背中ニキビの原因は?背中ニキビを治すために大切なこと

 
 
ニキビといえば、顔にできるニキビですよね。私も中学・高校とひどいニキビがコンプレックスでした。

そんな顔ニキビ。私の場合は完全なる思春期ニキビだったようで、ありがたいことに、二十歳を過ぎたころにはすっかり治って再発もほとんどなく、もう長年、ニキビというトラブルとはほぼ無縁なハッピーライフを送っていました。

なのに、なのに、ここにきて(?)再びニキビの悩みを抱えるとはっ…

しかも背中に!(/TДT)/

どうして背中なんかにニキビができるのでしょう?!

更にそのニキビが気になって無意識に引っ掻いたみたいで、3㎝くらいの引っ掻き傷まで作ってしまいました(;´д`)トホホ

そんな悲しい背中をなんとかするべく、背中にできるニキビについて調べてみました。


SPONSORED LINK


背中はニキビができやすい!


私は、何で背中なんかにニキビが?!と思いましたが、実は背中はニキビができやすい条件がそろっている場所だったのです。

  • 背中には皮脂の分泌腺が多く、皮脂が多く出やすい
  • 皮膚そのものが厚くてうぶ毛も多いので、皮脂が肌の表面に出ていきにくく、詰まりやすい
  • 手が届きづらく、目でも確認しにくいのでケアが行き届かない

皮脂の過剰な分泌で毛穴が詰まり、角栓や炎症を起こすことでニキビができるので、常に皮脂の多い背中にはいつニキビができてもおかしくないといえますね~

 

背中にニキビができる原因は?


では、どんなきっかけでニキビにまで発展してしまうのでしょう。大きな原因は4つ!順に見てみましょう(・´з`・)

 

1.ストレス


ストレスを受けて体が緊張した状態になると、自律神経のうちの交感神経が優位になります。すると男性ホルモンが多く分泌されるのですが、この男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す、毛穴を縮めるという働きがあります。


 
ですので、日常的にストレスにさらされていると、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰に分泌され続け、それに伴って皮脂もどんどん分泌されてしまい、それが小さくなった毛穴の中で詰まってニキビができるという訳です。

ただでさえ皮脂が多い背中ですから、こうなるとニキビができる危険性がかなり高まってしまいますね。

【自律神経とは】

心臓を動かす、胃腸を動かす、体温を調節するなど、私たちの体が正常に動くために欠かせない働きを、私たちの意思とは無関係に維持してくれている大切な神経のことです。

交感神経と副交感神経という2つの神経があり、この2つがバランスよくはたらくことで、健康な体を維持しています。

  • 交感神経・・・お昼間モードの神経で、緊張や集中、ストレスを感じているときにはたらく
  • 副交感神経・・夜のお休みモードの神経で、眠っている、休んでいるとき、リラックスしているときにはたらく

ですが、
仲のいい同僚と楽しい会話をしながらお食事→交感神経50/副交感神経50
上司と次の仕事の計画について話しながらお食事→交感神経70/副交感神経30

といったふうに、同じような状況であっても本人の緊張・ストレスが強ければ強いほど交感神経が優位になるそうです。ですので、日常生活でストレスを感じる機会が多いほど、何をしていても交感神経ばかりが強く働いていることになり、それがいわゆる自律神経の乱れであり、体の不調を引き起こす原因となっています。

 
ちなみに男性で背中のニキビに悩む方も多いようですが、男性は当然、男性ホルモンの分泌が多いため皮脂が出やすいことと、女性よりも汗をかきやすいために、汗が溜まりやすい背中にニキビが出来てしまうという理由があるようです。


SPONSORED LINK


2.睡眠不足


大切な体の回復タイムである睡眠時間が少ないと、傷ついた細胞を修復したり、新陳代謝が活発になり老廃物の排出を盛んに行う機会が減り、ニキビなどの肌荒れを引き起こしやすくなります。

更に、睡眠不足=交感神経優位の状態が長いということになるので、上でご紹介したホルモンバランスの乱れから過剰に皮脂が分泌され、ニキビの原因を作ります。

睡眠不足は二重で危険ですね(゚Д゚;)!

 

3.肌の乾燥


肌は通常、角質層にある水分と、肌表面の皮脂で、肌を色々な刺激や雑菌から守っています。ですが、肌が乾燥してこのバリア機能が働きにくくなると、体はそれを何とかしようと一生懸命に皮脂を分泌します

そして、その過剰に分泌された皮脂がニキビの原因になってしまいます。

肌が乾燥していれば、皮脂も少なくてニキビはできにくいんじゃない?と思っていましたが、なんと逆なのですー!

 

4.日常の習慣


日常生活のなかのちょっとした習慣が、ニキビの原因をつくっている可能性もあるんです。

■シャンプーやリンス

市販されているシャンプーには、必要な皮脂まで洗い流して肌を乾燥させてしまう、洗浄力の強い石油系界面活性剤が使用されていて、更に毛穴を詰まらせるシリコンが入っているものが多いので、それがしっかり流れずに、背中に洗い残っていると背中ニキビの原因になります。


 
まずは、洗い残しがないようにしっかりとすすぐことが大切です。髪を最初に洗って、次に体を洗って最後にしっかり流すようにすると簡単に洗い残しが防げますよ。

更に、使うものを天然由来のアミノ酸系にすること、ノンシリコンのものを選ぶとより安心です。最近はノンシリコン系のシャンプーも色々売られていますね。ドラッグストアなどでも手に入れやすくて嬉しいです。

 
■寝汗・パジャマや寝具

人は、一晩にコップ一杯分の汗をかいているというのは有名な話ですね。その、いわゆる寝汗をしっか~り吸っているパジャマや寝具は要注意!

パジャマや寝具が清潔でないと、そこにある汗や皮脂の汚れが背中の毛穴を詰まらせニキビをつくり、雑菌が入れば炎症をおこしてしまいます。

寝具は難しくても、パジャマはできるだけ毎日替えるのがおすすめです。

私は今回この寝汗の線があやしくて…最近朝晩の気温差があるので、夜寒く感じて部屋を暖めてぬくぬくで寝るも、途中で暑くてひどく汗をかいてしまうという日が何度かあったのです。

パジャマの洗濯はもともと習慣でしたが、朝はバタバタしているのでシャワーなんて浴びることはなく、その寝汗は体に残ったまま…(*_*;

寝苦しかったせいで寝起きもすっきりしないし、ただでさえ短い睡眠時間に熟睡もできずで更に悪いですよね。寝ているときの温度調節もけっこう大切なんだなぁと思いました。


SPONSORED LINK


普通のニキビではない場合が!


背中にできるニキビには、顔にできるニキビとは全くちがう原因でできるものがあります。

それは、マラセチア毛包炎

皮膚の常在菌であるマラセチア真菌というカビの一種が原因で起こる症状で、この菌は湿気と皮脂を好み、皮脂が詰まった毛穴に炎症を引き起こします。

困ったことに、このマラセチア毛包炎は普通のニキビケアをしても効き目がありません。それは普通のニキビがアクネ菌という細菌が原因なのに対し、こちらは真菌。原因菌の種類が全く違うためです。

頑張って背中ニキビを塗り薬などでケアしているのに、全然治らない…とお困りの方は、このマラセチア毛包炎を疑ってみてください。

マラセチア毛包炎の特徴

  • 赤くて小さなブツブツができる
  • ブツブツの大きさは同じくらいで、普通のニキビのように一つだけが大きく腫れたりはしない
  • 汗をかきやすい部位(背中、胸、腕、足など)にできやすい

マラセチア毛包炎かも?と思ったらまず皮膚科を受診されることをおすすめします。抗真菌薬という塗り薬(症状がひどい場合には飲み薬もある)を処方してもらうと、スッキリと治ってしまう例も多いそうですよ。

私のは、大きく腫れて痛~いのが一個なので、普通のニキビみたいです(・。・)

 

背中ニキビのケアは?


それでは最後に、できてしまった背中ニキビのケア方法についてみていきましょう。大切なポイントは「洗浄」「保湿」です。

背中の洗浄


背中のニキビがこれ以上増えたり、悪化したりしないためにも、背中を丁寧に洗って清潔に保つことが大切です。


だからといって、ナイロン系のタオルで一生懸命ゴシゴシこすっては逆効果。なるべく柔らかい綿などのタオルや手ぬぐいに、せっけんをよく泡立てて優しく洗ってください。

もちろんすすぎは念入りに(^_^)

 
更に洗浄効果を求めるなら…

古い角質や毛穴の汚れを効果的に洗うのには、ピーリング石鹸を使うのがおすすめだそう。

ニキビも治したいし、これからの季節汗も気になるので使ってみたい…でもピーリングって刺激が強い?などと、ピーリング石鹸を使ったことがない私は不安になってしまうのですが、今回よい物を発見したのでご紹介します!


ピーリング石鹸では超有名と言われる、サンソリット・スキンピールバーのミニサイズです♪

この値段、このサイズなら使用感に不安がある人でもとってもお試ししやすいですよね。全部で4種類(値段が若干違います)ありましたが、私はピーリング初心者向けのこの青いのを注文してみました。

沢山の高評価レビューに期待が高まります…楽しみ!

 

背中の保湿


そして、丁寧に洗浄した背中をとにかく保湿すること!

お湯に浸かったり、石鹸を使ったりしたお風呂あがりの体は、入浴前以上に乾燥しています。お風呂からあがったら、タオルで優しく体の水分を拭き取ってソッコー保湿!( ̄0 ̄)/

スプレーボトルに化粧水を入れてシュシュっとやるのが簡単です。とろみのある化粧水は出にくいのでシャバシャバしたのがおすすめ。

私はもともと、100均のスプレーボトルに化粧水を入れて浴室に置いて、浴室から出る前に顔やデコルテに吹きかける習慣があったので、ついでに背中にもシュシュっとすることにしました。

ボトルの向きで出にくくなって、腕がつりそうなときもあるけど(笑)頑張ってます。

ただ、背中は顔などと比べて皮膚が厚くて化粧品の成分が浸透しづらいです。なので、背中の乾燥がひどくてお悩みの方は背中専用の処方で作られた保湿剤を使ってみるのも手です。



数々の女性雑誌やメディアで取り上げられ、とても評価の高い背中専用の保湿剤です!

凝縮された有効成分がしっかり浸透するそう。頼もしいですね~(*´ω`*)もちろん体全体の保湿にも使えます。

 

最後に


一度できてしまうと悩ましい背中ニキビ!再発を防ぐために、どんな原因でできやすいのか&ケアのポイントを再度チェックしておきましょう。

【背中ニキビを引き起こす原因】

  • ストレスからくる、ホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰
  • 睡眠不足による新陳代謝の悪化
  • 背中の乾燥
  • シャンプーなどの洗い残し
  • 寝汗
※更に、普通ニキビとは原因菌が違うマセラチア毛包炎がある。治療法が異なるため注意!

【背中ニキビのケアのポイント】

  • 背中を清潔に保つ
  • 背中をしっかり保湿する

こう見ると、やっぱり何につけても不摂生はよくないですね…仕方がないとはいえ、ここ一年間の日常的な睡眠不足は私の人生にかつてないレベルだし、子育てとストレスは切っても切れないところが( ;´Д`)

そう思うと、背中のニキビは本人に生活の乱れやストレス過多を教えてくれる体からのサインなのかもですね。

できてしまったニキビのケアと並行して、ちょっと日々の生活も見直してみようかななんて思います。

皆様も、お大事になさってください。早く治りますように!

それでは、
最後までご覧いただきありがとうございました♪


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ