2015クリスマスプレゼント 2歳の男の子のトレンドをチェック!!

 
 
先日正月を迎えたと思っていたのに
もうクリスマスシーズンの事を考える時期になりました。

 

子育てしていると本当に
1年があっという間に過ぎてしまいます。

 

幼稚園ぐらいになると流行りものや
お友達が持っている物が欲しかったりと、

 

ある程度プレゼントを悩まなくて済むのですが

 

2歳児のクリスマスプレゼントは難しいですよね。

 

今回は、予算別でおすすめを紹介していこうと思います♪


SPONSORED LINK



3000円以内で買えるプレゼント


つみき


「組み立てる」「壊す」ができるので
室内遊びにはもってこいです♪

保育所などでも女の子より夢中になって
重ねて色々なものを作っている姿を見かけます。

 
 

 

お風呂でペタペタ



我が家の息子は小学校5年生ですが、

お風呂で遊ぶのが大好き
今でも水鉄砲などで一人で遊んでいます。

お風呂嫌いの子でも
おもちゃがお風呂にあると喜んで入ってくれます!

 
 

 

トミカ

引用元:http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M000076/201003027911/_prw_img3.jpg

定番ですが、男の子が大好きなトミカ

どこで覚えるのか凄いレアな車種まで覚えますよね(;^ω^)

その中でも人気は救急車や消防車
クレーン車やパッカー車など働く車たちです。

1つの値段が安いのでセットでプレゼントして、
誕生日のプレゼントでパーキング
トミカタウンを一緒に選ぶと悩まずにすみそうです(`・ω・´)

 

タカラトミー トミカギフト 建設車両セット 4

タカラトミー トミカギフト 建設車両セット 4
価格:1,316円(税込、送料別)


 

 

プラレール


こちらも定番ですが男の子に人気です(ob’Д’o)b

レールがない所でも走行音付きで走らせます。


 

 

図鑑


車の図鑑や虫の図鑑など
子供がすきな物の図鑑をプレゼントしても喜ばれます(ob’Д’o)b

保育所の本でも穴が開きそうなぐらい見ている子供がいます。

文字が少なくイラストや写真がいっぱいあるのがおすすめ♪

あと、よく図書カードをもらうのですが
本屋さんでしか使えないのでプレゼントなどで使うとお得です(笑)

 


SPONSORED LINK


3000円以上のプレゼント


工作、大工セット


とにかく男の子は何回も書かせてもらいますが
作って壊すのが大好きです。

今回は「BRIO ビルダー アクティビティセット」
を紹介させていただきますが、

ほかのメーカーにもあり
子供と一緒に遊ぶと意地になって大人げないけど
「ママのがすごいもん!」と競争してしまったり、

子供の発想がとてつもなく壮大な事を思い知ります。


 

 

ストライダー


子供に自転車を教えるのは本当に大変なことです。

CMなどでもやっていたので
ご存じの方も多いと思いますが

自転車に乗れるようになる一歩前の段階で設計されているので

少し大きくなって「さぁ、自転車の練習をしようか!」

というときに手こずることなく
自転車に乗れるというすごいものです!

三輪車もキャラクターなどの物は1万を超えるので
同じ買うならこちらをお勧めします。


 

 


昔は「ゴー、ゴー」とすごい音を立てて
近所の子が暴走していたのですが

最近はこの車を室内で使用する家庭が増えてきました。
我が家もその中に入っています。

座席部分が開閉式の物が多くて、
息子が使用していた時パカッと開けるとセミが、、、(゚ロ゚ノ)ノ

キット男の子には宝箱なんでしょうね( '∇')


 

 

最後に


以上、

 

2015クリスマスプレゼント 2歳の男の子のトレンドをチェック!!  でした♪

 
2歳だと、まだまだ好みがはっきりしなかったりで、
プレゼント選びは難しいですよね。

 

なので、我が家ではプレゼントは簡単なものにして

 

その分クリスマスの夜は豪華にして
写真を撮りまくり思い出を残すようにしていたり

 

2歳の時はぬいぐるみを作り
赤ちゃんの時に着ていたをリメイクして
ぬいぐるみに着せてプレゼントしたりしました。

 

もちろん市販品のような完璧なものではないですが、
とても喜んでくれました。

 

市販のおもちゃはどれも良くできて凄いけれど

 

親が作ったものを素直に喜んでくれるのは
小さい時だけなので

 

手作りのプレゼントでも楽しめると思います!

 

素敵なクリスマスになりますようにヽ(*^^*)ノ

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ