土用の丑の日2017年はいつ?土用の丑とうなぎの由来を分かり易く解説!

 
うなぎって、本当に美味しいですよね!

先日、スシローで大切りうなぎを食べて幸せいっぱいの、うなぎ好きな管理人です。そのとき、ちらりと頭をよぎった“土用の丑”。

普段、うなぎを口にする機会はほとんどない我が家にとって、堂々と予算をかけて(笑)うなぎを堪能できる貴重なチャンスです(o ̄∀ ̄)ノ。。。なのになのに、なのに!去年の土用の丑はうなぎを食べなかった…華麗にすっぽかしてしまいました。

今年はきちんと計画して、土用の丑にうなぎを堪能したい!と思ったのですが、そういえば2017年の土用の丑の日っていつなのでしょう?

今年はちゃんとうなぎを食べられるように、ちょっと調べてみました♪


SPONSORED LINK


2017年、土用の丑の日はいつなの?


今年、2017年の土用の丑の日は、

7月25日(火)8月6日(火) の2日です!


 
2日もあるなんて、最初をすっぽかしても今年はセカンドうなぎチャンスがありますね(*´ω`*)

でもどうして2日あるんでしょう?

そういえば、子供の頃、「どようのうし」という音だけ聞いて、何で土曜日じゃないのにどようで、ウシなのにすき焼きや焼肉じゃないんだ!怒(←子供時代はうなぎより断然焼肉派だった)と思っていたのを思い出しました。

もし我が子に同じような事を言われたときに備えて、今のうちに詳しく知っておこうと思います。


SPONSORED LINK

土用の丑の日にちはどうやって決まる?


土用の丑の日ってどんな日


土用の丑の日とは、土用という期間の中にある丑の日のことです。

ちなみに2017年の土用と丑の日をカレンダーで確認すると↓のようになっています。


 
ではその、土用と丑の日について詳しくみていきましょう♪

 

土用


土用とは、四立(立春・立夏・立秋・立冬)の直前の約18日間のことを指します。季節の変わり目の期間といったイメージですね。

土用という期間は夏だけでなく、四季毎にあるんですね!私は知らなかったです(*’0’*) 現在では土用といえば立秋の前の夏土用を指すのが一般的なよう。

2017年は、立秋が8月7日で、夏土用は7月19日~8月6日の19日間です。

ちなみに“土”とは、五行の木火土金水の土。どうりで土曜日じゃないわけだ~(笑)

 

丑の日


暦に十二支を当てはめて日にちを数える考え方があり、があてはまる日が丑の日です。

十二支が12種類なのに対して、土用の期間が約18日なので、土用の期間中に丑の日が2回ある年が出てきます。その一日目を一の丑、二日目を二の丑と呼びますが、今年2017年はちょうど、この二の丑がある年なのです。

2017年土用の丑の日
  • 7月25日(火)・・一の丑
  • 8月6日(日)・・二の丑

土用の丑、土用の丑と、当たり前のように言っていましたが、土用という期間中にある丑の日のことだったとは知らなかった~。これからは、何で土用?なんてモヤモヤせずにうなぎを堪能できます♪

あ!でもまだ、なんでウシなのにうなぎ?という疑問が残っていましたね!

そちらについて確認してみましょう


SPONSORED LINK

なぜ、うなぎを食べるのか?


土用が年に4度あると知った大人の私は今では、何でうなぎ?しかも何で夏だけに食べる?と、さらに疑問が増えてしまいました。

この答えについては様々な説があるようなので、最も代表的なものをご紹介します。

 
有名な説:夏の売り上げ低迷に泣くうなぎ屋を、江戸の天才マルチプレイヤー・平賀源内が華麗にヘルプ (゚∀゚)b

夏場にうなぎの売り上げがないって何故?味に問題が?!…と思った私は、土用の丑にどっぷり浸かった俄かうなぎファンでした(笑)

実は、天然うなぎの旬は8~12月の初冬。

なので、江戸時代のうなぎ屋さんは、最もうなぎの味の落ちる夏場の売り上げ低迷に悩まされていたそう。それを、あるうなぎ屋の店主が、平賀源内に、何とかできないものかと相談したところ…

「本日、土用の丑の日・食すれば夏負けすることなし」と看板を出すように勧められたとか。


 
夏バテ対策にうなぎを食べるという習慣そのものは、奈良時代にはすでにあり、さらにこの時代には、丑の日に「う」がつく食べ物を食べると健康にいい!という風習があったため、

しの日になぎという、その看板のキャッチコピーが見事に当たり、そのお店は夏場でも大繁盛♪次第に他のお店にも広まり、いつしか全国的なイベントになっていったそうです。

夏場のうなぎというきっかけから始まったので、うなぎを食べるのは夏だけなのですね。
※諸説あり※(笑)

 
平賀源内の発想はすごい、オシャレですね~!

まさか、こんな一大イベントまで成長するとは思ってもみなかったのではと思いますが、そんな一件のお陰で、今でも毎年、夏の土用の丑にうなぎを楽しく食べることができるなんてありがたいものです。

ただ、夏のうなぎが一番おいしいんだろうと喜んで食べていた私はこの真実に若干ショック…一番おいしくないタイミングかい!!( ̄△ ̄;)まぁ、私が食べてるうなぎは養殖ものなので、このことはちょっと忘れます…

そして、どうも丑の日に食べるのはうなぎでなくてもOKみたいですね。

でもでも、やっぱりスゴイ!うなぎの栄養についてはこちらでチェック♪
↓↓

実際、「う」がつけばいいということで、うどんや梅干しなどなど、食べる人もいるそうです。これからは、うなぎが苦手な方は堂々と、土用の丑にステーキや焼肉やうどんを召し上がってください。全然間違いではありません!

これで、何でウシなのにうなぎ?という質問にもちゃんと答えられますね。一安心です(笑)



最後に


さてさて、土用の丑の真実に夢中になりすぎて、一番大事なことを忘れそうなのでもう一度…

2017年の土用の丑の日は、

7月25日(火)8月6日(日) 

の2日です!

土用の丑について色々知った今、節約のために我が家は「うどん」を食べる!という選択肢もでてきましたが、ここはやはり、年に一度のチャンス。ちょっと奮発してうなぎを楽しみたいと思いますヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

平賀源内に感謝しつつ…

☆おまけ☆

ひつまぶしってご存知ですか?
東海地方でお馴染みの、とっても美味しいうなぎの食べ方!実は私はコレが一番好きヾ(´ε`*)ゝ
うな重やうな丼もいいけれど、今年の土用はいつもとちょっと違ううなぎを楽しみたい方に、ぜひ知ってほしいひつまぶしについてまとめています。ぜひご覧ください♪ 
↓↓
ひつまぶしとうな重の違いとは?食べ方や値段も違う?

それではまた。
最後までご覧いただきありがとうございました!

 
○おいしい話題・おすすめの記事○


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ