【初心者必見!】一眼レフの掃除の料金はいくら?セルフと外注で比べてみた

 
カメラは基本的に外に持ち出すものなので、使えば使うほど汚れが溜まります。

そのまま放っておくと、せっかく撮った写真にゴミが映りこんでしまったり、最悪の場合、故障などにも繋がりますから、普段のお手入れは大切です。

こちらでは一眼レフの掃除をセルフでする場合と、外注する場合についてご紹介したいと思います(*^。^*)


SPONSORED LINK

初心者でもできる!一眼レフの掃除方法


ブロアーを使った掃除方法


用意するものは…

●ブロアー


空気の力でホコリを飛ばすもので、お手入れには必須です。

手のひらでしっかり握れるくらいのやや大きめサイズで、劣化しにくいシリコンゴム製を選ぶのがおススメです。

工業使用のためのブロアーは、ゴムがくっつかないように内側に粉が吹いてあるものがあり、それを使ってしまうとその粉でレンズ等が汚れてしまうことになるので、カメラ清掃用として売られているものを選んでくださいね。

 
●クリーニングペーパー



クリーニング液が染み込んだ、手のひら大のペーパーのことです。

個別包装されているものなら、外出時も簡単にお手入れができますね。

 
●レンズペン



レンズを掃除する専用のペンのことで、先端の清掃チップは球面状のものもありますが、平面がおススメです。

 
ここまでは、カメラ用品店で購入できます。よく使うものなので、揃えておくと安心ですよ。

引用元:https://youtu.be/KMe7w75MUmw

あとは細かな部分の掃除をする時に使う、綿棒、爪楊枝、割り箸。ボディを拭く為の、湿らせたタオルを用意しましょう。

SPONSORED LINK

ボディは?


レンズを外した時に出てくるマウントリングと、その内部はデリケートなので注意が必要です。砂粒などが残った状態で拭くと傷の原因になるので、ブロアーで大きなホコリなどを飛ばしましょう。

ファインダーの覗き穴部分、ホットシューというストロボなどのアクセサリを取り付ける金属部分は、綿棒で掃除します。ボタン周りなどは特に細かいので、爪楊枝を使いましょう。

その際はまず爪楊枝の先端1~2㎜くらいを折って、切ったクリーニングペーパーを、爪楊枝の先端が出ないようにきつく巻きます。これでカメラを傷つけずに、細かいところまで掃除をすることができます。

あとは全体を、固く絞ったたタオルで拭きましょう。

普段手が触れるところは、さほど気を遣わず拭いても問題ありません。

 

マウントは?


金属部分をクリーニングペーパーで軽く拭きとりますが、この時、奥にある部品は絶対に触れないようにします。傷をつけたり、故障の原因になる恐れがあります。

ホコリがあるなら、ブロアーで飛ばしましょう。ただしカメラ内部にホコリが入らないように、マウントを下にしてブロアーを使います。

SPONSORED LINK

レンズは?


レンズをカメラから外して、大きなゴミをブロアーで取り除きます。フィルター、レンズ面のゴミは特にしっかり飛ばし、次にフィルターのフチを拭きます。

レンズ面は折り曲げたペーパーで、レンズの中心から外側へ、弧を描くように拭きましょう。仕上げはレンズペンで、この時も汚れをレンズの中心に持っていかないように、真ん中から外側へ動かすようにします。

レンズの1番先端の前玉、1番マウント側の後玉は、基本的にブロアーでホコリを落とし、奥まった場所の場合は、割り箸にクリーニングペーパーを巻きつけて掃除します。

 

一眼レフの掃除、セルフでするのにかかるお金は?


セルフで掃除をする場合は、上記でご紹介した工程を行うために道具が必要ですので、その道具にお金がかかることになります。

ニコン 『クリーニングキットプロ』


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ニコン クリーニングキットプロ2 CK-P2[CKP2]
価格:7940円(税込、送料無料) (2017/11/24時点)


クリーニングに必要な機材と、説明CD2枚が1つになっていて、作業方法や手順、注意点が実演ムービーでわかり易く説明されています。プロの技術が手軽に体得できます。

道具一式にDVDが付いての価格なので、なかなかいいお値段ですね(^_^;)カメラ洋品店などで必要な道具をバラで揃えた場合はもう少し価格が抑えられるかと思いますが、初心者の方がセルフで掃除をしようと思うと道具にこの位~のお金がかかることになります。

 

一眼レフの掃除、外注するなら?値段は?


ミラーやフォーカシングスクリーンなど、カメラ内部の掃除は、初心者の場合は特に外注した方が安心でしょう。

自分で掃除をすると内部を傷つけてしまったり、触ったことで作動に影響が出ると、それが原因で故障する可能性もあります。自信がない場合は、プロに頼む方が無難です。

各メーカーで、サービスセンターやHPで申し込むとメンテナンスサービスを受けることができますので、ご利用のカメラメーカーのHPなどでそういったサービスがあるかをまずチェックしてみてください。

メーカーや機種によって料金が違ってきますが、キャノンなら3,240円と、先にご紹介したクリーニングキットよりかなり安く済んでしまいます。正直これなら、故障のリスクを抱えながらキットを使ってセルフで行うより、安心して任せられる外注で清掃してもらう方がお得な気がします(”Д”)

掃除の技術を身に着けたい!という方や、カメラを預けないで好きなときに掃除がしたい!という方以外は外注がおすすめですね♪

以下に主な外注先をご紹介しますね。

●外注先は?


キャノンの場合


あんしんメンテ スタンダード

キヤノンのサービスセンターと修理センターにて、レンズ交換式の一眼レフの点検、センサー表面の清掃などのメンテナンスをしてもらえる“あんしんメンテ スタンダード”というサービスが用意されています。

キャノンのサービスセンサーに直接持ち込むか、HPを通じて引き取りを依頼すれば利用できます。

料金は3,240円(税込)。このサービスは製品の保証期間内であっても有料となっていますのでご注意くださいね。

(詳しくはこちら
 

ニコン


おまかせ定期メンテナンス

キャノン同様、サービスセンター窓口とインターネットから、専門のメンテナンスメニューを利用することができます。

ニコンの場合はご利用のカメラのタイプによってメンテナンスの内容が違い、そのため価格は機種によって変わるので料金は要問合せです。

ご利用の際は、まずHPをご確認のうえ、サービスセンターや問い合わせ電話で詳細を確認してくださいね。

(詳しくはこちら

 

フクイカメラサービス


365日翌日集荷のうえ、無料集荷、無料配送の嬉しいサービスがあります。

こちらはローパスフィルターの清掃の場合、一律2160円です。

(詳しくはこちら

 
ご注意
こちらでご紹介した金額などは変更の可能性もありますし、機種によっては受付そのものが不可の場合もあります。必ずHPを確認して頂くか、お問い合わせするようにして下さい。

 

最後に

いかがでしたか?
【初心者必見!】一眼レフの掃除の料金はいくら? セルフと外注で比べてみた でした!

一眼レフは、掃除はもちろんですが、保管にも注意が必要です。押入れにしまったりすると、いつカビが生えてもおかしくないので、防湿庫か簡易防湿ケースへ<保管するようにしましょう(^-^*)/

私はこれを愛用中↓
コンパクトで、除湿剤の取り換えも簡単(^▽^)/
お値打ちですし、おススメです!


 
大切なカメラですから、長く愛用できるようにお手入れも気を付けてあげたいですね。

それではまた。最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

2 Responses to “【初心者必見!】一眼レフの掃除の料金はいくら?セルフと外注で比べてみた”

  1. えやぴん より:

    はじめまして 記事がとても参考になりましたのでお礼のコメントです。キヤノン6Dを使っています。フクイカメラさん利用したいと思います。キヤノンは保証期間も有料化し、セット料金となりましたので、宅配の配送がセットになると5千円程度になるようです。
    ブロアーを早速購入し、ファインダーごみと合わせて取りたいと思ってますが、ファインダーごみがセンサーに着いてしまうことはありませんか?よろしければ教えて下さい。

    • nekote より:

      えやぴん様

      この度は記事をご覧いただきありがとうございます。お役に立てたとの事とても嬉しいです!
      返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      まずは、キャノンの新しい情報を教えてくださってありがとうございます。早速記事に反映しますね。

      ファインダーのごみについてですが、私はまだ、撮影中に気になるほどのごみがついたことがないので
      経験からお話ができず恐縮ですが…。
      ファインダーのごみを掃除するためにブロアーを使い舞ったゴミがセンサーにつく可能性はゼロではないと思います。
      ただ、ファインダーのごみに関しては、そのゴミが付着している部分(ファインダースクリーンやペンタプリズム)が
      とても繊細なため、セルフでのお掃除自体をあまりおすすめできません。
      センサーにゴミが飛ぶことも気になりますが、掃除でスクリーンを傷つけたり、ゴミがペンタの奥へ行ってしまう
      リスクの方が怖いのです。
      実際にファインダーのごみを経験している方の多くも、この部分に関しては、写真そのものに影響がないこともあり、
      “触らぬ神に祟りなし”という対応をしているようです。
      ですので、ファインダーのごみに関しては、気にしない!というのがおすすめですが、
      どうしても気になる場合はぜひ、プロの力を借りて掃除を行ってください。

      それでは、記事をご覧くださりコメントまでいただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。
      ありがとうございました!
      楽しいカメラライフを^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ