読書感想文の書き方!小学校低学年~高学年スラスラ書くコツとは?

 
 
夏休みの宿題で悩むのが、読書感想文!

特に小学1年生で初めて読書感想文に取り組む場合、お子さんはきっと「どうやって書くの?」と聞いてきますよね。

本を読んだ感想を書くのが読書感想文ですが、

具体的な書き方をお子さんにわかるように説明するには、どうすればいいのでしょう?

そこで特に今回は小学校低学年のお子さん向けの、読書感想文の書き方をご紹介したいと思います。後半に高学年向けのコツも書いていますのでぜひチェックしてくださいね(*^▽^*)


※ちなみに

小学校低学年の場合、1人で本を読んで原稿用紙に向かうというのは難しいと思います。できれば「こうやって書くんだよ」と教えるだけでなく、一緒に本を読むことからスタートしましょう♪

また読んでいる最中にお子さんは質問するかもしれません。その時にスムーズに答えられるように、親御さんが先に本を読んでおき内容を頭にいれておくことをおすすめします。


SPONSORED LINK


小学校低学年の子向き・読書感想文書き方


小学校低学年の子が読書感想文を書く時のポイントとしてあげられるのは、次の5つです。


  1. 本を読みながらメモをとっておく
  2. 構成を3つにわけて書く
  3. 感じたことや思ったことに対する理由を書く
  4. 本の内容と自分の体験を重ねてみる
  5. もし○○だったらと、想像力を働かせて書く

 

5つのポイントの詳しい解説


では5つのポイントについて、こちらでそれぞれ詳しく解説します(^_^)/

 

1.本を読みながらメモをとっておく


最後まで本を読み切っていざ読書感想文を書こうと机に向かっても、「面白かった」という感想しか浮かばない、というのはよくある話です。

あらすじや登場人物、セリフなどは1度読んだだけではなかなか頭に入りませんし、曖昧な情報では文章にすることは難しいと思います。

そこでおすすめなのが、メモをとりながら本を読むことです。

面白いと感じた場面、印象に残ったセリフなど、メモにとっておけば忘れることもありません。できれば付箋メモを使って、後からメモしたことがどのページのどの部分のことなのか確認できるようにしておくと便利です。

 

2.構成を3つにわけて書く

 

読書感想文を書く時に迷うのが、まず書き出しです。原稿用紙に向かったものの、最初の一行が浮かんでこない、これでは時間が過ぎるばかりで、書くのが嫌になりますよね。

そこでおすすめしたいのが、構成を3つにわけて書く方法です。

  • 書き出し
  • 感想
  • 結び
この構成で書くようにすれば、書くべき情報の順序が整理できて考えが整理しやすいかと思います。

それでは、それぞれの構成の細かい解説について、みてみましょう。

①書き出し
 
題名、名前を書いた後、本文の最初に書く文章が書き出しです。一般的には、本を選んだ理由を書くことが多いですね。

例えば「ぼくは(わたし)は「〇〇〇」という本を読みました。この本を選んだ理由は、魔法使いが出てくると聞いて、おもしろそうだなぁと思ったからです。」など。

 
②感想

あらすじはなくても構いませんが、もし書く場合はこの部分に短く書くようにしましょう。あまり長く書くと読書感想文ではなく、本の紹介文のようになってしまうので、簡潔に書くことが大切です。

例えば「この本は悪い魔法使いに勇敢な少年達が立ち向かい、世界を救うお話です」など。

あらすじを書いたら、次は1番重要な部分である感想です。本を読みながらとったメモを整理して、うまくまとめながら書いていきましょう。とはいえ難しく考える必要はありません。

面白いと思った場面、印象に残ったセリフ、ドキドキわくわくした部分など、思ったことや感じたことをありのままに書けばいいのです。

 
③結び

読書感想文の終わりの部分です。書き始めと同様、どのように文章を終わらせるのか迷うことが多いと思います。ただ小学校低学年の場合、「とても面白かったです」でも十分だと思います。

慣れないうちは1冊の本を最後まで読み切ることも大変ですし、それを文章にして原稿用紙を埋めるというのは気力がいります。

書き終えたら、まずは、がんばって完成できたことを褒めてあげて下さいね(*´ω`*)


SPONSORED LINK


ここからの3つのは、②の感想の部分の文章を作るのに役立つポイントです♪

3.感じたことや思ったことに対する理由を書く

 

読書感想文は「〇〇の場面が面白かった」「○○のセリフに感動した」など、本を読んで感じたことや思ったことを書くものです。

ただ面白かった、感動した、だけではなく、なぜ面白いと思ったのか、なぜ感動したのか、その理由を書くことが大切です。

とはいえ小学校低学年の場合、感じたことや思ったことの理由は親御さんが引き出してあげる必要があると思います。


 
例えばお子さんが「面白かった」と言ったら「どうして面白いと思ったの?」と質問しましょう。お子さんは質問されることで、「どうしてそう思ったのだろう」と考えます。

ここで「〇〇が○○だから面白かったのね」など、質問ではなく具体的に言ってしまうのはNGです

大人と子どもでは注目する内容や感じることにかなり違いがありますし、先に答えを言ってしまうとお子さんは自分で考えずに言われた通り書いてしまうと思います。

それではお子さんではなく、親御さんが書いた読書感想文になってしまうので、あくまで質問にとどめることをおすすめします。

 

4.本の内容と自分の体験を重ねてみる


物語の中に入り込み、登場人物の感情などを想像するためには、本の内容と自分の体験を重ねてみましょう。

もちろん悪い魔法使いと戦うなど、物語の中だけでしか起こりえないことを体験するのは不可能ですが、どんな物語でも現実世界の体験と重ねられることはあると思います。

例えば嬉しい、悲しい、怖いなど登場人物の感情、仲間と一緒になにかに立ち向かうこと、などがあげられます。


 
怪我をして痛かったこと、友達と喧嘩をしたけれど仲直りできたことなど、自分が体験したことがあればその時の感情などを理解しやすいですし、感想もわきやすく言葉にしやすいと思います。

また自分の体験と重ねることで、文字を目で追うだけでは味わえない物語との一体感も知ることができるでしょう。そうすれば浮かんでくる感想も磨かれるので、内容の濃い読書感想文になると思います。

 

5.もし○○だったらと、想像力を働かせて書く


「もし自分がこの物語の主人公だったら」のように、「もし〇〇だったら」と想像力を働かせてみましょう。

例えば
  • 悲しい結末ならハッピーエンドを想像してみる
  • 主人公の敵がもし味方だったらと考えてみる
  • この場面で別の選択をしていたらどうなっていたかを思い浮かべてみる

など1冊の本の中で「もし○○だったら」を考えられるところはたくさんあります。

この「もし○○だったら」と想像することは、内容の濃い読書感想文を書くことに役立つだけではなく、相手の気持ちを想像することに繋がるので、お子さん自身にもよい影響を与えると思います。

例えば「もしぼく(わたし)がこんなにひどいことを言われたら悲しい。だから自分も言ってはいけないと思った」など、相手の気持ちにたって考えることは、物語の世界だけではなく現実世界にも通じることですよね。

お子さんがもし、と仮定するのが難しい場合は、「もし〇〇くん(ちゃん)だったら、こんな時どうする?」など、質問して言葉を引き出してあげましょう。


SPONSORED LINK


子供が楽しんで書ける、本の選び方

 
読書感想文を書く前に、まず悩むのが本選びですよね。そこでこちらでは、楽しく読書感想文を書くための本選びのポイントをご紹介したいと思います。

 

子どもの興味をひく本を選ぶ

 

親御さんが本を選ぶ場合、お子さんのためになるものをと考えて選びますよね。

その場合どうしても難しい内容になったり、お子さんには興味がない内容の本を選んでしまいがちです。お子さんが本を読みなれているなら別ですが、そうでない場合はお子さんの興味をひく本を選びましょう。

魔法使いが出てくるストーリー、かわいい動物が書かれた表紙、アニメを観たことがあるなど、お子さんが目を輝かせて読めるような本を一緒に選んでみてください♪

 

お気に入りの本を選ぶ

 

読書感想文を書くとなると、まずは本を購入しなくちゃと思いがちです。でも自宅にお子さんのお気に入りの本があるなら、新しく買わずにその本を選ぶという方法もあります。

お気に入りの本ならあらすじや登場人物も頭に入っているでしょうから、読書感想文もスラスラ書けそうですよね。

またお気に入り、とまではいかなくても、読んだことがある本を選ぶのもおすすめです。全く読んだことのない本よりは、理解しやすく感想もわきやすい筈ですから、比較的簡単に文章が書けると思います。

読書感想文を書く小学生におすすめの本10冊と選び方のポイントについての記事もぜひご覧ください↓↓

読書感想文で小学生におすすめの本10選!本の選び方もご紹介♪

 

高学年の子が書くときのポイント


小学校高学年になると、低学年の時よりも少しレベルアップした内容にしたいですよね。そこでこちらでは、高学年の子が書く時のポイントを2つご紹介したいと思います。

 

1.変則的な構成にしてみる


既にご紹介しましたが、

  • 書き出し
  • 感想
  • 結び
この3つに構成をわけ、この順番で文章を書くのが基本です。とはいえ絶対にこの順番で書かなければならない、という訳ではありません。

最初に結びの部分、つまり本全体の感想を書いてもいいですし、1番重要な感想から始めてもなんの問題もありません。

また
  • 印象に残った主人公のセリフを書き出しにもってくる
  • 「ぼく(わたし)は、この物語の主人公が嫌いです」から始める
などちょっと意表をつくような書き出しにしてみる、というのもいいと思います。

本は読む人によって感じ方が違うので、感想に正解・不正解はありません。無理に一般的な感想に合わせるのではなく、お子さん独自の考え、感想を書くことに価値があると思います。

変則的な構成は基本の構成よりも自由度があがるので、きっとお子さんの個性を生かした読書感想文が書けますよ。

 

2.作者がどんなことを伝えたかったのか、考えてみる


本にははっきりと言葉にされていなくても、作者が伝えたいメッセージがこめられているものです。そのメッセージについて考えてみると、ワンランクアップした内容の読書感想文が書けると思います。

作者のあとがきがのっている本なら、そのページも読むとメッセージを探る手掛かりになるかもしれません。

 

最後に


いかがでしたか?
今回は小学校低学年向けの、読書感想文の書き方についてご紹介しました。

小学校低学年の子が読書感想文を書く時の5つのポイント

  1. 本を読みながらメモをとっておく
  2. 構成を3つにわけて書く
  3. 感じたことや思ったことに対する理由を書く
  4. 本の内容と自分の体験を重ねてみる
  5. もし○○だったらと、想像力を働かせて書く

この5つのポイント以外に重要なのが、親御さんの協力です。

小学校低学年の場合は、お子さん1人で最後まで本を読み、真っ白な原稿用紙を自力で埋めるというのはなかなか難しいと思います。

もちろん親御さんが全部書いてしまったり、「こう書いて、次はこう書く」というように指示して書かせてしまうのはNGです。

親御さんがする協力とは、
  • お子さんと一緒に本を読むこと
  • どんなことを思ったか質問して言葉を引き出してあげること
この2つで十分かと思います。楽しく本を読んで読書感想文も書ければ、これもきっと夏休みのいい思い出になるでしょう(*^▽^*)

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ