカジェル プラス
手や指の洗浄・消毒に便利な消毒用アルコールジェルです。持ち運ぶなら60mlタイプがおすすめです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手ピカジェルプラス(60mL)【手ピカジェル】
価格:518円(税込、送料別) (2017/9/20時点)

 

2.食べ物の消毒方法


ノロウイルスは特に
  • 牡蠣
  • アサリ
  • シジミ
  • ハマグリ
などの二枚貝を生で食べる、あるいは加熱が不十分な状態で食べると感染する場合があります。そのため二枚貝の生食は可能な限り避けて、85~90℃で90秒以上加熱し、中心部分までしっかり火を通してから食べましょう。

ただノロウイルスは二枚貝以外でも感染が確認されているので、できるだけ感染のリスクを減らしたいという方は刺身や寿司などの生ものも控えることをおすすめします。

※他の食べ物も注意!

カット野菜や和え物、おひたし、ポテトサラダなども感染の恐れがあるとのことですから、
  • 低温で保存する
  • できるだけ早く食べる
といったことを心がけましょう。

SPONSORED LINK


3.調理台や調理器具の消毒方法

 

調理台や調理器具を介して、ノロウイルスに感染する可能性もあります。調理する時は手を洗い、食材に直接触れないように使い捨ての手袋をすることも大切ですが、調理台や調理器具の消毒も忘れてはいけません。

  • まな板
  • 包丁
  • ヘラ
  • 食器
  • ふきん
  • タオル
など調理する時に使うものは、85℃以上の熱湯で1分以上加熱しましょう。特にまな板、包丁は様々な食材に接触する機会が多いので、消毒はしっかり行う必要があります。

 

まな板の場合は、熱湯を十分にかけて消毒しましょう。包丁は刃の部分だけでなく、刃を差し込んである根元の部分が菌の巣となりやすいので、忘れずに熱湯消毒しましょう。
 
  • 「次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒液の作り方」でご紹介した、濃度200ppm(0.02%)の消毒液でも消毒できます。

消毒液を使うなら
  • 調理器具は消毒液に10分程度つけ置きし、その後流水で十分にすすぐ
  • 調理台は消毒液をたっぷりと染みこませた布で拭いた後、10分程度おいてから水拭きする
という方法がおすすめです。

また、次亜塩素酸ナトリウムが使えないキッチンや道具には、これまた先にご紹介した、食品添加物で作られているジェームズマーティン フレッシュサニタイザーがおすすめですよ。


 

4.家の中の掃除の際の消毒(床掃除や洗面所、トイレなど)

 
 
床や洗面所、トイレ、ドアノブや手すりなどの消毒には、濃度200ppm(0.02%)の消毒液を使います

家の中を消毒する時は
  1. スプレー容器に、濃度200ppm(0.02%)の消毒液を入れる
  2. 消毒したい場所にスプレーする
  3. 10分程度放置してから、清潔な布で水拭きする

という手順で行いましょう。

ノロウイルスの感染を防ぐためには、感染者が触れた場所を残さず全て消毒する必要があります。
特にトイレは感染拡大の原因となりやすいので、日頃から清潔に保つことが大切です。
  • 便座
  • フタ
  • ペーパーホルダー
  • スイッチ類
  • レバー
  • ドアノブ
など、ウイルスが付着する可能性のある場所は、全て消毒しましょう。

ただ次亜塩素酸ナトリウムは、金属を腐食させたり、漂白作用により色落ちを引き起こす可能性があるというデメリットがあります。

そのため金属や布製品などへの使用はあまりおすすめできません。次亜塩素酸ナトリウムが使用できない場所の消毒には、「ノロウイルスに効果のある消毒方法」でご紹介した、ノロウイルスにも効果を発揮するアルコール製剤が便利ですよ。

 

5.おもちゃの消毒


手で触れたり、直接口に入れることもあるおもちゃは、感染の原因になる可能性があります。

おもちゃの消毒は、
  1. 水洗いする
  2. 濃度200ppm(0.02%)の消毒液に10分間つけ置きする
  3. 水でよく洗い流す

という手順で行いましょう。

ただサビる、色落ちするなどの素材の場合は、85℃以上の熱湯に1分間以上浸して消毒するという方法もあります。

 

6.衣類の消毒方法


嘔吐したもので衣類が汚れた場合、処理に困りますよね。私の場合はもう諦めて捨てるのですが、高価な服やお気に入りの服はそうもいきませんよね。

ただ他の衣類と一緒に洗濯機で洗うのは、その衣類や洗濯槽にノロウイルスが付着し感染が拡大する可能性があるのでNGです。

嘔吐したものが付着した衣類は、以下の手順で消毒、洗濯しましょう。
  1. すぐに洗えない時は、一時的にビニール袋に入れておく
  2. 嘔吐したものの上にペーパータオルをかぶせる
  3. 濃度200ppm(0.02%)の消毒液を2の上にスプレーする
  4. かぶせたペーパータオルで嘔吐したものを丁寧に取り除く
  5. 洗剤と水をバケツに入れ、その中で静かに衣類をもみ洗いする
  6. 500mlの水に塩素系漂白剤5mlを混ぜ、5~10分程度つけ置きする(色落ちする衣類は85℃以上の熱湯に1分30秒以上浸す)
  7. 水で十分にすすいで、乾燥機で高温乾燥させる(乾燥機がない場合は通常通り、洗濯機で洗濯する)
  8. 使ったバケツやその周辺を濃度200ppm(0.02%)の消毒液で消毒する

 

最後に


いかがでしたか?今回は状況別のノロウイルスの消毒方法をご紹介しました。

ノロウイルスはアルコール消毒剤に対する抵抗力が高いため、基本的には熱湯消毒か、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒液で消毒することになります。

熱湯の場合は火傷に、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒液の場合は換気をすることなどに注意しましょう。また消毒する時は、使い捨ての手袋やマスクなどを装着し、自分を感染から守ることを忘れてはいけません。特に嘔吐物を片付ける時、足元が疎かになりやすいので、シューズカバーの利用も重要です。

ノロウイルスの感染は予測できないので、突然嘔吐した場合も落ち着いて対処できるように、普段から必要なものを準備しておくことが大切です。処理方法などはシミュレーションしておくといいかもしれません。

私も未だに吐くとあたふたしてしまうので、落ち着いて処理できるようになりたいと思っています(^_^;)というかまずは予防したいので、毎日の掃除、消毒を徹底することから始めたいと思います!

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ