靴下の編み方 初心者におススメなのは棒針? それともかぎ針??

 
 
寒い季節になってきたし、今年は編み物なんてやってみようかな…という方、靴下はいかがでしょうか。

セーターなど大きなものは編むのに時間もかかりますし、後で着ることを考えると、色も無難なものを選んでしまうかと思います。
でも靴下なら、多少派手なものでもかわいいですよね。身に着けられる点も実用的。

好みの毛糸で自分で編んだルームソックスがあったら、ちょっと嬉しいかも( *´艸`)

という訳で今回は、靴下の編み方について、特に初心者におススメなのは棒針とかぎ針のどちらか、手編み靴下のメリットなどについてご紹介します(^_^)


SPONSORED LINK


棒針とかぎ針、初心者さんが靴下編みにトライするなら?


8477542234_f2b9f45a60_z

 
さて、靴下に挑戦してみようかな…と思う時、まず迷うのは、棒針で編むのかかぎ針で編むのかではないでしょうか。

靴下というと、私は棒針をイメージしてしまうのですが、初心者向きなのはどちらなのでしょうか。
まずは、各々の特徴を見ながら、どちらが初心者さん向きなのかをチェックしてみましょう♪

 

棒針で編む?


knitting_needles

 
棒針は見た目は単なる棒で、編む時は2本以上の棒針を使用します。

基本的に棒針は、セーターなどの大きなものを編むのに向いていると言われ、袖口や襟首のカーブなどをキレイにつくることができます。

また靴下を編む場合、かぎ針編みと比べると、棒針編みで編んだ編地の方が伸縮性があるため、履きやすい仕上がりになります。

マフラーを編む場合も棒針編みが一般的で、こちらもかぎ針編みに比べて肌触りやわらかく仕上がります。

ただかぎ針編みに比べて難しいため、特に初心者には向かないと言われることが多いようです。


 

かぎ針で編む?


crochet-hooks-356752_640

 
かぎ針とは鉛筆ほどの大きさの針のことで、先端がかぎ爪状になっています。
様々な太さがあり、それらは号数で表します。


かぎ針には、棒の片側がかぎになっている「片かぎ針」と、両側が異なる号数のかぎになっている「両かぎ針」があり、他にレース糸を編むための「レース針」と呼ばれるものや、極太の糸で編むためのジャンボ針もあります。

かぎ針編みは、棒針編みに比べて失敗をしにくく、初心者向きだと言われています。


SPONSORED LINK


初心者の方はかぎ針編みから始めよう!


初心者の方がかぎ針編みをしようと手芸屋さんに行っても、種類がありすぎてどれを選んだらいいか困ってしまいますよね。
そんな時は、少し太めの5号か7号のかぎ針を選ぶといいそうですよ。

糸もたくさんありすぎて悩んでしまうと思いますが、

かぎ針初心者におススメなのは、
こちらも少し太めの「合太」や「並太」を、色は編み目が見やすいように白っぽいものや淡い色合いがいいでしょう。


靴下を編むための毛糸『ソックヤーン』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Opal 靴下用毛糸 Regenwald 12 9245
価格:1380円(税込、送料別) (2016/11/18時点)



その名の通り、靴下を編むための毛糸で、様々な種類があります。

特徴は、
  • 1玉もしくは2玉でちょうど一組の靴下が編みあがる分量
  • 靴下に必要な、伸縮性や耐久性、吸放湿性のある糸であること
  • ウォッシャブル加工されているものが多い
ちょっと細めのものが多いので、初めて編むにはハードルが高そうですが、色合いもかわいいものが多いので、靴下編みにはまったらぜひ編んでみてください♪


最近は100円ショップでも色んな毛糸が売られていますから、お試しにもってこいですね(*^^*)

ですが、もこもこ毛足の長いファンシーヤーンや、クルクルのループヤーンなどは、靴下を編んだらかわいいし冬には特に良さそうに思いますが、これらの毛糸はとにかく編み目が見えづらく、全く初心者向きではありませんのでご注意ください。

特に、針から編み目が離れるかぎ針編みでは、もうさっぱり分かりません(笑)

もし、どうしてもこういったフワフワのファンシーヤーンが使いたい場合は、履き口にアクセントとして使うか、見やすい毛糸と引きそろえて使うという手がおすすめです。
不安な場合は、店員さんに尋ねるといいですよ。


SPONSORED LINK


靴下編みは難しい?手編みの靴下のメリットは?


靴下編みが難しいと言われる理由は?


靴下の編み方はマフラーのような「平編み」ではなく、「輪編み」という技法を使います。

「輪編み」は「平編み」より難しいうえに、棒針での靴下編みの場合「輪編み」専用の輪針が使えず、普通の棒針を4本組み合わせて「輪編み」をする必要があります。
これが靴下を編む時の最大のハードルと言われています。

また靴下はかかと部分に「引き返し編み」という技法を使うのがほとんどで、これは編み物技法の中でも難しい技術のため、初心者の手に余ることが多いようです。

日本で靴下を編む人が減ったのは、この技法が難しすぎるからだと言われています。

 

手編み靴下のメリットは?


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rkBpUnJT1hk

■早くできる

これは靴下に限らず小物全般にあてはまりますが、セーターなど大きなものと比べると早く編むことができます。
初心者の方はある程度時間がかかりますが、慣れてくれば1日で編めるようになるそうですよ。

 

■実用的で暖かい!

市販品はちょっと小さいなど、自分にピッタリ合うものはなかなかないかと思います。
でも手編みなら微調整が可能ですし、色なども自分の好みに合わせて選べますよね。

肌触りにこだわるなら、最上質の手編みウール糸で編むといったこともできますし、市販品と比べると手編みは圧倒的に暖かいとも言われています。

 

■編み物に必要な技法をマスターできる

靴下を編むには、かかとやつま先をつくる必要があるので、単純にまっすぐ編んでいくマフラーなどと比べて難しいと言われています。
様々な技法を駆使する必要がありますが、それはセーターを編むのにも使われます。

ただ靴下はセーターと違い短い時間で編むことができるので、必要な技法をマスターするのに向いているようです。

編み物初心者の方は、靴下を編んで必要な技法をマスターしてから、セーターを編むと比較的楽にできるかと思います。

 

初心者向け靴下の編み方サイト

●初めてのソックス●

(詳しくはこちら

 
●靴下の編み方まとめサイト●

(詳しくはこちら

 

初心者におススメの本


「かぎ針だけでこんなに編める! ソックス&ルームシューズ」


写真入りの解説が分かりやすく、長編みといった基本的な技法を使って編めるものもあり初心者さんにもおすすめの一冊。
そして何より素敵な靴下の数々に、編みたい意欲もアップしちゃいます♪



 

「つま先から編む かんたん、かわいいくつ下」


つま先から編む靴下の編み方を、豊富な手順写真でわかりやすく説明している本です。
履き口から編む編み方より、簡単に履き心地のいい靴下が編めるそうです。


 

「手編みのソックス」


棒針を使った靴下の編み方の本で、基本が写真付きで詳細に紹介されているので、初心者におススメです。


 

最後に


いかがでしたか?
靴下の編み方 初心者におススメなのは棒針? それともかぎ針?? でした♪

手編みの靴下は最初はしいかと思いますが、暖かさや肌触りのよさが、市販品とは比べものにならないので、是非試して頂けたらと思います。

それではまた♪
最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ