肩こり向け湿布!温・冷の使い分けや、私のおススメ湿布ベスト3!

、実は何年かに1度
凄いことがおこります。

 

その、すごいこととは、、、、

 

「首がツル」んです!

 

接骨院でその事を話したら笑われたのですが、
施術をしてもらったとき

 

凝ってるから首がツルねん(笑)」

 

と言われ、それから定期的に湿布貼り
ツラない対策をしているです・笑

 

でも、温湿布冷湿布
塗るタイプに貼るタイプ、

 

茶色の薄いのに、白いのって
湿布にも色々ありますよね。

 

ということで今回は、そんな湿布について
色々調べてみようと思います(ob’Д’o)bゴー


SPONSORED LINK

 

温湿布?冷湿布?

古い人間なので、「湿布は冷たい物」
思いこんで使っていたのですが、

 

病院先生に、温湿布冷湿布
について、聞いたことがあります。

 


先生、最近 温湿布ってものが
あるみたいなんですけど、違いってないんですか?」

 

先生
好きな方でいいよ」

 


ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

 

先生
成分おんなじだから(笑)」

 

だそうです(笑)

 

なので、温湿布冷湿布の使い分けは、
こちら↓を是非参考にして下さい♪

 

1)「お風呂」に入って判断する

お風呂に入って痛み

 

マシになった、気持ち良い温湿布

 

楽にならない、変わらない→冷湿布

 

2)「急性」「慢性」で使い分け

冷湿布…急性の痛みに有効。

 

炎症を起こしていて、
痛み腫れがあるときに使用します。

 

温湿布…慢性的な痛みに有効。

 

ちなみに私としては、肩こり腰痛神経痛には
温湿布オススメです♪

 

湿布薬おすすめランキング

さて、ここからは私個人の
湿布薬おすすめランキングです。

 

第3位 サロンパス30 マイルドタイプ

おすすめ度★★★

WS000018

 

基本、サロンパスシリーズは、
血行促す成分が配合されているので、

 

肩こりには良いですね、おすすめです♪

 

ちなみに、サロンパス・ハイは臭いが少なく、
ら・サロンパス伸縮性が良い等、

 

サロンパスシリーズには、色々特徴があるので、
自分に合ったものを選べますよ♪

 

第2位 ニチバン ロイヒつぼ膏

おすすめ度★★★★

WS000019

 

肩こり腰痛に、
温感刺激で血行を促しながら、

 

鎮痛消炎作用と合わせて痛みを緩和

 

これはとっても効くのですが、
どうもおばあちゃんを思い出して、

 

をとったんだなぁ・・・と、
マジマジ思ってしまうところがマイナスです・笑

 

ホント、一個人感想で申し訳ないですm(_ _)m

 

第1位 ジクロテクトPROテープ

おすすめ度★★★★★


 

辛いの痛みに効く

 

鎮痛消炎成分であるジクロフェナクナトリウムが、
痛みの原因物質の生成を抑制し、

 

痛み炎症をやわらげます。
1日1回貼るだけで、何と24時間効果が持続!

 

くしゃくしゃになっても貼り直せたり、
伸縮性もいいので、気にせず貼れるのがいいです♪

 

子供に、よく貼ってもらうのですが

 

「(・∀・)くちゃくちゃなった」

 

と、新品湿布を、クチャクチャっと丸められた時、、、

 

ガーーー(TДT|||)ーーーン  ←こんなんです。

 

これを防止してくれてるのはありがたいです・笑

 


SPONSORED LINK


湿布に含まれる成分の種類とは?

湿布にも色々と成分が入っていて、
よくCMなどでも、

 

「インドメタシン」

 

「フェルビナク」

 

など聞いたことがあると思います。

 

ということで今度は、湿布
成分種類を紹介したいと思います。

 

ジクロフェナクナトリウム

医療用では飲み薬座薬もありますが、
市販薬では外用薬(湿布や塗り薬)に

 

配合される消炎鎮痛成分です。

 

痛みのもとになる
プロスタグランジン産生を抑え、

 

炎症痛みを鎮めます。

 

ケトプロフェン

医療用「モーラステープ」
配合される消炎鎮痛成分

 

市販薬にもケトプロフェン配合した
湿布・クリーム・ゲルがあります。

 

ジクロフェナクナトリウムと同様、
プロスタグランジンの産生を抑えます。

 

外用薬を使用した患部が日光に当たると、
皮膚かぶれることがあるため、

 

注意が必要です(光過敏症)

 

フェルビナク

非ステロイド性鎮痛成分の一つ。
皮膚から浸透して痛み炎症を抑えます。

 

インドメタシン

フェルビナクと同じく、
非ステロイド性鎮痛成分の一つ。

 

医療用では痛み止めの座薬としても使用されます。

 

【代表的な製品】
バンテリンコーワパップS
WS000021
 

サリチル酸

サリチル酸メチル
サリチル酸グリコールが代表的。

 

知覚神経に作用して、患部に軽い
麻痺を起して痛みや痒みを鎮めます。

 

血流を良くする作用もあるため、
患部新陳代謝を高めます。

 

l-メントール

爽快な刺激で患部を冷やし、
腫れ痛みを和らげます。

 

dl-カンフル

患部を刺激して、血行を促します。

 

トウガラシエキス

患部を温める効果や、
血流を良くする効果があります。

 

温湿布に主に配合されています。

 

生薬エキス

血流を促進させるオウバク末や、
炎症を鎮めるサンシシ末など。

 

引用元:知りたい!市販薬
URL:http://medical-cost.net/seibun2.html

タイプ別の湿布の特徴

湿布と同じ成分でも、
スティックスプレークリーム、、、

 

本当に色々あります。
そんな湿布を、タイプ別特徴でまとめました(*´Ι`)ノ

 

クリーム

乳状のびが良く、
皮膚への浸透が良いので、

 

患部マッサージしながら、
薬剤塗り込みたい時に適している。

 

【商品例】
バンテリンコーワクリーム
WS000022
 

ゲル

透明水性基剤

 

ゲル皮膚を作ることによって、
薬剤の効果が長く続きます。

 

アルコールが配合されているため、
皮膚が弱い方はかぶれることもあります。

 

べたつかないのが特徴

 

【商品例】
ボルタレンEXゲル
WS000023
 

軟膏

皮膚表面保護作用高い
ベタつきが強いのが難点。

 

【商品例】
タイガーバーム
ccd5247e
 

液体

汚さずに塗れる
タイプの商品が多数。

 

液体なので広い範囲にも塗りやすく、
ベタつきもないというメリットも。

 

【商品例】
ボルタレンEXローション
WS000024
 

スプレー

広い範囲瞬時薬剤を塗布できる。

 

冷却効果もあるため、
スポーツ時のアクシデントや、

 

患部を冷やしながら痛み取りたい時に。

 

【商品例】
ジクロテクトPROスプレー
WS000026
 

チック

ゲル固形状に固めた状態の薬剤。

 

ロールアップする容器が一般的で、
手を汚さずに塗れるのがメリット

 

ゲルクリームに比べると、
のび悪いのが難点。

 

【商品例】
ゼノールエクサムSX
1140128149.gif
 

フェイタスチック
WS000027
引用元:知りたい!市販薬
URL:http://medical-cost.net/ointment.html

気を付けたいこと

市販薬の場合、薬局で自分でを選び、
レジに行って購入というのが、

 

ほとんどだと思います。
場合もそうです。

 

風邪になってがない場合、
薬局風邪薬コーナーに行って、

 

「鼻水を止めたい」みたいな
ポップがあるものや、

 

パッケージに「鼻水」と強調されている物を
選んで購入しますが、

 

どんなでも副作用があります。

 

キチン副作用も理解した
うえで使用したいものです。

 

湿布についても、注意が必要です。

 

患部の様子

切り傷すり傷・ただれ・水虫など、
皮膚異常がある部位には、

 

湿布薬を貼ることができないです。
化膿や痛みが、悪化する場合があります。

 

光線過敏症

湿布によっては、
光線過敏症という副作用があります。

 

貼っていた所日光があたると、
皮膚かぶれたりしてしまいます。

 

私は皮膚弱いのですが、
昔、病院で処方箋が「モーラステープ」だったのを、

 

「ロキソニンテープ」にして
もらった記憶があります。

 

アレルギー体質の方

持病をお持ちの方や、
心配の方は、医療機関の診断もしくは

 

薬剤師の方に相談した方がよいです。

 

最後に

いかがでしたか?

 

肩こり向け湿布!温・冷の使い分けや、私のおススメ湿布ベスト3! でした♪

 

湿布について色々と知らない事
多かったかも知れませんでしたが、

 

この記事で少しでも詳しくなって
頂けたら嬉しいです♪

 

あと、最後こちら↓サイト
参考にしてみてください。

 

湿布貼り方やトリガーポイント
肩こりの素になる箇所)の

 

見つけ方など書いてあります。

 

【サイト名】
肩こりに効く湿布の選び方と効き目を最大化する貼り方
http://guild-c.jp/neck-tension-pain-relief-patch-2305

 

参考になれば幸いです♪

 

それではまた!!


SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ