子供の鉛筆の持ち方 間違った持ち方のデメリットや矯正グッズを紹介!!

 
 
お子さんがお絵かきなど始めると、そんな子供の横で大人は、「持ち方は正しいかしら?」とか、「えー!その持ち方全然ちがーう!」なんて心配してしまいますよね。

私も息子の鉛筆の持ち方を心配しましたが、有難いことにすんなり身につけてくれました。(左利きですが…)

ですが、この記事を書いている私自身が、実は鉛筆の持ち方が間違っています。
受験生の頃、字を沢山書くと手がすごく疲れて困ったのですが、原因はこの間違った持ち方にあったのではと思っています。

大人になって字を書く機会そのものは減っていますが、書類など人前で字を書くときに恥ずかしい気がして、何度も矯正を試みていますが未だ成功していません。ウン十年物の癖は伊達じゃない…( ;´Д`)

そう、子供の時に身についたことは、大人になってから直すのはとても難しいです!

ですから、子供にはぜひ最初から、または早い段階で正しい鉛筆の持ち方を身につけてあげたいものです。また、間違って覚えてしまった子も、早い段階で矯正してあげられるといいですよね。

そこで、こちらでは子供の鉛筆の正しい持ち方と、間違って覚えていた場合の矯正グッズについてご紹介したいと思います。


SPONSORED LINK


鉛筆の持ち方が与える影響とは?


たかが鉛筆の持ち方、されど鉛筆の持ち方。鉛筆の持ち方はどんなことに影響があるのでしょう。

正しい鉛筆の持ち方をしていたら


 
姿勢がよくなり、手や肩、首や目が疲れにくくなるので、長時間勉強に集中することができ、学力の向上に繋がると言われています。

加えて正しい持ち方は見た目もいいですし、手をスムーズに動かせるおかげで綺麗な字を書くことができます。

昔、私が店員としてお客様に住所を書いて貰った時、とても変わったペンの持ち方をした方の字が読めなくて困ったことがありました。もちろん『汚くて読めない』とは言えませんし(^_^;)

そういったことは何度かあったので、持ち方が字の見た目に関係しているのは、間違いないのではと思います。

 

間違った鉛筆の持ち方をしていたら


 
姿勢が悪くなり、手や肩、首や目が疲れやすくなるので、勉強に集中することができず、学力の低下に繋がります。

やはり沢山字を書いた時の、私の手の疲れは持ち方のせいであったようです。学力の面も…この影響が大きかったようであります(苦笑)

字が汚く歪みやすいのはもちろん、視力の低下や背骨の歪みなどをひき起こす原因にもなると言われていますΣ(ll゚Д゚ll)

身体や学力に悪影響を及ぼすこともそうですが、もし間違った持ち方のまま大人になると、恥をかく可能性もありますよね。

特にビジネスでは印象を左右することもありますから、子供の内に正しい持ち方を覚えておくことは、やはりとても大切なことですね。


SPONSORED LINK


鉛筆の間違った持ち方、チェック!


そもそも、間違った持ち方とはどんなものがあるのかチェックして、お子さんの手元をそっと観察してみましょう。
でももし間違っていても、ちゃんと矯正はできますから、今は注意しないでくださいね(*^^*)

 

人差し指が逆反りしている




正しい持ち方と比べると、人差し指が逆に反っている状態です。
これが間違った鉛筆の持ち方で一番多いケースだと言われ、、人差し指の先に力が入り過ぎることが原因だと思われます。

 

鉛筆を垂直に持つ




鉛筆を指全体で力強く握っていると、鉛筆が垂直に立ってしまいます。そうすると無駄な力が入りやすく不安定な書き方になるので、癖字になりやすくなります。

 

人差し指と親指が重なっている




指先だけで書こうとする意識が強いと、親指にかかる力が増えてしまい、人差し指に重なってしまうような持ち方になってしまいます。

ちなみに私はこのタイプ。この状態は同時に人差し指にも力がかかってしまい、指先への負担がとても大きいので手が疲れやすくなると思われます。

 

ペンだこができる位置


正しい鉛筆の持ち方をしている場合、ペンだこは中指の第一関節横にできます。
もし薬指や他の部分にペンだこができているなら、間違った鉛筆の持ち方をしていると言えます。是非、チェックしてみて下さいね。


SPONSORED LINK


正しい鉛筆の持ち方とは?


引用元:http://tombow-ippo.jp/img/holding_img.png

 
鉛筆を持つ時に使う指は、親指、人差し指、中指の3本です。
親指、人差し指、中指の3本をくっつけて、その3本の間に鉛筆を通すようなイメージで持ちます。

正しく持つと、鉛筆は自然に60度になります。

細かく言うと親指は人差し指の少し後ろ、中指は人差し指より前に出ます。薬指と小指は自然に曲げて、用紙に軽く触れるようにします。

 

鉛筆の正しい持ち方は自宅で親が教えるべき!


鉛筆の持ち方は小学校で教えて貰えるから…と思っている方、地域や学校によって差はあれど、どこも恐らく先生が1人ずつ教えてくださることはないと思います。

鉛筆の持ち方を間違って覚えていると、あとで直すのはとても大変です(>_<)

自宅で親が1対1で、繰り返しゆっくり教えることが、正しい持ち方を身につける一番の近道ではないかなと思います。

 

いつ頃から教えるべき?


できれば小学校にあがる前には、正しい持ち方を覚えさせておきたいですよね。

子供は大体1歳くらいになるとお絵かきに興味を持ち始め、そのあと鉛筆に興味を持つようです。その興味を持った時から、遊びの延長で正しい鉛筆の持ち方を教えるといいですよ。

子供が小さければ小さいほど、正しい鉛筆の持ち方は早く身につくと言われていますヽ(^o^)丿

 

矯正に便利なグッズとは?


もちかたくん


引用元:https://youtu.be/5I8tKNODfVo

 
鉛筆にセットして使う、持ち方の矯正具です。

これをセットして、3本の指を決まった位置におくと正しい持ち方になります。簡単で効果抜群ですよ。


 

プニュグリップ



引用元:http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/188e61b121e572bbb4ec08fadb5b5f582fa1c8cd.57.1.8.2.jpg

 
こちらも鉛筆にセットして使う、矯正具です。弾力性が高いことから、使っていて楽だと評価が高いそうですよ。

 


 

家にあるものを利用するなら


●洗濯バサミ


引用元:http://blog-imgs-49.fc2.com/y/u/l/yulalala777/201203060814158b2.jpg

 
洗濯バサミを使った方法です。ただ子供の手には少し大きいかもしれません。あくまで持ち方を覚える、という手段として使うといいでしょう。

 

●クリップ


引用元:http://blog-imgs-49.fc2.com/y/u/l/yulalala777/201203060814313cc.jpg

 
クリップを使った方法です。人差し指をおく部分が平らなので、使いやすそうですね。

 

最後に


いかがでしたか?
子供の鉛筆の持ち方 間違った持ち方のデメリットや矯正グッズを紹介!! でした!

もし子供の鉛筆の持ち方が間違っているのなら、なるべく早く矯正するべきだと思います。私自身、間違った持ち方で癖になってしまい、何度も挑戦していますが、未だ矯正できずにいます。

正しい持ち方でスラスラ字を書く人が本当に羨ましい!

小さな事のようですが、身につけた正しい持ち方はきっとお子さんの財産になります。親子で楽しく、正しい持ち方を教えてあげられたら素敵ですねヾ(^▽^ヾ)

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ