車のタイヤの空気圧の限界は? 空気圧が適正でないとどんな危険がある!?

 
 
タイヤ空気圧
チェックしていますか?

 

タイヤ空気圧は、

 

高すぎても低すぎても
事故繋がる可能性があります。

 

こちらでは
タイヤ空気圧について、

 

空気圧限界や、
指定空気圧確認方法

 

空気圧高すぎる
低すぎるという場合に、

 

どんなことが起こるのかについて、
ご紹介します=*^-^*=にこっ♪


SPONSORED LINK

タイヤの空気圧の限界は?

 

乗用車
タイヤ空気圧上限は、

 

3.5までという基準があるそうです。

 

ただ空気を入れるだけなら、
4.0いけるという話もあります。

 


タイヤ(車)ごとの適正値とは?

タイヤ空気圧は、安全快適に走らせるための
最適空気圧値があり、

これは指定空気圧と呼ばれています。

この指定空気圧は、
タイヤブランドごとに決められるのではなく

新車装着されるタイヤを基準として、
車ごとに決められるそうです。

 


指定空気圧の確認方法は?

引用元:http://i2.wp.com/shakoire.com/blog/wp-content/uploads/2014/01/air_2.jpg

 
指定空気圧確認方法については、
多くの場合、運転席のドア開口部に貼られた

「タイヤ空気圧」と書かれた
ステッカーに記載されています。

運転席ドアを開ける見ることができるので、
1度確認してみましょう。

なお輸入車の一部では、

給油口フタの裏側
ステッカー貼られていることがあるようです。

更に前後のタイヤ

指定空気圧が違うことも
珍しくないので、注意しましょう。

 


タイヤのインチアップをした場合は?

ホイールを大きいものに交換する
インチアップなどを行った場合は、

タイヤ純正サイズとは異なるので、
指定空気圧も変わってしまいます。

指定空気圧わからない場合は、

交換を行った店舗や、
タイヤ専門店などに相談しましょう。



SPONSORED LINK


空気圧が高すぎる、低すぎる場合、何が起こる?

 

引用元:https://youtu.be/UVT9tuWARIc

 


空気圧が高すぎる場合に、起こりえることは?

空気入れすぎた場合、
タイヤ風船のように張り詰めてしまいます。

そうするとゴム衝撃に対する
クッション性うまく発揮できなくなるので、

衝撃タイヤそのまま伝わってしまい、
切り傷受けやすくなるので、

破裂する可能性があります。

 


空気圧が低すぎる場合に、起こりえることは?

空気が少ない場合は、走行時タイヤの歪み
通常よりも大きくなります。

そのまま走ると、
摩擦によるタイヤに異常なほど溜まり

タイヤ剥離破裂
空気漏れなどの現象が起きやすくなります。

例えそうならなかったとしても、

通常よりも操縦性燃費が悪くなり、
タイヤの寿命早まってしまいます。

 


空気圧は、高すぎても低すぎても事故に繋がる

タイヤ空気圧は、高すぎても低すぎても、

タイヤ破裂するなど、
事故繋がる可能性があります。

それは命にかかわるので、
未然に防ぐために、

月に1度

ガソリンスタンドなどで、
空気圧の点検行うようにしましょう。

事故起こってから後悔しても遅いので、
手間はかかってもきちんと行うことが大切です。

なおガソリンスタンドで、

ガソリンを入れる時に
「空気圧も見てください」と言うと、

すぐにチェックして、
足りないなどがあれば調整してくれますよ。

他にもを買ったディーラー
タイヤを買ったタイヤ屋さん

修理をお願いした
修理工場などでも見てもらえるので、

点検のついで近くを走ったついで寄って
空気圧を見てもらうといいでしょう(^▽^)/

 


もしも運転中にタイヤが破裂したら?

もしも運転中
タイヤ破裂してしまったら、

一般道の場合は徐々にスピードを落として
路肩まで移動しましょう。

移動したら、
他の車に気をつけながらタイヤを確認します。

自分対処が難しい場合は、
JAFロードサービスを呼びましょう。

高速道路の場合は路肩だと危険なので、
できるだけ近くのサービスエリア

もしくはパーキングエリアまで移動してから、
タイヤ確認をしましょう。

ガソリンスタンドがあれば、
そこで対応して貰うと安心です。

なおタイヤが破裂する直前には、

車の動き不安定になったり、操縦しにくくなる
といったことが起こりますが、

この時慌てて急ブレーキを踏んだり
急ハンドルを切ったりすると、

事故に繋がる可能性があるので、

落ち着いて
徐々にスピードを落とすことが大切です。

 

 

いかがでしたか?

 

車のタイヤの空気圧の限界は? 空気圧が適正でないとどんな危険がある!? でした♪

 

タイヤ空気圧は、

 

高すぎても低すぎても
事故に繋がる可能性があります。

 

それを防ぐために、

 

1か月1度
必ずチェックするようにしましょう!

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ