お茶うがいの効果と方法!風邪予防にお茶でうがいを始めよう!

 
外から帰ってきたら、手洗い、うがいが子供の頃からの習慣になっている方も多いですよね。私も、帰宅したらほぼ無意識でやっています・笑

「カゼは喉から」な私は季節柄、風邪やインフルエンザの感染予防にと、最近ちょっとしっかり目にうがいをしているんですが、その普段の“うがい”を、お茶を使って行うと色んな効果があるそうなんですw(゚o゚)w

この時期、私はうがい薬を使うことも多いのですが、正直あの味と臭いが苦手で…でもお茶なら好きだし平気だ~!

という訳で、お茶うがいにトライするにあたって、どんな効果があるのか、やり方や使うお茶の種類などについてチェックしてみました♪


SPONSORED LINK

まず気になるのは、

お茶でうがいをするとどんな効果があるの?

ということですよね。風邪予防はありそうですが…さっそくみていきましょう。

 

お茶うがいの効果について


風邪予防


これはお茶に含まれる“カテキン”のもつ効果によるもので、カテキンの殺菌効果は有名ですね。お茶うがいについて興味を持たれた方が最も期待するのはこの風邪予防の効果ではないでしょうか。

カテキンは、ポリフェノールの一種でお茶の渋みの成分です。カテキンには、
  • 抗菌作用・・・・・細菌が増殖するのを防いだり、細菌を死滅させる
  • 抗ウイルス作用・・ウイルスが細胞に取りつくのを防ぐ

という風邪予防の効果があります。

浜松医科大学が行った、水・塩水・緑茶それぞれでうがいをした子供たちの風邪の症状を比べた実験では、緑茶うがいが最も風邪予防の効果があったという結果が出ているそうですよ!カテキンがしっかり口や喉を殺菌してくれたようです。


 
抗ウイルス作用については、ワクチンの場合、そのワクチンが対応している種類のウイルスにしか効果がない(インフルエンザの予防接種したのに罹った~!というのはこのため)のに対し、カテキンはウイルスが細胞に取りつく仕組みそのものを阻害してくれるので、ウイルスの種類に関係なく効果が期待できるのです!すごいなぁw(*゚o゚*)w

ただ、これは自然の作用。薬のように強力な効果が持続するという訳ではないので、カテキンの抗ウイルス効果を期待するなら、こまめにお茶でうがいをするのが良さそうです。


SPONSORED LINK

口臭予防


カテキンには消臭効果もあり、また抗菌作用によって口の中の菌を減らし、清潔にしてくれることでも口臭を防ぐ効果が期待できます。

緑茶や紅茶には“カフェイン”が含まれており、カフェインが唾液の量を減らしてしまうため、お茶(カフェインを含む)を沢山飲むことは口臭対策に良くないと言われていますが、うがいであればお茶を飲み込まないので、沢山のカフェインが体内に入ることがなく安心です。

うがいなら、口の中を潤しつつ、殺菌・消臭ができるといういいトコどりができますね( *´艸`)

 

虫歯予防に


虫歯の主な原因菌と言われる「ミュータンス菌」へもカテキンの抗菌作用が期待でき、虫歯予防に役立つと言われています。
 

ただ、うがいの場合は食後ではなくて帰宅後などにすることが多いので、虫歯予防に直接関係する可能性は低いのでは?と思いましたが、、せっかくお茶うがいをするならついでに虫歯予防も…と欲深な私が考えた方法は

  • 朝or夜の歯磨き後にお茶うがいして殺菌!
です。歯磨きで食べカスや歯垢を取り除き、仕上げにお茶で殺菌すれば、口の中がより清潔になって虫歯予防につながると思います。私がするなら朝かなー。

お茶にはタンニンが含まれていて、歯への着色だけは心配ですから、一日のうち一回は研磨剤入りやホワイトニング効果のある歯磨き粉を使って歯磨きをするといいですね(*^^*)

SPONSORED LINK


うがいをするお茶はどのお茶がいいの?


緑茶か紅茶がおすすめ


先にご紹介した、お茶うがいの効果は茶に含まれる成分“カテキン”によるものです。ですのでお茶うがいは、カテキンを含むものならどのお茶で行ってもOKです(*’-‘)b


 
ちなみに、緑茶を半発酵させたものが烏龍茶、完全に発酵させたものが紅茶と、茶葉の製造の工程が違うだけで、もとは同じ“チャ”という植物の葉っぱなんです。

お茶の種類によってカテキンの含有量に違いはありますが、同じ種類の茶葉でも淹れ方によってカテキンが抽出される量が変わってくるので、好みのものを選びましょう。

ならせっかくだから含有量も多いのがいい!という方のためにランキングをご紹介♪

お茶の種類別・カテキン含有量ランキング

  • 釜炒り茶(緑茶)

  • 煎茶(緑茶)

  • 番茶(緑茶)

  • 4.玉露(緑茶)
    5.紅茶
    6.ほうじ茶(緑茶)
    7.ウーロン茶

 

緑茶を使うなら


 

煎茶、番茶がおすすめ

カテキンランキング1位の釜炒り茶という茶葉は釜で炒って作ったお茶ですが、日本ではこの製法で作られた緑茶はとても少ないそうです。

煎茶か番茶はカテキン量も多くて、スーパーなどでも気軽に買えるので毎日のお茶うがいにぴったりですね。ペットボトルのお茶には番茶が多く使わているそうですよ。

また、緑茶にはビタミンcも豊富に含まれているので風邪予防なら飲むのももちろんおすすめです!

緑茶のうがい液のつくり方

緑茶を淹れる時は、カテキンをたくさん抽出するため、70度以上のお湯を使いましょう。それを冷ましてうがいに使用します。

なお水にほんのりと色がつく緑茶でも、十分効果があるので、1番茶ではなく出がらしを使えばお茶をより無駄なく活用できます。

 

紅茶を使うなら


 

インフルエンザの予防には紅茶

紅茶は緑茶に比べカテキンは少ないですが、完全発酵茶である紅茶には、赤い色素をつくる“テアフラビン”という成分が含まれています。

これはカテキンが変化してできたもので、緑茶よりも高い抗菌作用があり、インフルエンザ予防により高い効果を発揮するという説があります

 
うがいにおすすめの紅茶は?

うがいに使うなら、テアフラビンが多く含まれるアッサムがおすすめです。

逆に同じ紅茶でも「ダージリン」はテアフラビンが少ないため、うがいには向かないと言えます。購入する時は茶葉の種類も要チェックです(^^)

紅茶うがい液のつくり方

紅茶はテアフラビンを抽出するため、熱湯で淹れて5~20分ほどおきます。それを水で2倍に薄めてうがい液として使用しましょう。

 

ペットボトルは?


風邪予防などの効果を得るためには、市販のペットボトルの緑茶や紅茶よりも、茶葉やティーバックなどを使用してカテキンなど有効な成分をしっかり抽出したものを使う方がベターです。

ですが、毎回茶葉からお茶を淹れるのは難しいときもありますよね。多分私もできないー( ̄∇ ̄*)ゞそんな場合は“高濃度カテキン配合”の商品を選ぶといいかなと思います。

 

うがいに使うお茶はできるだけ使い切る


緑茶でも紅茶でも、うがいに使うものは、できるだけその場で使いきるようにしましょう。長くおいておくと劣化するため、効果が半減してしまいます。

1回で使いきれない場合は24時間以内、もし冷蔵庫に保存する場合は2~3日で必ず使い切るようにしましょう。


SPONSORED LINK

お茶うがいの方法


私もそうだったのですが、うがいというと、

口に水を含んで上を向き、喉でガラガラガラ~~・・っぺ!と吐き出す

というふうにやっていませんか?

実はその方法だと、風邪予防に逆効果なんです!せっかくお茶うがいで風邪予防する意味がなくなってしまうので、正しいうがいの方法も確認してみましょう~

 

うがいの順番を守ろう!


先にご紹介した、ガラガラガラとうがいして、ペッと吐き出す、という方法だと、ウイルスなどが体内に流れ込む可能性があるため、風邪予防としては逆効果なんです。


 
うがいには正しい順番があり、それを守らないと正しい効果は得られません。

何だったんだ今までの私のうがい・・・汗

1.うがいをする前に手を洗おう

例え正しくうがいをしたとしても、手やコップに菌がついていたら意味がないですよね。ですからまずうがいをする前に、手をしっかり洗います。それから清潔なコップを用意します。

私は手洗い→うがいの癖だったのでこれはOKでした(*´ο`*)=3

 
2.ガラガラのまえに…口内洗浄

まずは口の内に残っている食べかすや雑菌などを取り除くため、お茶を口に含んでゆすぎます。いわゆるブクブクうがいですね。歯磨きの後に口をゆすぐようなイメージで、強めにぶくぶくと口の中をゆすぎましょう。

この時に上を向いてしまうと、口の中の雑菌がのどに流れてしまうので、必ず下を向きながら行ってください。

口の中の菌を外に出すという意味では、ガラガラうがいよりもこちらの工程の方が重要な気がしますよね。私はこれを知らず、いきなりガラガラとうがいしちゃっていましたー(;´▽`A“

 
3.ここで、ガラガラうがいを!

次にお茶を口に含んで上を向き、ガラガラとうがいをします。この時に「おー」などしっかり声を出しながら行うと、のどの奥のウイルスなどもしっかり洗浄できます。

舌を上に突き出すようにすると、喉の奥までガラガラしやすいですよ。むせるのには要注意ですが…

引用元:https://youtu.be/P6wWzDZDWU0

 

最後に


いかがでしたか?
お茶うがいの効果と方法!風邪予防にお茶でうがいを始めよう! でした♪

お茶うがいで期待できる効果は…
  • 風邪予防
  • 口臭予防
  • 虫歯予防

大切なのはカテキンが含まれたお茶で行うこと!カテキンの抗菌・抗ウイルス効果によって風邪や口臭などの予防になります。

私は緑茶で試してみましたが、口の中に緑茶の味と香りが広がって、まるで食後のよう・・笑。口がさっぱりして気持ちよかったですよ。これはうがい薬より快適です。

毎日食後にお茶を飲む方、紅茶でティータイムが習慣の方、少しでも風邪を予防したい方などなど、毎日のうがいをお茶うがいに変えてみてはいかがでしょうか?

それではまた♪最後までご覧いただきありがとうございました!

○ほかにも気になる記事3選○


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ