「絶対に失敗しない」 スキー&スノボウェアレンタルのススメ

 
 
スキー学生の頃

 

修学旅行などで経験されている方が、
ほとんどかと思います。

 

ただその時は学校
必要なものを用意するので、

 

個人で行くとなると
どうしたらいいかわからない

 

という方も多いでしょう。

 

そこでこちらでは、
スキースノボ必要

 

ウェアなどのレンタルについて、
ご紹介したいと思います(`・ω・´)シャキーン


SPONSORED LINK



レンタルはお得? スキーウェア

 

★行く回数によって変わる★

 

もしもスキースノボ
3回以上行く予定があるなら、

 

スキーウェア買った方がお得だと言えます。

 

初心者用のもので、
8000円くらい購入できるので、

 

3回以上行くなら
レンタルよりは安く済むでしょう。

 

またレンタルの場合

 

デザインが古いことが多いので
見た目を気にする方には向きませんし、

 

何度も使用しているものなので
防水性能万全とはいえません。

 

★家族や友人に借りるのもおススメ★

 

特に初めてスキースノボに行く場合、

 

ウェアを持っている家族友人がいるなら
借りるのがおススメです。


 

というのも
初めてスノボに行くことになった友人が、

 

ずっと続けるつもりで
ウェアを買ったのですが、

 

実際行ってみたら自分には合わなくて
1回きりで終わった、ということがあります。

 

スキースノボに限ったこと
ではありませんが、

 

実際やってみないと
自分に合うか合わないかはわかりませんよね。

 

特にスノボの場合、
初心者はかなりの回数コケるので、

 

お尻が冷たくなったり
痛くなったりしやすいです。

 

ですから初めて行く方が
いきなりウェアを購入する

 

というのはあまりおススメできません。

 

★もしウェアを購入するなら★

 

初心者ウェア購入する場合、

 

もちろん値段と相談
ということもあるでしょうが、

 

注目すべき点は耐久性です。

 

新品の時は問題なくても、
品質が悪い場合

 

すぐに防水性能が弱まってしまいます。

 

通販のレビューなどを参考にする場合は、

 

2回、3回と使用した後の耐久性について
確認するようにしましょう。

 


SPONSORED LINK


レンタルできる代表的なものは?

 

引用元:https://youtu.be/Rrv0KqmplQg

★レンタル可能なものは?★

 

スキー3点セット(板・ストック・ブーツ)4000円~5000円
スノーボード2点セット(板・ブーツ) 4000円〜5000円
スキーまたはスノボセット+ウェア 4500円~6500円
スキー板またはスノーボード板のみ 2000円〜3000円
ブーツ 1000円〜2000円
ストック 500円〜1000円
ウェア(上下セット) 2000円〜4000円


 

★レンタルできない可能性があるものは★

 

小物一式1500円〜2500円
グローブ 500円〜1000円
帽子 500円〜1000円
ゴーグル 500円〜1000円
ネックウォーマー 500円〜1000円


 
注意

スキー場にはたいてい売店があるので、

レンタルできない場合は
購入することになります。

その場合は値段が高くなることが多いので、
事前に調べることをおススメします。

なおレンタル料金場所によって異なるので、
あくまで目安として見て下さい。

 
引用元:http://blog.10-plate.com/wp-content/uploads/2013/11/snowboardgirl.jpg
 

★スノボの板とブーツをレンタルする時に確認しておくこと★

 

スノボの板ブーツレンタルする時は、
用紙に身長足のサイズを書くと、

 

店員さんがそのサイズに適したもの
渡してくれます。

 

レンタルする際には

 

左足が前になる『レギュラー』か、
右足が前になる『グーフィー』かを

 

お店側に伝える必要がありますが、

 

この選び方
ボールを蹴る時を思い出すとわかります。

 

右足で蹴る人は『レギュラー』
左足で蹴る人は『グーフィー』です。

 

ブーツを受け取ったあとは、
実際に履いてみて確認しましょう。

 

ピッタリのサイズだと滑っている時に
ボードをコントロールしやすいかと思います。

 

あとは前に体重をかけた時に
スネの辺りが痛くないか

 

確認することが大切です。

 

ターンする時に足首や膝を曲げるので、

 

その動きが痛い
スノボを楽しむことができません。

 

サイズが合わないと思ったら、
その場で交換して貰うようにしましょう( ´∀`)bグッ!

 

★レンタルショップでは1日単位で借りる★

 

2日単位レンタルできるショップは、
その分料金が安くなっていることが多いので、

 

同じゲレンデで連続して滑るなら
安い方を選びたくなりますよね。

 

でももし滑っていて

 

ブーツなどが自分に合わない
痛いと感じたら、

 

次の日もその状態で滑るのは辛いと思います。
1日単位にしておくと安心ですよ。

 

お得なレンタル方法は?

★事前に予約でWEB割引を使う★

レンタルショップ自体のサイト

事前に予約しておくと、
割引料金でレンタルが可能な場合があります。

簡単にレンタル費用を抑えられるので、
おススメの方法です。

ただ小さいスキー場の場合は、

レンタルショップサイト自体が
見つからない場合もあります。

 
★スキー場の公式サイトを見る★

各スキー場公式サイトには、

レンタルクーポン
載っている場合があります。

他にもリフト券食事券などが
安くなるクーポンもありますし、

ゲレンデの最近の天気混雑具合
積雪状況なども確認できるので、

行く予定のスキー場の公式サイト
確認しておくことをおススメします。

なかには会員登録必要な場合もあるので、
利用条件の確認をしましょう。

 
★ゲレンデに行く途中の
レンタルショップを利用する★


ゲレンデレンタル購入しようとすると
料金は高めになりがちです。

少しでも安く済ませるなら、

スキー場に行く途中
レンタルショップで借りましょう。

ただレンタルしたものを
車に積んで移動することになるので、

積む手間返しに行く手間はあります。

レンタル料金相談して
決めることをおススメします。

 
★スキー、スノボツアーを利用する★

ツアーを利用するとレンタル料金
リフト券代宿泊代

ツアー代金に含まれるので、
かなり費用を抑えられます

自分で車を運転したり、
公共機関を利用しなくていいので、

特に疲れている帰り眠れるのがいいですね。

ただ同じツアー参加者
時間を合せる必要がありますし、

人気のスキー場に行くことが多いので
混雑しやすいというデメリットもあります。

またツアー人気なので、
予約する際はお早目に。

(お得なツアーの選び方はこちら

 


いかがでしたか?

 

是非お得なレンタルを利用して、
スキー、スノボを存分に楽しみましょう!

 

ただ事故や怪我には気をつけて下さいねヽ(。ゝω・)ノ☆;:*

 

それではまた♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ