微熱、咳風邪の治し方!原因と対策を知ってだるい、辛いを解消!!

 
 
季節を問わず悩まされる、
微熱咳風邪ツラいですよね(^_^;)

 

私自身は咳風邪が多いですが、
やたら長引くし、夜が辛いので寝不足にもなります。

 

治したい!予防したい!
でもどうすればいいの?

 

そんな悩みを解決するために、
調べてみました!


SPONSORED LINK



微熱について

 
引用元:http://maidplus.jp/wp-content/uploads/2015/05/20070220151340.jpg
 

一般的に平熱
35℃から37℃未満のことで、

 

37℃から38℃を微熱
それ以上を高熱と呼びます。

 

微熱の原因

 

★風邪の場合★

1番ポピュラーなのが、風邪ですよね。

鼻水、くしゃみ、のどの痛み、頭痛、

全身のだるさなどを伴う微熱
が多いかと思います。

高熱も辛いですが、
微熱独特のしんどさがありますよね。

 
★生理の場合★

生理の時も微熱になる傾向があるようです。

排卵から生理がくるまでの約2週間
女性ホルモンの作用

0.5から0.7℃くらい
基礎体温高くなると言われています。

 
★薬の副作用の場合★

抗生物質炎症を抑えたりする薬は、
副作用微熱が出ることがあります。


 

対処法は?

 

疲れからも微熱が出るので、

 

栄養のある食事をとり、
しっかり睡眠をとることが大切かと思います。

 

冷やす場合は、
額よりも脇の下、首回り、足の付け根など

 

リンパが集まるところを選ぶのが効果的です。

 

微熱が続いて辛い場合は、

 

解熱鎮痛薬を服用すると
ほとんどの場合改善します。

 

ただし10日以上続く時は、
重大な疾患の可能性もあるので、



 

必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

病院ではどれくらいの熱が、
いつから出てどう続いているか

 

また微熱以外に感じる症状
などを聞かれますので、

 

説明できるようにしておきましょう。

 


SPONSORED LINK


咳風邪について

 

咳が出る原因

 

ウイルスや、ホコリ
また食べ物などの異物から

 

気管気管支守る為に起こる
防御反応です。

 

また気道にたまった痰を出す役割
も持っています。

 

風邪ウイルスの感染によって起こるので、

 

体がウイルス外に出そうとして
咳が出るのです。

 

対処法は?

 

のどが冷える

 

甲状腺の働きが弱まることで
免疫力が落ちるので、

 

首回りを温めて、
温かいものを飲むのがよいでしょう。

 

はちみつ炎症を和らげ殺菌する効果
があるので、

 

お湯で割る紅茶に入れるなどして
飲むのがおススメです。

 

また大根には咳を止める効果があり、

 

パイナップルには
プロメラインという成分が

 

炎症による腫れや痛みを軽減して、

 

痰を分解し外に出しやすくしてくれる効果
があります。

 

ただ熱に弱く60℃以上
効果が失われるので、

 

生で食べるのがよいでしょう。

 

またなんとチョコレート
テオブロミンという成分にも

 

咳止め効果があると言われるので、

 

カカオが70%くらいのダークチョコ
50gから60g食べるのもおススメです。

 

室内には加湿器をつけましょう。

 

を出にくくするための適正湿度は、
60%~80%と言われ、

 

それ以上になると

 

カビやウイルス繁殖しやすくなりますから、
注意が必要です。

 

時々換気を行うことも
忘れないようにしましょう。

 


 

咳が続くようなら

 

特に夜ふとんに入ってから
咳がひどくなることがあります。

 

それは寝る時
活動時の交感神経から

 

副交感神経スイッチが切り変わり、
その時気管が収縮して

 

咳が出やすくなることが原因
と言われていますが、

 

睡眠不足にもなりますし、

 

なにより咳が続く
体力が奪われてしまいます。

 

肺炎になることもあるので、

 

あまり咳が続くようなら
我慢せず病院に行くようにしましょう。

 

特に3週間以上続く場合は、

 

重大な疾患の可能性もあるので、
必ず医師の診察を受けましょう。

 

引用元:https://youtu.be/S0WowTbhSaI

 

大切なのは

 

寝不足、過労、栄養不足、
生活リズムの乱れ
などでも

 

微熱、咳風邪は起こります。

 

毎日の生活なにより大切です。

 

食事にも気をつけて、

 

にんじん、かぼちゃ、ニラ、ほうれん草、
レバー、卵、果物、納豆や大豆、


 

アーモンドといった、
ビタミンA、C、Eをとるようにしましょう。

 

ヨーグルトやみそなどの発酵食品

 

腸内善玉菌を増やして、
腸内環境を整えてくれます。

 

体を守る免疫細胞の多くは腸で作られるので、
この腸の働き活性化させると

 

免疫力を高めることができるんです。

 

また乾燥は大敵ですので、
普段からこまめに水分をとるようにしましょう。

 

コーヒーアルコールなどは

 

利尿作用があるので、
飲み過ぎは駄目ですよ(´∀`*)

 

以上、微熱、咳風邪の治し方!原因と対策を知ってだるい、辛いを解消!! 

 

でした!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ