餅アレルギーって何?その主な症状と注意点について知ろう!

 
 
母親との、花粉症やアレルギーについての会話の中で、お餅でもアレルギーが出るらしいなんてことを聞きました。

小麦やタマゴは有名ですが、餅は初めて聞きました!( ゚Д゚)

餅をたくさん食べると、お腹が痛くなったり、じんましんが出たり、皮膚が赤くなったりするなら、それは餅アレルギーかもしれません(>_<)

お餅を食べる季節を前にして、餅アレルギーってどんなものなのかとても気になった私…。
ですので今回は、その餅アレルギーについて調べてみました!

餅アレルギーの症状について、そして餅アレルギーの方が気を付けたいポイントを順にご紹介します(^_^)/


SPONSORED LINK


餅を食べて体調を崩す場合は餅アレルギー?


餅を食べた後に体調を崩すなど、なんらかの異常がみられる場合は餅アレルギーの可能性があります。

餅アレルギーの症状は?


new-years-1119209_960_720

 
餅アレルギーかもしれないと思った方、以下でご紹介する症状で思いあたるものがないか確認してみてください。


【胃腸系の症状】

・腹痛
・下痢
・便秘
・嘔吐

 


【皮膚系の症状】

・皮膚が赤くなる
・じんましんや発疹が出る
・激しいかゆみが起こる

 
※餅の原材料であるもち米には「ヒスタミン」が多く含まれているので、皮膚のかゆみや赤みが出やすいようです。

 

主に胃腸系、皮膚系の症状が出ることが多いようですが、その他の症状が出ないとは限りません。

こちらであげた症状はあくまで参考程度にみてくださいね。


SPONSORED LINK


餅アレルギーはもち米アレルギー?


餅アレルギーは、一般的に原材料であるもち米に含まれている「アミロペクチン」によって起こるとされています。

そのため餅アレルギーの方は、おこわや赤飯など、餅以外のもち米を使った食べ物でもアレルギーが起こる可能性があります。

餅も含めてもち米を使った食べ物を食べる機会はそう多くないと思いますが、餅アレルギーが疑われる方はもち米を使った食べ物全てに注意するようにしましょう。

 

 

普段食べているお米でもアレルギーが出る?

 

餅アレルギーの原因となる「アミロペクチン」というでんぷんは、もち米に多く含まれていますが、実は普段食べているお米にも含まれています。

これは米アレルギーと呼ばれ、特に重症アトピー患者に多いと言われています。

米アレルギーが疑われる方は、米粉が使用されているスナック菓子などにも注意が必要です。

 

毎日食べる米の品種に注意


74b419c884383cecf6553958383833a8_s

 
コシヒカリといえば「もちもちした食感」が人気の、代表的なお米ですよね。

でも実はこのコシヒカリ、うるち米として売られているのですが、もち米を祖先にもつため「アミロペクチン」を多く含んでいます。

つまり餅アレルギーが疑われる方が、コシヒカリのようなアミロペクチンを多く含む品種のお米を食べると、アレルギー症状を起こす可能性があります。

餅アレルギーが疑われる方や、家のお米をたくさん食べた後に体調を崩している、という方はお米の品種を代えた方がいいかもしれません。

 

どんな品種がおすすめ?


純粋なうるち米を使ったお米ササニシキを試してみてはいかがでしょうか?

これは「アミロペクチン」の割合が低く、「アミロース」という消化のいいでんぷんがたくさん含まれているので、胃腸に負担をかけにくい、身体に優しいお米として知られています。

実際「ササニシキ」にかえてからアレルギー症状が出なくなった、という声もありますよ。

 

最後に


いかがでしたか?
以上、餅アレルギーって何?その主な症状と注意点について知ろう!でした。

餅アレルギーかどうかは、皮膚科や内科アレルギー検査をするとわかるので、もしかして…と感じる方は1度受診しましょうヽ(^o^)丿
きちんと結果を知れば対策がとれますし、安心して食事ができますね。

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ