賃貸石膏ボードの壁にフレームを掛ける!私の方法をご紹介

 
 
我が家は、よくある木造の賃貸アパート。
壁も、ごく一般的な、白くて少しデコボコした壁紙が貼られた石膏ボードです。

賃貸とはいえ、自分の好きな写真を飾りたい!
ということで私も、このブログでご紹介しているフォトフレームの壁掛けについてのアイデアやグッズを使い、試行錯誤してフォトフレームを飾りました。

今回は、そのとき私が使った壁掛けの方法やグッズをご紹介したいと思います(^^)

以下のような内容でポイントをご紹介します。
きっとお役に立てるアイデアがあると思いますので、ぜひご一読ください!

  1. 使っているフォトフレームについて
  2. 使っているピンとフレームの掛け方について
  3. 複数のフォトフレームのレイアウトを考える方法
  4. 決めたレイアウトを崩さずにピンを打つ方法
  5. 開いた穴はどうする?

それでは、順にご覧ください♪


SPONSORED LINK


フォトフレームの壁掛け・我が家の場合


img_0266

 

1.使っているフォトフレームについて


上の写真が全景で、ごく小さなスペースですが、L版×6枚と、キャビネ版×1枚の、計7枚のフレームを飾っています。

これらは全て100均で購入。
シルバーのものは金属製で、こげ茶のものは木製です。

このフレーム、実は全て前面のガラスを外して使っています。
フレーム自体を軽くするため、そして落ちた場合の安全のためです。

 

2.使っているピンとフレームの掛け方について


これらのフレームを掛けるのに使っているのが、
『ハイパーフックかけまくり ハイパーピンS』です!


こちらは、かの有名な(?)石膏ボード用フック、ハイパーフックかけまくりシリーズの、フックを留めるために使うピンのみが入った商品です。

前に重さがかかりやすいフォトフレームの場合、普通の画びょうを使うと、重さで段々とピンが抜けてきてしまったりしますよね。

これは、画びょうの約8倍の保持力があり、石膏ボード用に作られた特殊形状のピンが、壁にがっちり固定され安定感があるので、そういった心配もかなり少ないと思います。

我が家の壁のピン達も、打ったその日以来まだ緩んだり抜けてきたことはありません。

さて、なぜかけまくりシリーズのなかでも、“ピンのみ”を選んだのかというと…

フレームの後ろからフックを見せたくなかったから! です(・´з`・)

紐とフックを使って掛けると、フックが見えてしまうことってありませんか?
特に複数のフォトフレームを並べる場合、フックが見えているとちょっと残念…壁面に浮いているようにしたい!

でも、それを見えないように、紐の長さを調節するのって意外と難しかったりします。
…私だけ!?

ですが、フォトフレームの裏の段差(ほとんどのフレームの裏は、写真を入れる部分が窪んでいて段差がありますね・画像参照↓↓)をこのピンに引っ掛けて飾れば、フックがチラっと見えることはありません。

img_0264

img_0265%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

更に私はピンを一枚のフレームにつき2個使い、2か所で留めています。
額の位置が安定しズレにくく、フレームのレイアウトが崩れないのでとてもおすすめです。


SPONSORED LINK


3.複数のフォトフレームのレイアウトを考える方法


複数のフレームを並べるとき、横や縦に一文字の場合はまだよいですが、
ランダムに飾ったり、フレームのサイズが様々な場合は、実際に飾った状態がイメージしずらいかと思います。

でも、レイアウトを考える段階でフレームを壁に掛けることはできないし…

そんな時、私はコピー用紙を使います。

コピー用紙(他の紙でももちろんOK。でも薄い紙を使って下さい)を飾りたいフレームと同じ大きさに切り、それをマスキングテープで壁に貼って、レイアウトを決めるのです。

これなら、頭の中で想像するよりも、うんとイメージしやすいですし、貼ってはがして、いくらでも簡単に位置を変えて考えることができます(^_^)v

ここで、大切なポイントが3つ。

  • 紙は何でもいいですが、簡単に破れる薄い紙を使うこと
  • 準備した紙全てに、フレームの裏側の枠幅で、横線をひいておくこと(画像参照↓↓)
  • レイアウトが決定したら、水平やフレーム同士の間隔など、細かいところまで調整して壁に貼ること

fure-mu

 

4.決めたレイアウトを崩さずにピンを打つ方法


さて、フレームサイズに切った紙を使って、レイアウトを決定したらいよいよピン打ちですね!
さっそく方法からご説明します。

ずばり、壁に貼ったフレームサイズの紙の上から、画像↓↓のようにピンを打っていきます。

frame

これで、打ったピンにフレームの裏側の段差を引っ掛ければ、ほぼレイアウト通りに掛けることができていると思います。

このまま、一度フレームを掛けてみてチェックし、OKだったら下にある紙をそっと破って取ります

改めてフレームを引っ掛けて、完成!!です(^^)v


SPONSORED LINK


5.開いた穴はどうする?


最後に、ピンを打って開いてしまった穴を埋めるのに、私が使っているグッズを紹介します。

クロスの穴うめ材スーパー ホワイト

ハイパーフックかけまくりピンと共に、私のお気に入り!
これがあるから~と、けっこう自由にピンを打っています(笑)


 

最後に


いかがでしたか?
賃貸石膏ボードの壁にフレームを掛ける!私の方法をご紹介 でした♪

紙を切ったり線を書いたりと、ちょっと準備が面倒ですが、やってみると簡単でサクサク壁掛けが完成するので楽しいですよ(^_^)

ただ、楽しくなってきて♪♪~と作業していると、ピンを壁に曲がって刺してしまったりしますから(私です…そして余分な穴が開く~涙)作業はあくまで慎重に


他にも、フォトフレームや写真の壁掛けについての情報をまとめています。
今回ご紹介した以外にも、フォトフレームや額を掛ける色々な方法についてはこちらで!↓↓↓

フォトフレームや写真のレイアウトに迷ったらこちらを!↓↓↓

 
ご紹介した方法がお役に立てたら幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ