ひな祭りが女の子の行事になった理由!昔は男女のお祭りだった?!

 
 
3月3日ひな祭りと言えば、
女の子の健やかな成長を願う伝統行事ですが、

 

元々は男女共に参加する行事だったそうです。
ではいつからのようなひな祭りになったのでしょうか?

 

こちらではその疑問の答えと、

 

ひな祭り食べ物の由来などについて、
ご紹介したいと思いますヽ(^o^)丿


SPONSORED LINK



ひな祭りについて

★ひな祭りの由来とは?★

 

ひな祭り由来は、京の貴族階級の女の子が
天皇の御所を模した飾り付けなどで遊び、

 

健康厄除けを願った
『上巳(じょうし)の節句』

 

だと言われています。

 

それに平安時代宮中
盛んに行われていたという、

 

紙の人形を使った遊び『雛(ひいな)遊び』と、

 

紙で作った人形を川に流して厄災を祓う
『流し雛』が合わさり、

 

人形厄除けの儀式として
用いるようになったことから、

 

最終的に現在のひな祭りのような
祭事になったと言われています。

 

★桃の節句と呼ばれるのは何故?★

 

そもそも節句とは季節の節目のことで、
基本的には神祭を執り行う日とされます。

 

このうち特に五節句と呼ばれる風習
中国から伝わったものに、

 

日本宮中行事が合わさったもので、
江戸時代幕府祝日として定めました。

 

その五節句のひとつが3月3日
『上巳(じょうし)』『桃の節句』です。

 

さて『桃の節句』と呼ばれる理由についてですが、
現在とは時期が少しずれるものの、

 

旧暦3月3日はちょうど
桃の花が咲く時期です。

 

それには昔から邪気を祓うと言われ、

 

今でも桃の枝で制作した弓や剣を使った
『鬼やらい神事』という節分行事があります。

 

また不老長寿を与える植物だとも言われ、

 

それらを合せた理由から節句の名前に
が使われていると言われています。


SPONSORED LINK


★ひな祭りは、元々は女の子の為の行事じゃなかった?★

 

現在のひな祭りと言えば、
女の子の為のお祭りですよね。

 

でも実は
男女ともに参加する行事だったんです。

 

元々季節の節目災難から身を守る為
厄払いとして行われていたものなので、

 

現在のような華やかなお祭りとは
かけ離れた行事でした。

 

それが変わったのは戦国の世が終わり、

 

世の中が平和になった
江戸時代からだと言われています。

 

その頃に五節句のひとつである
5月5日『端午の節句』

 

『男の子のお祭り』認識されるようになり、
それに伴って『桃の節句』

 

『女の子のお祭り』として
認識されるようになったようです。

引用元:https://youtu.be/WFK-G7G9Tn4

 

ひな祭りの食べ物 由来や意味は?

引用元:http://cdn.amanaimages.com
 

★ちらし寿司★

 

ひな祭り
ちらし寿司を食べるようになった理由は、

 

明確にはわかっていないようです。

 

平安時代より桃の節句には

 

『なれ寿司』という現在のお寿司の起源
なったものが食べられていて、

 

それが現在に受け継がれていく内に
より豪華で見栄えのいいものに変わって、

 

今のようなちらし寿司になったというや、

 

お寿司『寿(ことぶき)を司(つかさど)る』
ということで、お寿司自体

 

『お祝いの席で食べる縁起がいいもの』
という意味があるから

 

などいくつかがあります。

 

使われている具材にはそれぞれ、
には『健康でマメに働く』

 

レンコン『先を見通せるように』

 

海老『腰が曲がるまで長生きできるように』
といった意味があり、

 

特に海老赤い色をしているので『魔除け』

 

脱皮を繰り返すから
『出世祈願』の意味があるなどと言われています。

 

★ハマグリのお吸い物★

 

ハマグリは最初に対になっていた貝同士
でないと絶対に合わないと言われ、

 

これは蝶番の部分ハマグリ個体によって
異なる為だと言われています。

 

平安時代にはこれを利用した
『貝合わせ』という遊びがあり、

 

また女の子の『貞操』の象徴
とも言われることから

 

『一生涯、一人の相手と添い遂げる』という、

 

理想的な夫婦像の象徴として
捉えられてきました。

 

そういったことから
『娘が素敵な男性といい結婚をして、

 

幸せな夫婦生活が送れますように』
と願いを込めて、

 

ハマグリのお吸い物を飲むと言われています。

 

★ひなあられ★

 

ひなあられが生まれたのは、
娘達が雛人形を野原や川辺に持ち出して、

 

春の景色を見せる『雛の国見せ』という
貴族階級の風習からだと言われています。

 

その『雛の国見せ』の時に
春のごちそうと共に食べていたのが

 

ひなあられで、
元は菱餅を砕いて揚げたものだったそうです。


 

★菱餅★

 

菱餅と言えば赤、白、緑の3色が美しい、
ひな祭りに欠かせない食べ物ですよね。

 

菱餅中国から伝わったもので、
元は母子草(ははこぐさ)を使った草餅でした。

 

ただ母子草『母子をついて餅にする』
といって敬遠されるので、

 

日本ではヨモギを使うようになった
と言われています。

 

今の形の菱餅になったのは江戸時代からで、

 

『赤は魔除け』『白は清浄』『緑は健康』
という意味があります。

 

また『雪の下には(白)新芽が芽吹いて(緑)
やがて桃の花が咲く(赤)』
というように、

 

を表しているとも言われます。

 

★白酒★

 

ひな祭りに飲むお酒と言えば白酒ですが、
これは甘酒とイコールではありません。

 

甘酒にはアルコールが入っていませんが、
白酒にはアルコールが入っています。

 

元々、平安時代の貴族には『桃花酒』という、

 

日本酒などに桃の花を浮かべ浸したものが
飲まれていました。

 

これは百歳を表す
『百歳(ももとせ)』に通じることが理由で、

 

長寿を願って飲まれていたようです。

 

現在のように白酒が一般的になったのは
江戸時代からだそうですよ。

 

ちなみに白酒は甘くて飲み口がいいですが、
れっきとしたお酒なので

 

子供は飲んではいけません。
ノンアルコールの甘酒にしましょう。

 

最後に


いかがでしたか?
 

ひな祭りが女の子の行事になった理由!昔は男女のお祭りだった?! でした♪

 
ひな祭りについて、
由来意味を知っていると

 

お子さんに聞かれた時も安心ですよね。

 

ちなみに一般的には
3月3日に行われるひな祭りですが、

 

北陸や東北の寒冷の地域などでは
1か月遅れ4月3日に行うそうですよ。

 

旧暦3月3日は、
現在の新暦では4月初め頃にあたり、

 

旧暦から新暦移行する際に、

 

地域によってひな祭りを行う日にち
違いが生まれたと言われています(*^。^*)

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ