【どこより先取り♪】2016年 イースターはいつ?

イースターとはイエス・キリスト
復活したことを記念する日であり、

 

クリスマスと共にキリスト教徒にとっては
最大の祝日です。

 

とはいえ日本ではクリスマスと違い、

 

ご家庭でイースター
祝うというのは、あまりないかと思います。

 

そもそもイースターって、
いつのことなのでしょうか?

 

こちらではその疑問と、

 

イースターどんなことをするのか
などについて、ご紹介したいと思います\(^▽^)/


SPONSORED LINK



イースターについて

 

★2016年のイースターはいつ?★

 

2016年イースターは、
327日です。

 

ちなみに2015年
4月5日でした。

 

実はイースター
毎年日付が変わります。

 

それは何故かというと、イースター

 

3月21日以後
最初の満月日曜日

 

定義されているからです。

 

ということはその年によって
最大1か月ほど

 

つまり月の周期プラス日数
ズレが生じます。

 

これは紀元325年に開かれた

 

ニカイア公会議という、
世界教会会議で定められたもので、

 

日本を含め現在多くの国で使われている
グレゴリオ暦では、

 

イースター
322から425の間になります。

 

ちなみに
グレゴリオ暦を使っているのは、

 

西方教会、つまり

 

ローマ、カトリック、
プロテスタント、聖公会などです。

 

ギリシャ正教などの東方教会
ユリウス暦を使って計算しているので、

 

イースター別の日になります。

 

こちらの場合、2016年イースター
5月1日です。

 

ユリウス暦グレゴリオ歴の違いは?★

 

ユリウス暦とは、
ローマのユリウス・カエサルが、

 

紀元前46年に制定した太陽暦で、
1年365日とし、

 

また4年1度
366日の閏(うるう)年を置きました。

 

このユリウス暦の場合、

 

約128年につき、1日の誤差が生じる為、
16世紀後半になると

 

イースターなどの日取りを
決めるのに適切でなくなってきました。

 

これを正す為に1582年ローマ教皇
グレゴリウス13世が制定したのが

 

グレゴリオ歴であり、

 

この場合
1日の誤差が生じるのに

 

3000年以上もかかる
という正確さになりましたΣ(゚Д゚)

 

★『イースター』と呼ぶ由来は?★

 

イースター英語での呼び方で、
日本語では復活祭と呼ばれます。

 

ではイースターと呼ぶ
由来は一体なんでしょうか?

 


現在有力とされているのは、

 

8世紀Bedeという
神父が唱えた説で、

 

北方神話春の女神
「Eostre」由来するというものです。

 

つまりイースターは本来
キリスト教とは関係のない

 

異教徒春のお祭りで、

 

それがキリスト教の布教の際に
意味を変え、普及したと考えられています。


SPONSORED LINK


イースターってなにをするの?


イースターエッグ作り方


 

イースターの祝い方★

 

一般的にクリスマスと同様、
家族でごちそうを食べて祝いますが、

 

特に有名なのは
『イースターエッグ』と呼ばれる紙や布、

 

ペイントなどでカラフルに染められた
ゆで卵を使った子供の遊びです。

 

などにを隠して
子供に探させる『エッグハント』や、

 

スプーンにのせ
落として割らないように気をつけながら、

 

誰が1番ゴールできるかを競う
『エッグレース』

 

それから毎年
ホワイトハウスでも行われることで有名な、

 

丘の上から転がす
『エッグロール』などがあります。

 

他にも家族ゆで卵を食べたり、

 

友人や親しい人と
うさぎの形のチョコレートや、

 

中にプレゼントを入れたチョコレート卵
交換しあったりする風習があるようです。

 

それ以外にも有名なニューヨークの
イースターパレードや、

 

生まれたばかりのヒナ
うさぎイラストが描かれた

 

イースター・カード
送ったりもします。

 

以外の、
イースターにまつわる食べものとしては、

 

レーズンスパイスを焼き込んで
十字の印をつけた『ホットクロスバン』

 

ドライフルーツをたっぷりと入れて焼き上げる

 

イースター伝統菓子
『シムネルケーキ』などがあります。

 

うさぎが使われるのは何故?★


イースターでは
うさぎがやたらと使用されますが、

 

その理由はなんでしょうか?

 

まず不動の期間を経て中から
新たな命誕生することから、

 

『死と復活、生命の始まりの象徴』
と言われます。

 

十字架上で死んでから3日目復活した
イエス・キリストが、

 

ちょうどひよこ
の殻を破って生まれてくる時のように、

 

キリストという殻を破って蘇った
ということからきているようです。

 

次にうさぎは春に子供を産み、
更に子だくさんなことから

 

『生命や豊穣の象徴』
という意味があるそうです。

 

つまりイースターイエス・キリスト
復活記念する日なので、

 

復活生命象徴する
うさぎが使われるということのようです。

 

ちなみにうさぎ

 

クリスマスで言えば
サンタ
のような存在とも言われ、

 

カラフルキャンディーなどを
子供達の家に届けてくれるとも言われます。

 

ホワイトハウスで例年行われる
『エッグロール』催しや、

 

子供向けショーなどの行事には、

 

うさぎ着ぐるみマスコットとして
参加するそうですよ(*^。^*)

 

最後に


 

いかがでしたか?

 

イースターって
とっても楽しそうお祭りですよね?

 

身近にあるものですし、
オリジナルイースターエッグを作ったり、

 

宝探しのようにエッグハントをしたり、

 

お子さんはきっと喜ぶでしょうし、
家族みんなで楽しめると思います。

 


 

これまでは
イースターを祝ったことがない方も、

 

2016年から
始めてみませんか?


 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ