これで安心! 厄払いのマナー 6つの外せないポイント!!

 
 
厄払い、特に初めての方は
細かいことがわからず困ることが多いかと思います。

 

滅多にない行事ですし、
神事であるからには失礼があっては大変です。

 

いつ、どこに行けばいいの
?料金は?料金袋は?服装はどうすればいいの?


 

そういった疑問について、
こちらでご紹介したいと思いますヾ(o´∀`o)ノ


SPONSORED LINK



厄年とは?

引用元:http://www.jc-km.net/wp-content/uploads/yakubarai.jpg


 
★男性の厄年★ 『25歳』 『42歳』 『61歳』

★女性の厄年★ 『19歳』 『33歳』『37歳』 『61歳』

 

厄年とはこの年齢の時に、つまりよくないことが
その身に降りかかると言われている年のことです。

 

もっとも大きな苦難があるとされているのが大厄で、
男性の場合42歳
女性の場合は33歳だと言われています。

 

これは男性なら仕事上で重要な立場を任される年齢で、

 

女性は育児や仕事の両立などで精神的
疲労しやすい時期だから、健康を損ねる、

 

災難に見舞われると考えられるからだそうです。

 

大厄のの年を前厄、後の年を後厄といい、

 

大厄を含めた三年間
特に気をつけた方がいいという考え方もあります。

 

●科学的根拠なし

大厄と言われる42歳は『死に』 33歳は『散々』など、
語呂合わせで決められている可能性があります。

 

そもそも厄年は陰陽道を起源とした、平安時代からの風習です。

 

現代とは成人、結婚、出産などの時期が異なりますし、
当然科学的根拠はありません。

 

厄年は数え年で

厄年は現在のように誕生日で歳を数えるのではなく、

 


生まれた時を1歳と考えて、
1月1日を迎えるたびに年齢を重ねるという計算方法です。

 

●必ずしもそうとは限らない
神社、お寺によって異なる場合があります。

 

数え年ではなく現在のように誕生日で数える場合、

 

それから前厄や後厄をする、しないも
神社、お寺によって異なるので、

 

厄払いに行く前に事前に問い合わせることをおススメします。

 

●厄払いのマナーについて

常光円満寺 厄除け祈願

引用元:https://youtu.be/qrUOO8FP89w

 

受ける時期は?

厄払いは厄年に入るに受けるのがよいと言われています。

 

といっても新年を迎える前の大晦日までという訳ではありません。

 

は節分の翌日の『立春』
新しい1年の始まりとされていたので、

 

厄払いは元旦から節分の前までに受けるのがおススメです。

 

元旦の初詣や節分の時期に行う方が多いそうですよ(*>∀<)ノ))★

 

●他の日は?

現在は一年中いつでも厄払いを受け付けてくれるようなので、
誕生日や都合のつく大安日などもいいそうです。

 

神社、お寺によっては『厄除大祈願祭』など、
厄払いの時期を設けているところも多くあるので、

 

その時期に訪れるのもいいですね。


SPONSORED LINK


場所は?

神社とお寺で悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

優劣がある訳ではないので、
ご自分の信仰、地域、氏神様などで決めるのがいいそうですよ。

 

ちなみに厄払いは神社、
厄除けはお寺と言われることもありますが、
必ずしもそうとは限りません。

 

厄除けという呼び方が神社で使われることも、
そのもあるので、呼び方の違いにこだわる必要はありません。

 

料金は?

『お気持ちで』という神社、お寺も多いようですが、
基本的には5000円以上納めるのがマナーと言われています。

 

厄除けを申し込む用紙
『3000円』 『5000円』 『7000円』とあり、
どれかに○をつけるようになっている場合もあるようです。

 

ちなみにこの金額によって
祈祷内容や効能が変わることはありません。

 

ただ何日間など続けて祈祷する場合、
授与物の内容に違いが出る可能性はあるそうです。

 

●受け渡しのタイミングは?

料金は祈祷料などと呼ばれますが、
それは厄払いをお願いする神社の社務所や祈祷受付所で、

 

そこに置かれている申込書に記入後、
その用紙と一緒に職員の方に渡すのが基本です。

 

その用紙がない場合もあるそうなので、
その場合は受付の方などに質問するといいでしょう。

 

料金袋は?

yakubarai

紅白の水引きのかかった普通ののし袋に、

 

神社の場合表側に『御初穂料』『玉串料』

 

お寺の場合『お布施』と縦書き、

 

そのにどちらも同じく自分の名前を縦書きします。

 

裏面下部にはこちらも縦書きで金額『5000円』などと書きます。
紙幣は新札を入れるのがマナーだと言われています。

 

●のし袋がなくても

料金はのし袋に入れるのがマナーだと言われていますが、

 

厄除けは七五三やお宮参りなどとは違い、
お祝いではないので、のし袋は必要ないとも言われています。

 

現金のまま受付で支払っても、なんの問題もないそうですよ。

 

服装は?

スーツなど正装が望ましいと言われることもありますが、
実際はそういった決まり事はないようです。

 

とはいえジーパンは不可の場合がありますし、
あまりにカジュアルすぎると周囲の目が痛いかもしれません。

 

場所に合わせた服装を選ぶようにすることと、

 

あとは厄払いは基本的に
1月から2月の寒い時期に受けることが多いので、
暖かい服装にしましょう。

 

神社、お寺によっては暖房器具などがない場合もあるそうです。

 

予約は?

神社、お寺によっては電話予約が不要のところもありますが、

 

宮司が不在の可能性もあるので、
事前に電話で確認することをおススメします。

 

例えば服装など、不安疑問があれば
その時に聞けばいいですし、

 

初めての場合は特に当日どうすればいいのか、
事前に聞いておくと安心です。

 

特に有名な神社、お寺で『厄除大祈願祭』などの時期に行く場合は、
混み合うことが予想されるので、
現地では質問したりすることが難しいかもしれません。

 

神社、お寺の方に問い合わせるか、
厄除けの経験者の方に話を聞くなどしておけば

 

当日に慌てずに済みますよ。

 

最後に

いかがでしたか?

 

これで安心! 厄払いのマナー 6つの外せないポイント!!

 

でした!

 

厄払い自体に科学的根拠はないので、

 

必要以上に気にして
振り回されるのはよくないかと思います。

 

ただ厄年をきっかけに健康面などに気をつけるのは、
けして悪いことではありません。

 

悪く考えるのではなく、
よい方向に考えることをおススメします(*^。^*)

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ