車検切れの車を車検に出す人が知っておきたい3つのコト

 
 
ガレージに眠っている車検切れの車。

 

再び使用するには、
先ず車検に通さなくてはいけません。

 

でもどうやって、車検に出したらいいのでしょうか?

 

車検切れの車でも、車検に出すことはできます。

こちらでは車検切れの車を車検に出す方法
車検の流れについてご紹介したいと思います(*^。^*)


SPONSORED LINK



車検が切れたら

運転は絶対ダメ!

車検が切れた車で公道を走ると、
逮捕されることもあります!

 

罰金があるのは当然で、最高80万円とられます。

 

更に事故を起こした場合は前科もつきますし、罰金も増えます。
免許停止、免許取り消しの可能性もありますので、

 

車検が切れた車は絶対に運転してはいけませんよ!

 

車検って受ける必要があるの?

車検は「必要ない」とか「お金をとりたいだけ」
とか言われることがありますが、

 

車検の支払いのうち約9割は税金になるので、
車検、整備工場は特別儲かる訳ではないと言われています。

 

普段車に乗っている方で、自分でチェックや整備をしている方は、
驚く程少ないものです。

 

だからせめて2年おきくらいは、
しっかり整備しましょうという制度なのです。

 

ですから、車検はちゃんと受けるようにしましょう!

 

車検を受ける場合

業者に頼むことが一般的ですが、
それ以外の方法もあるので、ご紹介します。

 

●ユーザー車検●

これは車を自分で公的な車検場に持って行き、
車検も自分で受けることを差します。

 

個人では車積載車を手配するのは
非常に手間なうえに費用がかかるので、

 

仮ナンバーを取得するのがおススメです。

 

ただこちらもちょっと面倒で、

まず運輸支局に行って自賠責を取得、
それから役所で仮ナンバーを取得、

 

更にまた運輸支局に戻る必要があります。

 

また点検整備に関しては、

知識のない素人が行うのは難しいので、
業者に依頼することになるでしょう。

 

このユーザー車検のメリットは、
なんといっても安く済むことです。

 

数万円は費用を節約できると言われています。

 

ただし国の機関は
平日の朝から夕方までしか受付していないので、

平日に休みがとれること。

それから規定を満たす整備ができていないと
車検に通らない点に注意が必要です。

 

失格になると再整備して何度も行く必要があるので、
かえって手間がかかることになりますよ(>_<)

 

●車検代行業者に頼む●

車検代行は、検査場に車を持って行き、
検査を受けることを代行してくれます。

 

頼む場合は車を運ぶ為の
トラックなどの手配が必要なので、

 

必ず業者に車検切れであることを伝えましょう。

 

自分で車検を受けに行く時間はないけれど、
格安で車検を受けたいという方におススメの方法です。

 

車検はどこで受けられるの?

車検が安いのはどこ?

引用元:https://youtu.be/OlTyvoMjlnE

 

●運輸支局●

→国の機関で、その地域の公的な車検場のことです。

 

●民間整備工場●

街中にある自動車整備工場のことで、2種類にわけられます。

『指定整備工場』

→公的な車検場にあるような
設備を備えた民間の工場のことで、

その工場の中で車検を取ることができます。

 

『認証整備工場』

→こちらは点検整備のみできる工場のことで、
整備後公的な車検場に車を持って行くことになります。

 

●ディーラー●

→自動車メーカーの車検です。

設備、人材、ノウハウなどが高水準ですが、
費用は割高になります。

 

●車検専門フランチャイズ●

→車検のみを専門として取り扱っているお店のことです。

民間の整備工場をフランチャイズ化して
営業しているところもあります。

均一なサービスと、明確な価格設定、
加えて非常に早く車検を通すことができます。

 

●ガソリンスタンド●

→国家整備士を配置するなど高い整備に加えて、
安くて早い車検ができます。



SPONSORED LINK


車検にかかる時間は?

最短2時間、最長1週間くらいが目安です。

 

大がかりな整備が必要な車で
土日を挟むと長くかかりますし、

 

ユーザー車検でスムーズにいけば半日で終わることもあります。

 

ただ車検は予約が必要で、
特に土日祝は込み合うことが多いので、

 

車検の日数は予約まで含めて考えるようにしましょう(゚∀゚)

 

車検の流れ

引用元:http://car-inspection.jp/images/koutei/3setumei2.jpg

 

業者に依頼した場合、流れとしては以下のようになります。
車検の見積もり予約

車検の実車見積もり

見積もり書確認

車検の予約

予約日当日。入庫、受付。

車検。法定点検、継続点検。

車の引き取り。料金の支払い。
 

車検切れの車と車検済みの車、費用に差はあるの?

車検切れの車の場合は、
そのまま公道を走ることができないので、

 

トラックを手配する、仮ナンバーを取得するといったことに、
費用がかかってしまいます。

 

その為、基本的には車検切れの車の方が、
費用がかかると思った方がいいでしょう。

 

ただ費用は業者によって異なり
自社でトラックを持っている業者は、
その費用をサービスしてくれる場合もあります。

 

少しでも安く済ませるなら、インターネットを利用して
複数の業者に見積もりをとるといいですよ。

 

更に見積もり書を確認する時に値引き交渉をすると、
安くなる場合もあるそうです。

 

是非試してみてください(*^-°)v

 

最後に

いかがでしたか?

車検切れの車を車検に出す人が知っておきたい3つのコト

でした!

車検切れの車を車検に出すのは、
どうしても手間がかかってしまうようですね。

 

車検が切れるであればその手間もいらないので、
有効期限確認は必ず行うようにしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ