姿勢でダイエット!今すぐ始められる簡単な方法とは?

 
 
パソコンやスマホを長時間使っていると、どうしても姿勢が悪くなりがちですよね。

私もひどい猫背で治さなくちゃと思ってはいるんですが、思うだけでなかなか行動にうつせていません(^_^;)

でも正しい姿勢をとるとダイエット効果が得られる!と聞いて、急にやる気が出てきました!やっぱりダイエットできる、と言われると試さずにはいられないですよね。

そこで今回はダイエットに効果的な正しい姿勢のとり方や、ダイエット以外の効果などについて、ご紹介したいと思います(*^▽^*)


SPONSORED LINK


姿勢と体型の関係は?姿勢を正すことで得られる5つのダイエット効果!


ダイエットに効果的な正しい姿勢のとり方をご紹介する前に、まずは姿勢を正すことでどんなダイエット効果が得られるのかを見てみましょう!

いろんな嬉しい効果に、あなたもきっと、すぐに姿勢を正したくなりますよ♪

 

1.二重顎が解消できる!

 

顔が太って見える二重顎、その原因のひとつは猫背です。猫背は顎を前に突き出したような姿勢になるので、顎下の筋肉を使うことになります。

筋肉は使うと発達し肥大してしまうので、それが二重顎に繋がる場合があるんです。でも姿勢を正すと顎下の筋肉は使わなくなるので、二重顎を解消・予防する効果が期待できます。

 

2.太ももが太くなることを防げる!

 

姿勢が悪いと骨盤が歪むため、太ももの前面や外側の筋肉が固くなり、血液やリンパの流れが低下します。すると代謝が落ちて脂肪がつきやすくなるので、太ももが太くなることに繋がります。

でも姿勢を正せば血液やリンパの流れが改善されるので、太ももが太くなることを防げるという訳です。

 

3.ぽっこりお腹を解消する!

 

猫背は腹筋や背筋をほとんど使わないので、楽な姿勢と言えます。ただ使わない筋肉は弱っていき、脂肪がつきやすくなります。

特にお腹は脂肪がつきやすい部分ですし、姿勢が悪いと骨盤が歪み内臓の位置が下がることもあるため、ぽっこりお腹になりやすいんです。

でも姿勢を正せば、それらが改善されることでぽっこりお腹の解消・予防効果が期待できます。

 

4.太りやすい体になることを防げる

 

上でご紹介しましたが、姿勢が悪いと骨盤の歪みにより内臓の位置が下がります。

これは内臓の働きを低下させるため、エネルギー代謝の効率を悪化させてしまいます。すると体に脂肪がたまりやすくなるので太る、ということになります。

でも正しい姿勢をとれば、エネルギー代謝も正常になるので、太りやすい体になることを防ぐことができます。

 

5.むくみを解消・予防できる

 

姿勢の悪さが原因で骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れが低下し、下半身に老廃物が溜まりやすくなります。

これがむくみの原因になるのですが、この状態を放置するとセルライトができてしまうんです。

太って見えるむくみ、なかなか落ちないセルライト、どちらも解消・予防したいですよね。

正しい姿勢であれば骨盤が歪むこともないので、むくみやセルライトを防ぐことができます。

 

姿勢ダイエットの方法


それではいよいよ姿勢ダイエットの方法について、ご紹介したいと思います。

立った状態と座った状態の正しい姿勢のとり方、それから正しい姿勢での歩き方をご説明しますので、自分の普段の姿勢と比べながら確認してみて下さいね。

 

正しい姿勢「立った状態」

 
 
まず基本となるのが、立った状態の正しい姿勢です。これができないと座る時も歩く時も悪い姿勢になる可能性が高いので、しっかりマスターしましょう。

方法

  1. 壁に背中を向けて、軽くつま先を広げた状態でまっすぐ前を向いて立つ
  2. 壁に頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとをつける
  3. 背中と壁に隙間ができないように、お腹とお尻に力を入れる

 
【ポイント】
  • 前から見た時に肩の高さが水平になっている
  • 横から見た時に肩の中心と耳たぶ、くるぶしが一直線上にある
  • 膝がまっすぐに伸びている
 
  反り腰に注意!

猫背を治そうと胸を張りすぎると、上半身が後ろへ反り返り、お尻が突き出たような姿勢「反り腰」になってしまう場合があります。この反り腰は下腹部が前に出てしまうため、ぽっこりお腹の原因になります。猫背を治そうと反り腰になっては意味がないので、注意しましょう。
 

 

正しい姿勢「座った状態」


デスクワークなど長時間同じ姿勢をとることが多い方は、座っている時の姿勢が悪くなりがちです。

それが毎日続けば太りやすい体をつくることになってしまうので、しっかり正しい姿勢を身につけるようにしましょう。

方法

  1. 椅子に深く腰掛け、背もたれと背中の隙間をあけすぎないようにする
  2. 背筋はしっかり伸ばし、顎を引いてお腹を引っ込める
  3. 足の裏全体を床につけて、膝の角度は90度になるようにする

 
【ポイント】
  • 骨盤が歪みやすいので足を組まない
  • 横から見た時に耳、肩の中心、骨盤の中央を結んだ線が一直線になるようにする
 
正しい姿勢への第一歩!?私の工夫

私は、長年の崩れた姿勢の癖がシッカリついていて、急に正しい姿勢を意識しても全くできませんでした。そして体が痛いです( ;∀;)

そこで私は、思いっきりハードルを下げて、

  • イスとテーブルで食事をする間だけ
  • 必ず“膝”をつけて座る
という2点だけを意識するようにしてみました。

初めは、それこそ3秒くらいで忘れて食べ続け、食事が終わってハッと気づくなんて調子でしたが、それでも気が付いた時に膝をつけるようにしていました。

今も、忘れながら続けています(笑)が、良かったのは、膝をつけようと意識することで、同時に膝下もつき、上半身にも意識がいって背筋が伸ばせる。結果的に正しい姿勢をとることができるという点です。

初めは、食事時間だけだったのが、今ではパソコン仕事の時や外食先など、イスに座る時にはほぼ必ず行っています。

もちろんずっと姿勢を保てているわけではなく、すぐに崩れていくわけですが、途中でふっと思い出したり、席を立って座りなおしたタイミングで直せたりと、意識できる場面が増えてきています(^^)v

まだ、目に見えるダイエット効果はありませんが(若干、内ももに筋肉がついたかなぁ)、せっかく出来たいい習慣。継続は力なりで続けていきたいと思います。

私のように、悪い姿勢の癖が強い方は、この簡単な、“ただ膝をつけて座るだけ”にトライしてみてはいかがでしょう。
とってもおすすめですよ♪


SPONSORED LINK


正しい歩き方


正しい立ち姿勢をとり、その状態で歩くのが正しい歩き方です。
  • 前から見た時に肩の高さが水平になっている
  • 横から見た時に肩の中心と耳たぶ、くるぶしが一直線上にある
  • 膝がまっすぐに伸びている
 
この3点のポイントを押さえて、歩くようにしましょう。

歩き方のコツ
  • 足を引きずらないように、膝を上げて歩く
  • 着地はかかとだけではなく、かかと、小指の付け根、親指の付け根の3点同時に着地する
  • 膝は無理に伸ばさない
  • 腕は前ではなく、後ろに大きく振って歩く
  • 膝とつま先は常にまっすぐ前を向くようにする

 

グッズを利用するなら


なかなか姿勢がよくならないという方は、グッズを利用するのも方法のひとつです。こちらでは正しい姿勢をとるために、便利なグッズを2点ご紹介します。
 

■magico姿勢サポーターブラックL/中山式



正しい姿勢を体に意識させるサポーター。健康器具メーカーとして有名な中山式産業の商品なので、姿勢矯正ベルトが初めてという方も安心して試せると思います。

 

■MTG(エムティージー) Body Make Seat Style



腰回り、お尻、太ももを包み込む流線型デザインの椅子です。椅子や床、ソファなどの上に置いて座るだけで、正しい姿勢をとることができると、人気の商品ですよ。


SPONSORED LINK


危険!なにかに夢中になっている時は姿勢が悪くなりやすい!


猫背が癖になっている私ですが、特に姿勢がひどくなるのは本を読んでいる時とゲームをしている時です。
 
例えば宮部みゆき、京極夏彦の分厚いシリーズものの文庫を読み始めると、止まらなくなってどんどん前のめりに……体ごと倒れそうになってハッと気づく、ということも珍しくありません。

更にひどいのが、大好きなFFやバイオハザードのゲームをしている時、ベッドの上であぐらをかいて、背中を丸めて前のめりの状態……後ろから押されたらぐるっと前転するレベルの姿勢の悪さです。

そのまま朝を迎えてしまい、猛烈な腰の痛みに襲われてシップを貼るハメになったこともあります(^_^;)

つまりなにかに夢中になっている時というのは、姿勢が悪くなりやすいんです。もちろん遊んでいる時だけではなく、一生懸命仕事をしている時もあてはまるのですが。

とにかくなにかに集中している時こそ、姿勢には注意が必要ですよ。

 

ダイエット以外にもある、正しい姿勢の効果とは?


姿勢を正すことで得られる効果は、実はダイエットだけではありません。こちらでは正しい姿勢をとることで得られる嬉しい効果を4つ、ご紹介します。

 

1.好印象を与える

 

背中が丸まった猫背など、姿勢が悪いと老けて見えますし、下を向いているように見えるので、自信がない、だらしがない、暗い、など見る人によくない印象を与える可能性があります。

逆に姿勢がよければ堂々として見えるので、相手に好印象を与えることができるでしょう。

 

2.肩こりや腰痛などを解消・予防できる

 

姿勢が悪いと首や肩に負荷がかかり、血流が低下して疲労が溜まってしまうため肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

でも正しい姿勢をとれば首や肩にかかる負荷が減るので、肩こりや腰痛などを解消・予防する効果が期待できます。

 

3.肌がキレイになる

 

姿勢が肌に関係あるの?と思われるかも知れませんが、姿勢が悪いと血流が低下することや、内臓の働きが低下することで、老廃物が溜まり肌トラブルを起こしやすくなります。

姿勢がよくなるとスムーズに老廃物が排出され、肌のターンオーバーも整うことから美肌をつくる効果が期待できます。

 

4.自律神経の乱れによる不調を予防できる

 

猫背は首を支える頸骨を歪めて神経を圧迫したり、血流が低下してホルモン分泌がうまくいかなくなることで、自律神経の乱れを引き起こすと言われています。

自律神経の乱れは頭痛や不眠、イライラ、めまいなど様々な不調を引き起こすことで知られていますよね。姿勢を正すことには、こうのような自律神経の乱れによる不調を予防する効果も期待できます。

 
姿勢が悪い原因は視力低下の可能性も

注意している筈なのに、どうしても姿勢が悪くなる、という場合、もしかすると視力が低下しているのかもしれません。

私の場合は机に新聞を広げて読んでいた時、母に「新聞舐める気なん?」と言われて気づきました。それくらい、新聞に顔を近づけて読んでいたみたいです(^_^;)

それで眼科に行くと視力が下がっていることがわかり、コンタクトの度数を変更することになりました。

このように見えにくいことで、姿勢が悪くなる場合もあります。思いあたる方は眼科を受診すると、姿勢の悪さが改善されるかもしれませんよ。

また部屋を明るくする、パソコンなどの場合は画面の明るさを調整するなど、見えにくい状態を改善することも大切です。

 

最後に


いかがでしたか?
姿勢でダイエット!今すぐ始められる簡単な方法とは? でした♪

姿勢の悪さを改善するには、まず正しい姿勢について知ることと、常に自分の姿勢を意識することが大切です。自分の姿勢は鏡などを使う以外に確認することは難しいので、気づくととんでもない姿勢になっていることはよくあります。

特になにかに集中している時、長時間同じ姿勢でいる時は悪い姿勢になりやすいので、休憩時間を決めて体を動かす、時々姿勢をチェックする、など工夫が必要です。

また座る時に足を組む、荷物をいつも右肩にかける、下を向いて歩くなど、姿勢が悪くなりやすい行動も避けるようにしましょう。

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!







SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ