お米を食べないとどうなる!?健康やダイエットに理想的なお米の摂り方とは?

 
 
お米など炭水化物を摂ると太る、とよく聞きますよね。
実際、炭水化物抜きのダイエットをしている方も多いようですが、その行為が身体に与える影響はご存知ですか?

白米の美味しさに心奪われている私には縁遠い話だったのですが(笑)
先日、たまたま友人と炭水化物抜きダイエットの話題になって、ちょっと興味が沸いてきました。
友人の友人の一人が、けっこう頑張って炭水化物を抜いてるそうです。

どんなにご飯と相性のいいおかずでも、白米は食べない。…なんたる苦行( ;´Д`)
でも結果が出やすいから頑張っているとのこと。

しかし、お米などの炭水化物を極端に避けることは、体に様々な悪影響を及ぼす恐れがります。

この記事を書きながら、その彼がちょっと心配になりました。
今も続けているのかなぁ。

というわけでこちらではお米を食べないことについてどんな影響があるか、それから健康のために理想的なお米の摂り方もご紹介します\(^▽^)/


SPONSORED LINK


お米(炭水化物)を食べないとどうなる?


7db602d7b2b8b386d2c6a652e81288bc_s

痩せる?


お米など、炭水化物を食べない「炭水化物ダイエット」は、ご存知の方も多いでしょう。
確かに炭水化物を食べなければ、代わりに身体が脂肪をエネルギーとして使うので、脂肪を減少させることができます。

またお米は太りやすい食品と言われますが、これは血糖値が急激にあがりやすいことが理由です。
これも、お米を食べなければ痩せられる、と言われる理由かと思います。

 

炭水化物は身体にとって必要な栄養素


炭水化物はたんぱく質、脂質と並ぶ3大栄養素のひとつで、身体にとって必要な栄養素です。
これを全く摂らないことは、ダイエット以前に、身体に悪影響を及ぼすことが考えられます。

例えば炭水化物は糖質と食物繊維でできていますが、そのうち特に糖質は脳の主要な栄養源となります。

そのため炭水化物を全く摂らないでいると、脳の働きが鈍ることから、集中力の低下を招くことが考えられます。
これは仕事や勉強、家事などに影響しますし、車の運転中に頭がぼーっとして事故を起こす、という可能性もあります。

こういったことから、ダイエットのために炭水化物を全く摂らないというのは、危険と言えます。

 

炭水化物の摂りすぎには注意!


炭水化物を全く摂らないというのは危険ですが摂りすぎるのもよくありません。

炭水化物は摂りすぎると身体に脂肪として蓄積され、セルライトの原因になってしまいます。
このセルライトは血液やリンパの流れを阻害するので、身体が冷えやすくなる、太りやすい体質になる、糖尿病などの生活習慣病を招く、といったことも考えられます。


SPONSORED LINK


食事はバランスよく摂ることが大切


炭水化物は全く摂らなくても、摂りすぎても、健康に害を及ぼします。

炭水化物を全く摂らずに痩せたとしても、それで病気になっては意味がないですし、リバウンドの可能性も高いと言えます。
「炭水化物は摂らない」という極端なダイエットは避けて、バランスのよい食事を心がけましょう。

そのうえで全体の摂取カロリーを見直したり、運動をとり入れると、健康的にダイエットができるかと思います。

 

日本人の身体にはお米が1番合っている


日本人は昔からお米を主食にしているので、唾液に含まれる分解酵素アミラーゼをたくさん分泌できます。
つまり、お米を消化しやすい体質になっているんです。

他にも、まずパンや麺類はカロリーが高いものが多いこと、それからさっと食べられるのでなかなか満腹感が得られず、食べ過ぎてしまいやすいことがあり、お米に含まれる脂質は約2%ですが、パンの場合は約15%もあります。

炭水化物を摂るならお米がおすすめ、というのは、こういったことが理由です。

 

健康やダイエットにとって理想的なお米の食べ方とは?


栄養バランスは6:4


食事で摂取したカロリーを効率的に燃焼できる栄養バランスは、
炭水化物が60%以上、たんぱく質が15%、そして脂質は20~25%とされています。

つまりお米が6割で、おかずが4割ということで、このバランスで栄養を摂取すると、高いダイエット効果が得られると言われています。

 

野菜から食べるようにする


お米を最初に食べてしまうと、血糖値があがってしまうので、まずは野菜から食べることが大切です。

野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を緩やかにしてくれるで、血糖値が急激にあがることを防いでくれます。まず野菜から食べて、次に肉や魚などのおかず、最後にご飯を食べるのが理想的です。


 

よく噛んで食べる


あまり噛まないで食べると、すぐに食べ終わってしまうので、なかなか満腹感が得られず、食べ過ぎの原因になってしまいます。
それを防ぐためには、よく噛んで食べることが大切です。

しっかり噛むことで早食いを防ぐことができますし、唾液がたくさん分泌されるので、それに含まれるアミラーゼが消化・吸収を助けてくれます。
噛む回数はひと口30回を目安に、1回の食事には20分程度かけるようにしましょう。

また食事中にお茶な水分をたくさん摂ると、それで口の中のものを流し込んでしまうことになるので、食後に飲むことをおすすめします。



SPONSORED LINK


お米を利用したダイエット法


玄米や雑穀米を混ぜる

白米は血糖値があがりやすいので、それを少しでも抑えるなら玄米や雑穀米を混ぜるのがおすすめです。

食物繊維が豊富なので便秘解消に効果が期待できますし、ビタミンなどの栄養素も白米より豊富なので、健康にもいいですよ。

 

冷やし炭水化物ダイエット

引用元:https://youtu.be/I3w7qbS9BTo


冷やし炭水化物ダイエッとは、ほかほかご飯の代わりに、冷やご飯を食べるだけという簡単なダイエットです。

お米の成分であるでんぷんは、冷たくなると「レジスタントスターチ」に変化します。

レジスタントスターチ

小腸では消化されにくく、大腸まで運ばれて、そこで善玉菌増殖作用、解毒作用、脂肪燃焼作用を発揮すると言われています。

  • 腸内環境を整える効果
  • 便秘解消効果
  • 脂肪燃焼効果
が期待できるのです。

まさにダイエットにぴったりなんですね♪また満腹感が持続するので、余分なものを食べずに済むという嬉しい効果もあります。

冷やご飯が食べにくい、という場合はコンビニのおにぎりを利用するか、自宅で最初におにぎりをつくって、それが冷めてから食べるという方法がおすすめです。

 

おにぎりダイエット

上記の、「レジスタントスターチ」の効能を利用した冷ごはんダイエットの代表的な方法がこちら。

 
主食をおにぎりにして朝に1個、昼に3個、夕食に1個~2個くらいを目安に食べるだけという、ダイエット法です。

ただおにぎりだけでは飽きてしまいますし、栄養バランスが悪いので、具材を入れたり、サラダや味噌汁と食べるなど、工夫が必要です。


おにぎりに入れる具材は、

脂質や塩分が多いツナや鮭はなるべく避けて、昆布や梅干し、おかかなどを選びましょう
おにぎりの個数やおかずなどは、全体のカロリーを考えて調整が必要です。


 

最後に


いかがでしたか?
お米を食べないとどうなる!?健康やダイエットに理想的なお米の摂り方とは?でした♪

お米など炭水化物を全く食べないと、確かに一時的には痩せられるかもしれません。
でも炭水化物は、私達の身体に必要な栄養素なので、全く摂らないでいると健康を害する可能性があります

摂る、摂らないの2択ではなく、食事はバランスよく摂ることが大切です。そのうえで、こちらでご紹介したお米を使ったダイエット法を試して頂けたらと思います(o^-^o)

それではまた♪

最後までご覧いただきありがとうございました!



SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ