うなぎの栄養効果!夏バテや疲労回復に効くのは本当?

 
夏のスタミナ料理といえば、焼肉やバーベキューなんかもありますが、やっぱりうなぎですよね!

土用の丑の日に食べるうなぎを毎年楽しみにしている方も多いのでは?(私もその一人です)

ですが、先日、土用の丑やうなぎを食べる由来になどについての記事を書いたとき、土用の丑に食べるのはうなぎじゃなくてもいいということを知りまして…

(※土用の期間中に「う」がつく食べ物を食べることが体にいい!とされる風習が元になっているので、うなぎだけではなくて、うどん・牛・梅干しなどでもOKなのだそうです)

うなぎは確かに超美味しい!大好きだし食べたい!…でも正直高い!!家族全員分となると結構な出費です<(; ̄ ・ ̄)=3 うなぎじゃなくてもいいかも・・・うどんだったら超お安くあがるじゃん!

でもなー…

それでもやっぱりうなぎに未練たらたらな私は今回、うなぎを食べる健康効果やメリットを知って堂々と?うなぎを食べるために、うなぎの栄養効果について調べてみました♪

夏バテや疲労回復にいいとは言うけれど、それって本当?うなぎにはどんな素晴らしい栄養効果があるの?

さっそく見てみましょう♪


SPONSORED LINK


うなぎは本当にスタミナ食材なのか?


うなぎは本当にすっごいヤツでした…夏のスタミナ食材として何百年も君臨し続けているという事実があるのにも関わらず、疑ってすいませんでしたーm(。≧Д≦。)mスマーン!!

うなぎは、体を元気にする栄養素がモリモリの、正真正銘スタミナ食材でした!

うなぎには、私たちがあえてサプリメントを利用してまで摂っているような栄養成分が豊富に含まれています。ここからはその代表的なものについて、

  1. 豊富なビタミン類!
  2. 更に注目の健康成分も!
  3. うなぎのヌルヌルにも健康パワーが!

の順でご紹介します。

 

うなぎに含まれる栄養


とっても栄養豊富なため、一覧がちょっと長くなります。うなぎに免じてお許しくださいm(__)m笑

1.豊富なビタミン類!


●ビタミンA

【効果】
  • 目の働きを助ける
  • 免疫力アップ
  • 動物性ビタミンA(レチノール)はコラーゲンを増やす→アンチエイジングに効果

まず特筆すべきはビタミンAの多さです!なんと蒲焼たった一枚で、成人が一日に必要とするビタミンAが摂れてしまいます。

ただ、ビタミンAは動物性であるレチノールと、植物性であるカロテンとがあり、うなぎに含まれるビタミンAは、動物性のレチノールです。特にこのレチノールは摂りすぎると過剰症を引き起こす可能性があるので、体にいいから!と蒲焼を何枚も一気に食べたり、毎日毎日うなぎ三昧なんてことはしないでください。多分誰もしないけど…


SPONSORED LINK


●ビタミンB1

【効果】
  • 糖をエネルギーに変えるために必須の成分→摂取すると代謝アップ!
  • 体に乳酸を溜めにくくする→疲れがたまりにくい

魚介類でトップクラスの含有量!このビタミンB1の効果は夏の疲れに効きそうですね♪

 
●ビタミンB2

【効果】
  • 皮膚や粘膜の再生・回復を助ける→美肌効果

強い紫外線で肌がダメージを受けやすい夏には、これまたピッタリですねv(。・ω・。)

 
ビタミンD

【効果】
  • カルシウムの吸収をたすける→骨を丈夫にする

最近では強い紫外線の危険性が指摘され、子供でも外へ行くときは日焼け止めを塗っているというお家や、一年中日焼け止めを欠かさないという女性の方も多いと思います。

私も冬以外は日焼け止めを塗っていますが、紫外線にはビタミンDを作る働きがあるので、こうして紫外線を避けすぎてしまうことで、ビタミンD不足が起こる場合があるのです。

紫外線対策をしっかりしている、屋内で過ごすことが多いという方はぜひ、ビタミンDを積極的に摂ることをおすすめします。

ちなみにうなぎにはカルシウムも含まれているので両方同時に摂取できますよ(>▽<)bナイス!

 
●ビタミンE

【効果】
  • 活性酸素による体の酸化を防ぐ(抗酸化作用)
  • 血流の促進

強い紫外線を浴びると、人の体は防御反応として活性酸素を作ってしまいます。活性酸素が増えすぎると体が酸化し、老化や病気を引き起こすことは有名ですが、紫外線が強い夏は特にこの活性酸素ができやすい時期といえます。

ビタミンEの抗酸化作用はそんな夏にぴったりのお助け成分ですね!

ビタミンEは脂溶性なので油分と一緒に摂取すると吸収が良くなります。うなぎには油分が豊富に含まれているのでその点もバッチリ。

ただ、ビタミンEはその働きを助けるビタミンCと一緒に摂るのがベストなのですが、うなぎにはこのビタミンCが含まれていません。なので付け合わせにサラダやフルーツを食べるなど、他食品で補うのがおすすめです♪

あえて野菜や果物も食べさせて、夕飯うな丼オンリー状態を回避させるとは…気が利くな、うなぎ(*TーT)bグッ!


SPONSORED LINK


2.更に注目の健康成分も!


DHA

【効果】
  • 視力回復
  • 血流の改善(赤血球を柔らかくする)

 
EPA

【効果】
  • 血流の改善(血栓ができるのを防ぐ)
  • 血液サラサラ効果はDHA以上。動脈硬化予防に効果大

うなぎの脂にはこれらの健康に良い成分が青魚並みに含まれています。

脂といえば…うなぎの蒲焼って見るからにギラギラ輝いて、脂・のってます!!という感じですよね。

その見た目に、うなぎってオイリーで、高カロリーなんじゃない!?ダイエット的に私、食べるのためらうわ…と思う方がいるかも知れません。

しかし、この脂こそが今注目の不飽和脂肪酸なんです。

つまり、うなぎの脂は、脂は脂でも、健康にとても良い、積極的に摂りたい脂なのです!うなぎよ、あなたはどこまで完璧なんだ…w(*゚o゚*)w

うなぎの脂分

先にご紹介した通り、うなぎの脂はDHAやEPAを豊富に含む不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸にも種類がありますが、DHAやEPAは、オメガ3と言われる種類で、細胞膜を作る材料となる体の健康維持にとても大切な成分ですが、現代人には不足しがちだと言われています。

話題になって店頭から商品が消えたこともあった、エゴマ油やアマニ油と同じ種類。人の体では作られず、食物などから摂取するしか体に取り入れる方法がありません。

そんな嬉しい成分が、うなぎには驚くほど豊富に含まれており、なんと
  • 蒲焼き100g中、約2000㎎以上

成人のDHA・EPAの一日当たりの理想摂取量は1000㎎以上なので、蒲焼きを約50g食べればあっという間にクリアーしてしまいます。

ちなみにその蒲焼き約50gを丼ぶりご飯約240gにのせたうな丼のカロリーは、

蒲焼き(約250㎉)+お米(約400㎉)=約650㎉

と、その見た目に反して案外低い…っていうかほとんどはご飯のカロリー( ̄Д ̄;;

という訳で、カロリーセーブしたい方は、うなぎと一緒に食べるお米を少なめにして調節することをおすすめします♪

せひ美味しいうなぎを味わって、オメガ3をたっぷり摂りたいですね!

 

3.うなぎのヌルヌルにも健康パワーが!


ムチン

【効果】
  • タンパク質分解酵素をもち、タンパク質の分解・吸収をたすける
  • 胃の粘膜を保護する
  • ドライアイを防ぐ

うなぎのヌルヌルはこのムチンとい呼ばれる成分で、納豆やなめこ、オクラなどのネバネバと同じです。

タンパク質の分解や吸収が良いと、体に栄養や酸素が十分行きわたるようになるため体の疲労回復につながりますし、免疫細胞も増えて免疫力もアップします。

胃粘膜の保護は、つい冷たいものを食べ過ぎたりと暑さで弱った夏の胃にとても嬉しい効果です。

このムチンも夏場の疲れやすい体にぴったりの成分ですね!

うなぎには他にもカルシウム、カリウム、亜鉛、葉酸などの栄養成分が含まれています。

うなぎは、泳ぐサプリメントやーーd(≧▽≦*)!!

 

最後に


うなぎの夏に効く!栄養効果ポイントまとめ

☆疲労回復効果

  • ビタミンB1
    糖質をエネルギーに変換しやすくするため体にパワーがわく!
    筋肉の疲労物質・乳酸の代謝を高めるので疲れにくい体になる。
  • ムチン
    タンパク質の分解・吸収をアップしてくれ、体に栄養と酸素が行きわたり、疲れにくくなる。
    免疫細胞が増え、免疫力がアップする

などの栄養成分が、特に疲れやすい夏の体を元気にする効果をもたらしています。

 
☆夏の肌荒れにも

  • ビタミンA(レチノール)…
    コラーゲンを増やす
  • ビタミンB2
    皮膚や粘膜の再生をたすける
  • ビタミンE
    活性酸素をできにくくする抗酸化作用がシミやシワを防ぐ
  • うなぎの皮付近にあるコラーゲン

うなぎには、体だけでなく、肌にも嬉しい栄養成分が沢山でしたね!夏の強い紫外線や汗で乱れがちな夏の肌の調子を整えるのにも一役買ってくれています♪

このように、うなぎはまさに栄養豊富なスーパーフード!夏にぴったりのスタミナ食材でした。

もう、土用の丑にはうなぎ一択ですね?!私の迷いも吹き飛びましたよヽ(=´▽`=)ノ

この豊富な栄養素、ぜひ我が息子にも食べさせたい!去年は食べなかったけど…。成長期の子供たちにもおすすめのうなぎ。ぜひ家族で楽しみたいですね!小さいお子さんが召し上がる場合、小骨には気を付けてくださいね。

子供も食べやすいうなぎ料理、ひつまぶしをご存知ですか?

それではまた。
最後までご覧いただきありがとうございました!
 

○こちらもチェック!土用の丑や、うなぎのはなし○


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ