ひな人形はいつからいつまで飾るの?飾る期間や年齢とは

 
 
3月3日ひな祭りといえば、

 

ちらし寿司や、
ハマグリのお吸い物などを食べて、

 

女の子健やかな成長を願う
伝統行事ですよね。

 

そのひな祭り欠かせないもの
ひな人形ですが、

 

それはいつからいつまで飾るものなのか、
ご存知ですか?

 

出したり片づけたりって、
つい後回しになって慌てますよね(私だけ!?)

 

はっきりした目安を知っていれば
重い腰があげられそうです(笑)

 

こちらではその期間と、
ひな人形何歳まで飾るものなのか、

 

といった点についても
ご紹介したいと思いますヾ(・∀・)ノ


SPONSORED LINK



ひな人形を飾る時期は?

引用元:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/003/937/60/N000/000/000/123257740634016413312.jpg
 

★ひな人形を飾るのは何故?★

 

ひな人形由来は、
などで作った人形に自分の穢れを移して

 

川や海に流す『流し雛』という風習
だと言われています。

 

それが時代の流れに伴い豪華になっていき、
人形は流すものから飾るものへと変化

 

そうして今のような
ひな人形になったそうです。

 

ただその役割は今も昔も変わらず
代わり受けることなので、

 

ひな祭りの前日から、当日1日だけ
ひな人形を飾る『一夜飾り』

 

避けるべきだと言われています。

 

★ひな人形はいつまでに飾るべき?★

 

ひな人形を飾る時期は、

 

節分の翌日の『立春』から、
2月中旬までがよいと言われています。


 

節分が払われ清められた次の日は、
ひな人形を飾るのにぴったりな日だからです。

 

それ以外であれば『雨水の日』
2月19日頃からがよいでしょう。

 

『雨水の日』24節気のひとつで、
本格的な春を迎える季節と言えることから、

 

ひな人形を飾るのにふさわしいと言われます。

 

ちなみに大安吉日に飾るとよい
というもありますが、

 

特に気にしなくてよいそうです。

 

それから地方によっては、
ひな祭り旧暦で行う場合や、

 

新暦で出して旧暦まで飾る
などの場合もあるので、

 

絶対にこの日でなければ
という決まりはありません。


 

ただ遅くとも一週間前までには出しておくと、
直前慌てずに済むので安心かと思います。

 


SPONSORED LINK


★飾る向きは?★

 

ひな人形を部屋のどこに飾るか
向きはどうするか、

 

これは多くの方悩むことと聞きます。

 

特に北向きはよくない
などと言われるようですが、

 

これは『北枕』と混同しているだけで、

 

ひな人形を飾ることに関して
そんなルールはないそうです。

 

神棚と同じで、東向き南向きがいい
などとも言われますが、

 

これも特に気にする必要はありません。

 

それよりも注意すべき点は、

 

ひな人形直射日光にあてないことと、
湿気に気をつけることです。

 

ひな人形繊細傷みやすいものなので、
長く使う為には、

 

そういった点に注意して
置く場所を決めることが大切ですよ。

 

★片づけるのはいつ?★

 

ひな人形をしまうのが1日遅れると、
結婚1年延びると言われ、

 

とにかく早くしまわないと
『婚期が遅れる』というのは

 

多くの方が耳にしたことがあると思います。
ただこれは迷信で、根拠はありません。

 

ひな人形はお雛様が皇后
お内裏様が天皇で、

 

平安時代結婚式を表しているものですから、

 

娘の結婚にあてはめて
考えられるようになったようです。

 

他にも七段飾りなどは特に片づけが大変で、

 

そういったものでも早く片づけられなければ
よい嫁にはなれないから、

 

などとも言われます。

 

またひな人形には、

 

代わりに引き受ける
という役目があるので、

 

早く片付けて災いを遠ざけた方がいい
といったもあります。

 

その他にも、季節の節目という

 

本来の意味からなるべく早く片付けるべき
とも言われますが、

 

ひな人形繊細なものなので
長く飾ると傷みやすい

 

長持ちさせる為には早く片付けた方がいい
という意見もあります。

 

現実的に言えば
特にケースに入っていないひな人形の場合、

 

掃除も大変ですし、場所もとりますから、

 

できるだけ早く片付けた方がいい
というのは確かだと思います。

 
引用元:https://youtu.be/_ORYM-uakBE

 

ひな人形は何歳まで飾るもの?

 

★人それぞれ★

 

結論から言いますと、

 

ひな人形は何歳になっても飾っていいもの
だそうです。

 

そもそもひな人形役目
代わりに引き受けて貰うものですから、

 

年齢が関係ないのは
当然のことかもしれません。

 

ただ一般的には

 

小学生で卒業する場合が3割以上
だと言われます。

 

人形に興味がなくなる年頃だから
かもしれませんね。

 

結婚したら飾るのをやめる、
といった意見もあるようですが、

 

結婚後もひな人形は

 

自分の身代わりになって
厄払いをしてくれるものだから、

 
嫁入り先に持って行って自分で飾るのがいい、

 

または結婚後両親
娘の幸せを願って

 

実家で飾り厄払いをするのがいい、
といった意見もあります。

 

またもし飾る場所がないなどの場合は、
人形供養望ましいそうです。

 

これは全国神社仏閣
受け付けているもので、

 

お焚き上げなどをして
人形の供養をして貰うことです。

 

ちなみに人形には魂が宿ると言われるので、

 

生前であれば処分しない方が望ましい
という意見もありますが、

 

タンスの肥やしにするくらいなら、
供養して処分する方がいいとも言われます。

 

ちなみにひな人形高価なものですから、
処分するなら、少しでもお金に換えたい

 

という方もいらっしゃるかもしれませんが、
買い取りをしてくれる業者は少なく、

 

あってもタダ同然だそうです。

★ひな人形の引き継ぎについて★

ひな人形一人の女性飾り物であり、
身代わりをするものだと言われています。

つまり引き継ぎはできない
ということですね。

とはいえこれは、
ひな人形販売会社が言っていることなので、

ひな人形を売る為戦略ともとれます。

から代々引き継ぐことが素晴らしい
という方もいらっしゃいますし、

これも人それぞれかと思います。

 

いかがでしたか?

 

ひな人形はいつからいつまで飾るの?飾る期間や年齢とは でした!

 

ひな人形飾る時期
しまう時期などについては、

 

おススメの日はあるものの、

 

絶対この日でなければならない
ということはありません。

 

何歳まで飾るかという点もそうですし、

 

あまり細かいこと
こだわる必要はないかと思います。

 

ただ知っておくと、

 

お子さんに聞かれた時などに
慌てなくて済みますよヾ(oゝω・o)ノ))

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ