太ももの筋肉が痙攣する原因は? 3つのポイントを抑えて解決!!

 
 
突然

 

太ももの筋肉痙攣すると、
驚いてしまいますよね。

 

痛み伴う場合は特に、
早く治したいものです。

 

こちらでは
太ももの筋肉が痙攣する原因

 

病気の可能性、

 

対処法
病院に行くなら何科がいいか、

 

などについてご紹介します(*゚▽゚)ノ バッ


SPONSORED LINK

太ももが痙攣する原因は?

引用元:http://konatoki.com/wp-content/uploads/2014/12/Fotolia_70797093_XS-min.jpg.pagespeed.ce.v_ly9SGSr6.jpg
 

★そもそも痙攣とは★

 

痙攣とは

 

自分の意識とは関係なく起こる、
筋肉の収縮を指します。

 

★太ももが痙攣する3つの原因とは★

 

★血流が悪い★

例えば冷え水分不足血流が悪くなると、

筋肉動かすのに必要な
グリコーゲンなどが正常に行き届かなくなるため、

筋肉が収縮して、

太もも内側裏側痙攣したり、つったりする
と言われています。

 

★運動不足★

太ももつったり痙攣したりするのは、
運動不足が大きく関係しているそうです。

例えば普段あまり運動しない人
歩いたり走ったりすると

太もも筋肉が痙攣することがありますが、

これは
普段動かしていない筋肉動かしたことで、

筋肉がその運動ついていけず
つったり、痙攣したりするようです。

 

★筋肉の使いすぎ★

太もも筋肉の痙攣運動不足でも起こりますが、

逆に運動のしすぎ
つまり筋肉を使いすぎても起こるようです。

筋肉使いすぎると、
収縮緊張断続的続けてしまうことで、

筋肉収縮しなければならない、と
誤作動を起こして、

太ももがつったり、痙攣したりする
と言われています。



SPONSORED LINK


太ももの痙攣、病気の可能性は?

 


肝臓に異常がある

太ももがつる、痙攣するという場合、

東洋医学では、

肝臓に異常がある
可能性が考えられるそうです。

肝臓胃腸吸収された
全て栄養処理を行いますが、

その栄養過剰処理しきれない場合、

筋肉痙攣させて
燃焼させようとするそうです。

代表的なものが、太ももにも起こる、
こむら返りだと言われています。

そういったことから、
あまりに頻繁太もも痙攣するという場合、

肝不全など、
肝臓の病気の可能性があるため、

病院を受診することが勧められています。

 


脳神経に異常がある

太もも頻繁痙攣する場合、

からの神経伝達物質

うまく行き渡っていない
可能性があるそうです。

例えば、
脳炎髄膜炎などの場合も、

などに
痙攣が起こることがあるそうで、

これは発熱吐き気などの症状が
共に現れると言われています。

また神経の伝達がうまくいかないのは、
糖尿病関係していることもあり、

特に

両足の太もも交互に痙攣する、
つるなどの場合は

注意が必要だと言われています。

 


他にも色々

太もも痙攣する、つるという場合、

下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症


なども考えられるそうです。

あまりに頻繁太もも痙攣する、
つるという場合は、

1度病院診て貰った方が無難かと思います。

 


SPONSORED LINK


太ももが痙攣した時の対処法とは?



ストレッチする

太もも痙攣した時、特に痛み伴う場合は、

まず筋肉をゆっくり伸ばすことが大切
だと言われています。

痙攣痛み
筋肉が収縮して起こっているものなので、

筋肉を伸ばすことで
痛みを軽減することができるそうです。

を伸ばして、
足の指をつかんで太ももを伸ばすなど、

ストレッチを行いましょう。

引用元:https://youtu.be/u8DP_Q5zyYg

 


マッサージする

太もも痙攣した場合、

優しくマッサージを行うと、
筋肉がほぐれて血行もよくなり、

グリコーゲンなど
不足していたものが行き届くようになるので、

痛みが軽減するそうです。

ストレッチのマッサージをすると、
より高い効果が期待できるそうですよ。

 


太ももを温める

太ももがつったり、痙攣するのは、

冷えによる
血行障害原因のこともあるので、

太もも毛布などで温めることも有効
だと言われています。

痛み動けない場合は、

手でさする
などでも温める効果があるかと思います。

 
 

太ももの痙攣の予防策は?

 

★クエン酸をとろう!★

太もも頻繁痙攣する、つる、という方は、

予防策として

クエン酸含む食品を、
たくさんとることをおススメします。

クエン酸

筋肉伸び縮みスムーズにする効果
を持っているので、

太もも痙攣予防役立つそうです。

またクエン酸即効性があるので、

太もも痙攣してからクエン酸をとると

2~3分で解消
されることもあるそうです。

クエン酸が含まれているのは、

レモン、梅干し、パイナップル、グレープフルーツ、
キウイ、いちご、お酢
などです。

1日の量は、柑橘類なら1個
いちごなど小粒なものならば5~6粒

梅干しの場合は、
2~3個を目安に食べるといいでしょう。

クエン酸入りの飴
なども販売されているので、

ポケットカバンなどに
いつもいれておくようにすると

咄嗟の時に役立つかと思います。

 

★運動しよう!★

運動不足
太もも痙攣招くので、

普段からエスカレーターではなく
階段使う

近所に出かける場合は車ではなく
徒歩で行くなど、

できるだけ運動するように心がけましょう。

できれば

1回20分以上運動を、
週に3~4回行うようにすると、

太もも痙攣予防役立つかと思います。

 

★冷やさないようにしよう★

冷え
血流を悪くするので、

太ももがつったり、痙攣する原因になります。

太もも出すような服装はできるだけ避けて

また太ももだけでなく
体全体冷やさないように、

お風呂
シャワーで済ませるのではなく

湯船しっかり温まる
ことをおススメします。

 
 

★太ももの痙攣で病院に行くなら?★

 

太もも痙攣
あまりに頻繁に起こるなら、

 

まずは整形外科行く
ことが勧められています。

 

椎間板ヘルニア腰痛
などが関わっている可能性があるので、

 

異常がないか調べて貰いましょう。

 

もし整形外科
特に異常はないと言われて、

 

その後もまだ
太もも痙攣が続く場合は、

 

内科的な病気
隠れている可能性があります。

 

その場合は

 

内科や、
神経内科受診することを

 

おススメします。

 

 

いかがでしたか?

 

太ももの筋肉が痙攣する原因は? 3つのポイントを抑えて解決!! でした♪

 

太もも痙攣する原因は、

 

多くが血行不良
運動不足などのようですが、

 

病気の可能性もあるようです。

 

あまりに頻繁
太もも痙攣する場合は、

 

病院で診て貰うことを
おススメします。

 

またこちらでご紹介した

 

対処法や、予防策などを
試して頂けたらと思います(*’-‘*)エヘヘ

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ